FC2ブログ

草笛日記 どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

横浜・・・

   

横浜に、今年は殆ど一回も行かれませんでした。
中華街だけです。
あそこは中華街でありまして、YOKOHAMAの概念から外れます。。

【みなとみらい地区】の夜景

131976360_3765877826797667_1817581349138724536_o_20201230112108941.jpg



この辺りが開発されて現在の姿になるウン十年間の横浜こそ、
市電12番線終点【六角橋】に住んでいた子供の頃からの思い出がいっぱいなのです。

神橋小学校を卒業して、
市電に乗り、【藤棚】の先の三春台に立つ関東学院中学に入学。
父の転勤につられて、一時期、離れましたが、
結婚して、子供が2人になって、東京から鎌倉に越しました。

35歳で仕事を開始した後、
公文式支局の有る東横線【関内】そして【横浜】へ、月一で通いました。
仕事仲間と、楽しく交流を交わした其処此処が・・・

55歳、シャンソンを習いだしてからは、フェリス音大出身の堀先生と
ドライブをし、美味しいものを頂き、シャンソンのライブを愉しみ・・・と、
私自身の歴史に沿うように、同時に、この辺りが開発されていきました。
【関内】駅周辺から三菱造船ドッグ跡にいたる海辺までが一変したのです。

ちょうど、重なるのです。
良く働き、よく遊び・・・私が一番充実していた?年月と。

ネットでこの写真を見つけ、50代60代の思い出が一気に噴出!。
懐かしくて懐かしくて…
今や、
蜜を避けようと思えば、横浜までは行き難い。
二年後に
たとえコロナ禍は過去となったとしても、体力も気力も、残っているだろうか?
いやいや、もう、あの街で遊べるとは思えない。

家に引っ込んで、
来るべきものが来るのを待つだけの身になるのかなあ。。

この光景の延長上の土地に、カジノなどを併設した遊興施設が
計画されています。
どんな街になるやら・・・・コロナで延期しないかなあ・・








スポンサーサイト



銘菓とは・・?



      
鎌倉には有名な鳩サブレーという銘菓?があります。
勿論、和菓子も有るのですが、質素を旨とした武家社会、
茶道が発達した気配もなく・・・いわゆる和菓子は、力餅ぐらいです。

さりながら、豊島屋の鳩サブレーは戦後の菓子とは言えど、
全国的に有名になり、その形態とお味から、子供からお年寄りまでに
【鎌倉土産は鳩サブレー】、という時代が長かったかと思うのです。

形態も時流に乗って、モダンに、お味もいよいよ美味しく、
豊島屋の企業努力も見逃せません。

其のころ、鳩サブレーの影で【紫陽花】というサブレーが出ていました。
ちょっとさっぱりしていて、好きな方も居ました。
包装も上品ですが印象が薄い。
製造元は紅谷さん。

そうなのです、
今や、都心のデパートはおろか、全日空の機内土産にまで進出の
大人気の【クルミっ子】こそが、その紅谷さんのお菓子。

その紅谷さんの製造工場は我が家の近く。
幸いというのかな?
(ちなみに、豊島屋さんも手広に工場をお持ちですが)。

そんなわけで、並ばないと手に入らないクルミっ子、
希少なクルミっ子の切れ端さえも、ちょっと出かければ買えます。

この秋からのイベント、1000円で1ポイントを10ポイント集めたら
可愛いマグカップのプレセントが貰える・・・
まんまと引っかかり、やっと8個集めました。

カードは今年中の期限なので9時に並んで二個ゲット。
10ポイントだと喜んだら、大人気でマグカップが無い。
「来年2月に、このカードを持って来てください」って。

【クルミっ子】お正月バージョンになっていました。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST2_2020122810530943c.jpg


お年賀に使うと申したら、なんと細長いカードを差し込んでの変身でした。
IMG_20201228_092911.jpg

紅谷さんの戦略は凄いです。
二代目社長は、今風のお味や形態に目配りをするのは当然として、
客の購買意欲を刺激してくれます。

今や、鳩サブレーは鎌倉銘菓の二番手になっているのでは?

