FC2ブログ

草笛日記 どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

個人面談

二日間・・・個人面談に費やす。
希望者20余名、各人、30っぷん。

こちらは、ご家庭での様子、学校での様子をうかがいたい。
保護者の方は、教室での様子、学力の程、ほかとの比較?

お子様それぞれの持っている力を信じている。
それぞれの発達の仕方が違うだけ。
遅かれ早かれ到達する能力に大差は無い。
あるいは能力の発揮される場所が違うだけ。


ただ、試されたり評価されるのはある時点での学力。
成長の差が如実に表出する。
そこで、そのまま、学力差や、能力差として提示されてしまう。
残念だが学校教育では仕方が無い事実。
成長過程の何処かで、必ず、ある基準で評価されてしまう。

ただ、我が子を信じて、のびやかに成長を待つこと。
それこそが、親だけができる大きな大きな仕事。
親の愛情だけが成し遂げられる仕事だと思っている。

『ご家庭の次に見守っているのは私。(*^_^*)
貴方のお子様はこんな美点長所を持っている。
もう少し、待ってあげてください。
必ず、ご期待以上の成長と能力を見せますよ。』

『この半年、お子様は頑張ってくださいました。
ご家庭、特にお母さんの御支援が素晴らしい。
子育てが上手。このままで大丈夫』

『お子様は恵まれた資質をお持ちです。
お母さんはラッキー!。愉しみね。
でも、だからこそ、もっと力を付け、世の為、人のために
尽くす人財に育てましょう』

面談時の基本姿勢はいつも同じ・・・・
お母さんの子育てが幾分でも楽しく希望に満ちるように
言葉を添えて、支えてあげたいと心から願っている。


kanesh8.jpg


公的教育機関における心ない言葉・・・評価には
呆れるほかない。
今回も『・・・多動児だと言われました・・』
『支援学級に入った方がと言われました・・』
一体、子供たちの何処をどう見ているんだろう?

保育園で、学級で、指導しにくい、または手を焼く。
他の児童と違う・・・
なれば、すぐ、なんとか症とかなんとか児とか・・・
よくも平気で言えたものだ!
教育力の無さ、教化力の弱さを子供のせいにし、親の責任にする。


私の教室では、みんな、落ち着いて学習する。
学年以上の能力を見せる。
学習を生き生きと愉しんで居るんだからね。

心ない言葉に涙ぐむお母さんを前に
穏やかに『全然、違う。心配無いからね。』
と毅然として説明しながらも、心中・・怒り狂っている。









スポンサーサイト



4 Comments

今治りんどう says..."個人面談"
こういう先生がいてくださると心強いです。
その子の美点など言ってくださると
親子共々嬉しくて又努力をしようと
思うでしょうね、

うちの子など褒めてもらった事あるのかしらと
遠い昔を思い出したりしています。
2011.12.28 18:48 | URL | #Sm/ug.UM [edit]
鎌倉の草笛 says..."Re: 個人面談"
こんばんは。
きっと、褒められた事は忘れてしまうのでしょう。
指導する人の言葉にはついつい過敏になります。
私など、シャンソンの先生のちょっとした言葉に
傷ついたり有頂天になったり。(^^ゞ
2011.12.29 18:54 | URL | #- [edit]
今治りんどう says..."迎春の支度"
まだお若いです。手作りも出来るし、名産ものも
買い物に行かれるし、、、、
うちは駅伝が終ってからに来てもらっています。
毎年応援に遊行寺の所や茅ヶ崎海岸などへ
行きます。そしてお参りして帰ります。
2011.12.30 15:44 | URL | #Sm/ug.UM [edit]
鎌倉の草笛 says..."なるほど・・"
駅伝終了後にお揃いに成るのですか?
良いアイデア。もう、お店も開いていますし。

駅伝は楽しみです。
逆に、10年前ごろまでは応援に出かけていましたが、もう、出来かねています。
箱根神社にも・・・
2011.12.30 20:24 | URL | #jSt4TPmo [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://kusabue514.blog.fc2.com/tb.php/1076-b97c3df1