FC2ブログ

草笛日記 どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

サスペンス事情

鎌倉は電波事情が悪く、何処の家もケーブルTVに入っている。

数多く放映される欧米のTVドラマ。
人情も世情も微妙に違うので、余り共感を覚えないが。
唯一、愉しんだのが、【Brothers & Sisters】だけ。
アメリカの豊かな階層の家庭を舞台にした
華やかなホーム・ドラマ。
それでも、中近東への派兵や、麻薬やアルコール中毒など。
穏やかな家庭の中にも、チラリと覗かせる。


国境も時代も超えて、面白いのは、クライム・サスペンス、
法廷物、ミステリー物、科学捜査物。

刑事コロンボ、ポアロ、ミス・マープル、などの
古典的推理ドラマ。
何度、繰り返し見ても飽きない。
古き良き時代の英国の典雅さと、
物的豊かさにあふれるアメリカが映る・・・

最近のお気に入りは
英国の作品なら、【孤高の警視、ジョージ・ジェントリー】
【フロスト警部】、【バーナード警部】
ドイツの【警察犬、レックス】、【科学捜査班】
フランスの【女警視、ジュリー・レスコー】

アメリカの作品では【CSI】、【COLD・CASE】、
最近は【LAW & ORDER】


驚くべき、と言うか、気付いたこと。
どの作品にも、必ず流れる伏線は
人種差別と宗教上の偏見、ナチスを巡る怨恨と報復

英国のそれはアラブ圏の人たちへ、モスリムへ。
アメリカのそれは、黒人であり、ユダヤ人であり。
フランスでは、アラブ世界からの流入移民。
加えて、ヨーロッパ全土、アメリカにまで及ぶナチスの残影。
近くは、ボスニア紛争から・・タリバンにまで・・


欲望と嫉妬を最大の原因とするのが犯罪だが、
差別、偏見、階級意識、怨恨、報復・・が絡まって・・
より複雑で残忍になって行く。

如何に、彼の国々が、
これらの問題に頭を悩ませているか!。


事件解決に至るまで、当事者の人格や思想までもが、
深く描かれざるをえないのだ。
それだからこそ、ドラマに一層の厚みが備わる。

情痴と金欲を巡るだけの日本のサスペンス、
つまらない理由はここらへんにあるのだろう。
・・・それは、日本が平穏だという証拠かもしれないが。


スポンサーサイト



2 Comments

トラ虎寅 says..."私も"
好きなジャンルです。
シャーロックホムズ・ベイカーストリートからTRU CALLINGまで観はじめると止まりません。

チケットありがとうございます。楽しみにしています。
喉の調子はその後、如何ですか?
今日あたり寒いので御大事になさってください。

そう私も好奇心が旺盛でNOと言えるようになるには…まだまだです。

老眼鏡とても不便です、苦しんでます。
2011.11.28 17:42 | URL | #- [edit]
鎌倉の草笛 says..."老眼鏡"
ね、嫌でしょう?
若い時に近眼の方々は、丁度良くなるとか?
最大の嘆きは、ベッドで本が読めないこと。
料理中にレンズが曇ること。
鼻眼鏡で上目づかいに・・人相が悪く・・なること。(;一_一)
2011.11.28 20:38 | URL | #jSt4TPmo [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://kusabue514.blog.fc2.com/tb.php/1053-a9b4065e