こうやって・・・企業の創立と維持と改革とを目にすると
なかなか長生きも面白いですね。





富士山の見える場所まで・・




例の手広の畑まで・・・往復5000歩。

花芽がほんのり見える桜木と・・・
00000IMG_00000_BURST20201226 (002)

家々が見える場所まで稲田が広がっていました。
45年の間に数軒の家が建ち、稲田は畑田になり・・・今は殆ど草原に。
耕していた先代はすでに無く、そのご子孫たちでしょうか苗字が同じ。
鎌倉武士の流れか、この辺り和田姓が多いです。

農地となれば税金も安いでしょうが、宅地と認定されると・・・
なんて、貧乏人の下世話な推量・・・(^_-)-☆

桜の下に、水仙が一列並んで、もう、咲いていました。
昔ながらの優しい表情の水仙の群でした。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (004)


わが家の有る土地は、丘陵ですが、下のほうはやはり稲田だったかと?
小さな川も流れていて、柏尾川に繋がっています。
秋元さん、矢沢さん、竹村さん、徳増さん、…etc、地主さんたちのお名前。

「ご親戚?」と伺うと、「きっと昔はね‥」とのお答え。
今や、確たるおつながりはないけど、同じ姓のお家が点々とお住まい。
横浜の街育ちの私には、とても稀有なことに思ったものです。

鎌倉は、良い意味で、田舎です。
農業組合も漁業組合もあります。








品性が落ちる?

  

解ってはいたのに、つい、期待してしまいました。
安倍首相の引退です。
部下の罪は上司が監督責任を負う・・・というのが社会のルール。
だから,役職者は収入が多いわけです。

第一秘書さんのご自宅をニュースで見るかぎり
極々庶民の佇まい。
第一秘書さんが可哀そう・・・
あ、東京事務所がミスったらしいけど・・・辞めさせられたとか。

最近、最高責任者が、責任を負わない事例が増え続けていますよね。
それでも、まさか、名家出身の首相が・・・と、絶句です。

親の教育が悪いのか、仲間が悪いのか・・・
よくも、平気で居られるものです。

最近の政府というか行政は、心ある為政者が払底して、
恥ずかしいことを、国民に押し付けて、それでよしとしています。
GOTOトラベルに始まる「割り引く」、という政策は国民の品位を貶めます。

昔から【ただほど怖いものはない】と言います。
こすっからい事や、いじましいことを是とせず、
品位が下がることを戒めてきました。

ましてや、コロナ禍で苦しんでいる人々が居る一方で、
この割引の恩恵を受ける人々には、健康と豊かさと、暇が有る。
自費で十分旅行ができるはず。

国のリーダーの品位が下がれば国民のそれも?
それとも、
リーダーは国民に応じて、国民性に応じて選ばれる?


ナント、そういう私自身、鎌倉市が発行した絆カード5000円分を
返却もせず、高価なケーキ購入に使ってしまいました。
IMG_20201224_132758.jpg

ああ、なんたること。
ついつい、いつも横目で見ていた高価なケーキです。
この際とばかりに5022円使いました。22円は現金で。
たぶん後ろ暗かったので、急いで使ったのだと思います。

恥ずかしいですよね。
誰かさんの税金を、いつも繁盛している、お客さんが並んでいる、
コロナの被害など受けて居なさそうなケーキ屋さんに・・・

情けないクリスマスです。
行政も、もう少し、有意義な、
本当に応援といえる策は無かったのでしょうか?



鎌倉珈琲香房にて

  


老人会連合【みらいふる】のお仕事は
殆ど、御成り小学校の裏にある【鎌倉福祉センター】内の会議室です。
早めに着いてしまったり、ちょっと時間が余ったりすると
直ぐ近くの鎌倉珈琲香房さんへ寄って、コーヒーを一人で頂く。

マスターが話し好きで、けっこう時間を愉しめる。
IMG_20201216_125428.jpg


「コロナ禍の影響もあるでしょう?」と問えば、
「いやいや、コロナバブルよ」って。
お家で,コーヒーを立てて飲む方が増えたから
焙煎済みの珈琲豆や粉がたくさん売れるそうです。

そうなんですよ、
此処は飲ませる店では無くて売る場所でした。

店主さんに似合わない洒落たカップ、
ちょっと気になり、お行儀悪いけど、裏返しして拝見。
ドイツの有名なブランドでした!。
取っ手が斜めに傾いているようですが、大丈夫なんです。
沢山入ります。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (004)
「この会社はね、便器の制作で有名だったけど・・」
「えええッ?」
「チューリップと木靴と・・オランダって模様」ってうんちく。

ビレロイ&ボッホ(Villeroy&Boch)について
1748年にフランスで創業し、現在はドイツに本社を置く、
世界で最も歴史ある陶磁器メーカーのひとつ。
ドイツの優れたテクノロジーと、
フランスの洗練されたファッションセンスによって生まれた名作の数々は、
世界中の多くの人々魅了し続けています。


鎌倉山のカフェ,【ル・ミリュウ】でも、観たことが有るカップ!。

店主さんは、私よりお若いのですが
膝や腰に問題を抱えていて・・・同病同士で気が合うのです。

家庭の事情も、足腰の痛みも、なんとか乗り越えて
小さいけど充実したお商売を続けてもらいたいなあ・・・。
だって、このコロナ禍の中、鎌倉の歴史ある名店、
観光客ではなく、むしろ、地元に長く愛されていたお店すら、
いつの間にか、閉店していきます。

淋しいことです。




 


甘える・・




夕方、私の部屋・・・夫が居ない・・のソファで寝転んでいると、
傍に来て、腕に顔を載せて寝たり、手のひらにぐいぐいと頭を突っ込んできます。
なでなでして欲しいのかな?

腕を投げ出して…30っ分もたつと疲れます。
体勢を変えると、逃げていくので・・我慢我慢。

00000IMG_00000_BURST20201219.jpg

今日は、こんなご報告しかありません。

朝から、BSのNHKを観ていました。
歴史学者磯田さんがメインMCの【選択】と、
最新機器を駆使したエジプトのミイラ研究の成果。
クレオパトラの香油の使い方や、
ツタンカーメンの虚弱体質やら・・面白かったですよ。

真夜中のラジオ深夜便は、いつも一眠りして‥目覚めたら聴きます。
アーカイブ、宮城真理子さんへのインタビューも聴きごたえがありました。
【ガード下の靴磨き】の圧巻の歌声に、文字通り眼が醒めました。
ああ、こんなにお上手だったんだ!
そうそう、昨日の外山滋比古さんとの対話も興趣深かったです。

真梨子さんの「ああ恥ずかしい・・」や、
滋比古氏の「文字では過去しか判らない・・・」など、
お二人それぞれの思いがけない言葉にハッとしました。

彼女、彼ら、先人の言葉に、日本人の精神の神髄を思い出して
なんと今の我々が、堕落したことかと・・・ちょっと淋しかったです。


残念ながら、
2020年コロナ禍の中、三月に宮城真理子さん八月に外山滋比古さん、
最後までお仕事をしながら、ひっそりと亡くなられていました・・・




万両と鳩と烏と・・・

   


わが家の庭は、実物で一杯です‥何度かアップしました。
小鳥が実をついばんで去った残り物がその原因・・

やれやれ、白い実の万両が出現しましたよ。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (003)

これで、赤、黄色、白と三色の万両が揃いました。

ところで、この頃、(=^・^=)いちこちゃんが庭を飽かず眺めていました。
どうも、万両を食べにくる鳩の動きに惹き寄せられていた様子。
小鳥とは言えない大きな鳩の動きですから、そりゃあ、魅力的でしょうよね。

何だかだと忘れていたら・・・
冷凍食品を届けに来たお姉さんが、
「塀の上に・・・・」と恐る恐る言うので観に行きました。

塀の下で、こういうことになっていました。鳩ちゃん。
00000IMG_00000_BURST20201220.jpg

実を食べる鳩ではなく、襲い来る烏?を、いちこ(=^・^=)は観ていた?

やっぱり、実物は赤に限りますね。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (002)


言ってみれば、単なる強食弱肉の世界・・・・・さりながら、
こんな極小の、うらぶれた庭の中で、確実に命のドラマが展開していることに
深く思い至った昨日でした。

唯一、いちこちゃんだけは・・・悠々としたものです。




男性脳と女性脳・・・

 

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (003)

福祉センター入り口のアロエの花



このところ、みらいふる鎌倉の会議のために
御成町の鎌倉福祉センターへ日参。
鎌倉市の財政逼迫の為、老人会への援助金が25%近く減額と決定。
老人会会員に応じて営業をしている業者さんの寄付もたぶん大幅に減るのが必至。
よって令和三年度の予算編成と事業計画に苦心している。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (002)



一方、各市の老人会連合の頂点には神奈川県老連というのが有ってね・・・
鎌倉市連合会から結構な金額が上納されているわけ。
県老連の基金は3000万円を超えているのに一切、配ろうとしない。
この経済危機においても・・
じゃ、そのお金は何時、何処で、使うのって言う訳。

県老連に属して、何もメリットも無いし、
高額な上納金というデメリットだけらしい。
その負担金は、各地域老人クラブの収入を圧迫するのは眼に見えている。
それなら脱退しようよ!っていう意見がもうここ数年繰り返されている。

終に、今日は役員各自の意見を会長が募るから
【脱退に賛成!】って言ったらね、私だけだった・・・
男性10人の意見は・・・ぐじゃぐじゃ・・・
【県労連が何か良く解らないから…】って。
え?私よりキャリアあるでしょうに。
態度を表明しない、決定を先送りにするのか、旗色鮮明にしない。

お一人だけ、いつもはご意見も言わないお静かな方が
【会長の立場もあろうから・・穏便に、現状維持で行きましょう】って明言。
それはそれでしっかり、ご自分の旗色を明瞭になさって気持ち良い。

会長を慮ってのご意見、私だって、よくよく解ります。
脱退するって表明するのはお辛いことと重々思います。
隣接する各市、逗子市、藤沢市、横須賀市‥・への面子もおありでしょうから。

残る二人の女性役員は【休会にできないかしら?】って!
お稽古事ではないのよね。女性特有の曖昧な言い逃れ。

ああ、かくして、聖徳太子様の御意見通り
日本男児の精神【和を以って貴しとなす】おつもりらしい。
会長は脱退を断行できないのよね。
事の良し悪しより、波風立てないようにとの、周囲への気遣いというわけ。
それなら会議の二時間が無駄だったということ。

「女性は怖いし強いよなあ・・」って聞こえました。
奥様を通してご承知とみえて、悪口というより嘆息でした。

得てして、男性のほうが、同調傾向が強く
自身の立場を保守したがり、過去から未来へつなげたいようです。

家事育児における即決断行の日々から、女性は臨機応変、変節を怖れず・・・。
ちなみに公文の創始者が、
「女性は勇気がありますねえ・・」と、感嘆していらした。

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
蛮勇なのは私だけかもしれないけど?

継母が言いました。
男らしくないから「男らしくしなさい」って育てるんだね。
男はすぐ泣くから、「男なら泣くな」と教えるんだねって。





それ、もう直ぐ春よ・・・

  

毎週通っているリハビリ・・・もう10っか月以上・・・
通う西梶原へのバス通りは地元の人が管理するのか
可愛い花が折々に咲いてくれます。
日当たりのあまりよくない場所なのに健気です。

大好きな木瓜の花・・木瓜って、冬の花でしたっけ?

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (003)

下草の中に水仙も・・・・・今日あたり咲いているかも。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2_2020121610162960c.jpg


季節に先駆けるよりもちょっと遅れ気味にひっそり咲いている・・
なかなか、魅力的です。
そんな女性に成りたかったけど、とんでもない、真逆のおっちょこちょい。

そのおっちょこちょいが災いして、会長に推薦されてそのまま総務部長に。
西も東も分からないまま、前任者や皆さんに助けられての二年の任期。

さて、午後から、今年最後の会議です。
老人会連合【みらいふる鎌倉】のお役、
来期は立派な後継者に継いで頂いて、のんびりと過ごせそうです。
私よりお若い、パソコンにも通じていて、なお、穏やかな男性。はきはきした口調。
この方を見つけ、強力に推薦したのは私!
今は、【みらいふる鎌倉】の様々をご理解いただきたくて副部長さんです。
私の数倍は有能です。これで、【みらいふる鎌倉】は盤石です。
もう、お一人、
来年度の会計監事さん、お電話だけで、気持ちよく引き受けてくださいました。

人を見る目だけは育ったのよ。前の仕事の御蔭です。
女性は難しいけど、男性は大概当たります。
仕事関係で、たくさんの若手から中年まで、男性諸氏に巡り合いましたからね。

引き継ぐと言っても、来年四月、令和二年度総会までは、
任務はありますので、年明けから三か月はめちゃくちゃ忙しいでしょう。
何としても、残りの任期を間違いなく過ごしたいものです。

そう、みらいふる鎌倉のお役を去るということは
5年続けた町内老人会会長もリタイヤーします。

さあ、来春から、何をしようかな?
あ、第一は夫さんの面倒を、もう少し手厚くしなきゃね。(*´▽`*)
なにしろ、
このおっちょこちょいが54年間を無事過ごせたのは
夫さんの御蔭ですから・・・





或る手紙・・・




手紙 ~親愛なる子供たちへ~ 


年老いた私が ある日 今までの私と 違っていたとしても
どうかそのままの 私のことを 理解して欲しい
私が服の上に 食べ物をこぼしても 靴ひもを結び忘れても
あなたに色んなことを 教えたように 見守って欲しい

あなたと話す時 同じ話を何度も何度も 繰り返しても
その結末を どうかさえぎらずに うなずいて欲しい
あなたにせかまれて 繰り返し読んだ絵本の あたたかな結末は
いつも同じでも 私の心を 平和にしてくれた

悲しいことではないんだ 消えて去って行くように 見える私の心へと
励ましの まなざしを 向けてほしい

楽しいひと時に 私が思わず下着を濡らしてしまったり
お風呂に入るのを いやがることきには 思い出して欲しい
あなたを追い回し 何度も着替えさせたり 様々な理由をつけて
いやがるあなたと お風呂に入った 懐かしい日のことを

悲しいことではないんだ 旅立ちの前の準備をしている私に
祝福の祈りを捧げて欲しい

いずれ歯も弱り 飲み込むことさえ 出来なくなるかも知れない
足も衰えて 立ち上がる事すら 出来なくなったなら
あなたが か弱い足で 立ち上がろうと 私に助けを求めたように
よろめく私に どうかあなたの 手を握らせて欲しい

私の姿を見て 悲しんだり 自分が無力だと 思わないで欲しい
あなたを抱きしめる力が ないのを知るのは つらい事だけど
私を理解して支えてくれる心だけを 持っていて欲しい

きっとそれだけで それだけで 私には勇気が わいてくるのです
あなたの人生の始まりに 私がしっかりと 付き添ったように
私の人生の終わりに 少しだけ付き添って欲しい

あなたが生まれてくれたことで 私が受けた多くの喜びと
あなたに対する変らぬ愛を 持って笑顔で答えたい

私の子供たちへ
愛する子供たちへ

【訳詞】角 智織
【日本語補詞】樋口 了一
【作曲】樋口 了一

枯れのこり?可愛いです。 
00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (002)

作者不詳とありますので名前は判りませんが外国の方の詩だそうです。
デスクトップが煩雑になったので整理していたら・・・・【手紙】と題して在りました。
開いてみたら・・・そうそう、これ大切に残していたんだと思い出したのです。
一時はテレビにも紹介され、介護を学ぶ方々の必読の詩だとも・・・
楽譜も在りました。何時か歌いたいと思ったのでしょうね。

そう、もう直ぐ、目の前です。唄うには老い過ぎました。
きっと、こう開き直られて子供たちは困るでしょうが・・・
これこそ、老人の偽らない気持ちかもしれません。

甘えられるなら甘えたいです。





 

いちこちゃん(=^・・^=)

   


相変わらずの、愛想無しいちこです。
動きは俊敏ですが、遊ばないので、撮る場面が無いのです。

IMG_20201208_195647.jpg


抱かれないということは爪切りも嫌がります。
左手だけはなんとかさせますが、右手はかくしてしまいます。
切られた具合を確かめているらしいです。

IMG_20201208_195606.jpg

ちょっと寒くなりましたので、電機敷布を敷いてやりました。
夜中に夫さんが見つけてスイッチを切ってしまいます。
電気代が勿体ないって…ケチ!
(貴方が、朝三時までリビングで起きていて、
暖房してテレビつけているのは勿体なくないの?)

わたくし、決して口には出しません。
どうせ、私が四時に起きてスイッチ入れるもんね。


あれ?もしかしてダンナ、やきもち?
確かに、いちこちゃんが一番!

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (0BD)







町内老人会のクリスマス

 

クリスマス?早すぎますね。
でもね、日程を変えると、老人は混乱するのです。
そんなわけで定例会第二火曜日に、クリスマス。

メンバーを二手に分けて、10時の部と、11時の部に・・・
お客様は、鎌倉山にお住いのフォークソング歌手ノッペイさん。
若かりし頃、属していたグループは知る人ぞ知る・・と言う事でした。

懐かしいフォークソングの数々とクリスマスソング。
【若者たち】や【赤鼻のトナカイ】とか・・・
マスクの中でも大きな声で一緒に歌えます。
爺も婆も心から楽しんだ一時間でした。

大きな窓の有る町内会館は風通しが良く、
揺れるカーテンが空気の流れを保証して換気充分です。

00000IMG_00000_BURST20201208_202012101545292e0.jpg

ノッペイさんのギターも歌も素晴らしく、MCも抜群にお上手。
親しみの中にも品の良さがあり、楽しく笑わせてくださいます。
演奏には、優れた技術と個性が伺われました。
昭和21年のお生まれとか。
世代的には少々ずれる我々でしたが
子どもを抱きながら聴いていた曲ばかり
みんな懐かしく、聞き覚えがあります。

会食は出来ませんのでサンドイッチとお茶を。
皆さま、お帰りの上、お家で召し上がれとお土産に。

二部も、同じ曲を歌いますと言いながら数曲、曲目を変えて・・
そのお心遣いが役員にとっては嬉しかったです
MCもまで変えていらしたっけ。

みなさん、楽しんでくださって何よりでした。
自然に、心が浮き立ち、世界が明るく見えてきます。


やっぱり、音楽って、素晴らしいです。
 







10月、原宿のコンサートで・・

 

原宿での、初めてのステージ。

簡単な音合わせが終了後、
ステージ横で、さんざん、段取りを教えて頂いたのに、
いざ始まるなり、すっかり忘れて・・・
名前も言わず、曲名も言わずに歌いだしてしまいました。
「まず、名前を言って、それから、歌の題名を言って・・・」のはず。
トップバッターだからこそ、きちんとしたかったのに。

駄目ですね~!

堀先生のそれをはじめとして、大概の演出は、登場して立てば、
ピアノの前奏が始まり、おもむろに歌いだす。
名前や歌の題名はお客様が、プログラムをご覧になって判る・・・。
ほとんどのステージがそれですんでいたから
あらためて、初めてのステージでの演出に、
解っていたはずがすっかりのぼせて・・・いざとなると、いつもの通りに動く。
認知症の初期!!

唄いながら、手順を思い出して・・・終わってから、名前と曲名を。
その上、「どうぞお楽しみください」なんてモゴモゴと。
然も、引っ込みがつかず、出口が見つからず、うろうろ客席に降りて・・。
恥ずかしいったらないです!

二部は二番目だったので…落ち着いていました。
先ほどは、失礼しました・・・なんて、余計なことを言いましたが。

【哀しみのソレアード】を唄いました。
三宅一生のプリーツプリーツで身体の線を隠して・・・
写真は、これ一枚だけ、お見せ出来そうですので・・残りはダメ。
なんてったって、肥りました。コロナ禍のなか際限なく体重が増えます。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (0BB)
♪もう直ぐ終わるのね 二人の砂時計 さよならの足音が背中に聞こえるわ♪



まあそんなわけです。
何歳になっても、何度ステージを踏んでも、
何かしらミスをするおっちょこちょいは治りません。





 

・・・らしく在ること!

   

私の歌唱・・・少し良くなったかも?

声は、子供の頃から良く出ていました。
ミッションスクール、福岡女学院では聖歌隊に。
高校生になると、合唱部で。
親になってからは、ママさんコーラス。

鎌倉に越してきて、仕事を始めてからは
好きな合唱からは離れました。
グループとして活動するには多忙でしたので。

カラオケブームも有って、一人で歌えるからと、演歌教室へ。
それが・・・一年も続いたかな?
行き違いが有って、先生と疎遠になり、辞めてしまいました。

唄うことと離れて数年たち、
暇が出来たら、ドイツ歌曲でも習おうかな?と思っていたところ、
近所のブテイックの壁にドレス姿の友人の写真を見つけ、
堀陽子chanson教室、プチ・ロンドに入れていただいて20年!、
堀先生が亡くなる直前まで、通いました。

以後、いろいろな先生と出会って・・・今日に至っています。


実は、父がレコード会社の福岡支店長など勤めていた関係で、
はるばる九州にまで唄いに来たシャンソン歌手、
イベット・ジローや、イヴ・モンタン、越路吹雪さんのステージで花束贈呈も。

そんなこんなで、シャンソンには親しみを持ってはいたのです。
時代的にも、ジャズのブームが一段落した後、
石井好子さんや、越路吹雪さん、高英雄、芦野博、等の活躍や、
ラスト・ダンスは貴方に、愛の賛歌、などの名曲にもより
10数年ぐらいの短いけどシャンソンブームもあったのです。


そんなこんなで・・・シャンソンには親しみが在り
ドイツ歌曲よりは、技術的にも、唄いやすかったのでしょう。
唯一の趣味として今日まで続いています。
才能が有れば教えられるぐらいには成れそうな年月ですが
少々、音痴の気味も有って、ずっと、御月謝を払う立場の奥様芸です。
ただただ、歌って、発表会があれば暗譜して‥の日々。

シャンソンらしい渋い声でない、コーラスで身に着けた発声は、
長い間のコンプレックスでした。
「綺麗な声ね」とは言われても「心に沁みた」とまでは言われません。

堀先生亡きあと、三年ぐらい過ぎた頃、青木先生に出会って、
舞台映えする歌唱を学びました。
わずかに唯一、私が持っている高音を、
わざわざ地声にせずに、発揮することを教えて頂きました。
同時に、抑えた低音を、魅力的に出す方法も教えて頂きました。


住宅地入口のちいさな児童公園の入り口にあるヤマモモと銀杏
IMG_20201122_102737.jpg
秋が来たからといっても、持ち前の濃緑色を保つのも、
冬を迎える前に秋を装う銀杏も・・・らしく、毅然と立っている・・・。

先日、西大久保のスタジオで
歌い終わったら先生が拍手をしてくださいました!
「包まれるような感じがしたよ」と。
歌歴二十年、先生方誰一人からも、拍手を頂いたりしたことないのです。
よって、お世辞とわかっても‥・嬉しかったです。

コロナ禍の中、多忙も有って、体調と声の調子が悪く、
その上、どんどん肥る老醜を自覚すれば、
唄うことを、辞めようかとまで思う日が続きました。

なんとか救われたのは、
原宿のステージでの、ご縁の無いお客様の声だったかもしれません。
そして、先日の先生の言葉。

老いても、まだまだ続けられそうです。
誉め言葉に他愛なく調子に乗っているつもりは在りませんが、
誉める・・・・大人にも通用するようです。

確かに、青木先生のお弟子さんは、声が良く出るようになるし、
歌が一段レベルが上がって、聴き映えのする歌になっています。
決して、萎縮したような歌唱をしません。

指導力の有無は正直ですね。
45年にわたった私の公文式教室。
生徒さんを伸ばそうとたくさん誉めてきたつもりだけど・・・・








横浜中華街へ

  


コロナ禍の中、よく外出するとお思いでしょうね。

一端、収まったかに思えた9月、10月、に、ずっと延期していた数々の用件。
片付けようと、11月、12月に決行すると約束してあったので、
何はともあれ、実行するしかない。
やたらと、出かける用事が増えたのです。

中華街には、20年来のシャンソン友達が居ます。
堀先生のお弟子さんで、先輩です。
いまも、横浜の大本先生に着いて歌い続けています。

西洋骨董のお店を、長年営業していて
アクセサリーや、スカーフなど時々買わせていただいていました。
イタリア製のスニーカーが欲しくて
この春、一月の脱臼をする前に、お願いしていたのです。

脱臼、コロナ自粛と続いて・・・ずっと気になっていました。
やっと、お逢いしてお支払いをする約束、年を越すわけにはいきません。
秋晴れの二日、思い切って出かけました。

彼女のお店は関帝廟前です。
00000IMG_00000_BURST20201201 (005)

良いお天気なのに、街中、人が少なく閑散としていました。
閉じたお店もチラホラ。
マスク会食だの、デイスタンスだの言われれば
当然、足は遠のきますよね。
ましてや、中華料理の大皿盛りは、小盛りにせよとのお達し。

「来春、店を閉じるから、何でも半額にするよ」
「夫も85歳だし、家賃を払うのが辛いから」とのこと。
彼女は私と同じ午年。リタイアーするに年齢の不足はない。
でも、趣味を兼ねた大好きな仕事、いよいよになるまで続けたかったはず。
店内の品々を拝見しても
私自身が断捨離の中、購買意欲も沸かず
マスク入れとマスクを・・ほんの数千円のお買い物だけ。


コロナ禍を、なんとか10カ月耐えた方々も、矢尽き、刀折れ、

友人にまで及ぶこの厄災、どうぞ、この春には終息してと、
関帝廟の前で頭を垂れました。

ちなみに3日は青木フキ先生のレッスンで新大久保へ。
東京は怖い!こわごわ、敵地へ乗り込む覚悟!。

出禁をされないように夫さんの懐柔に悩むなあ。







 

12月!

  

毎年、クリスマス・デコレーションをしてくださるM宅。

45年前、当時、この住宅地の中でモダンな造りのお家で
ステキな若い御夫婦が、数十年の間に、
ご両親を見送り、義妹さんを独立させ・・・
小さかったお嬢様二人を、結婚させて・・・お二人が静かにお過ごしです。

わが家がこの地に居を構えた少し後の頃です。
総勢7人で超してこられて以来、我が家の家族構成・・6人に良く似たご一家を
見るとも無く、見ながら・・・我が家の歴史と重ねてきました。

一番先に天国に召されたお母さまは、私の仕事を理解されて、
お孫さん二人を送り込んでくださったうえに、
「人の為になる良いお仕事、がっばってくださいね」とエールを送ってくださったこと
始めたばかりの教室でしたので、そりゃあ嬉しくて感謝したものです。

その後、互いに加齢を重ね、私はリタイアー。
私と前後して、ご主人が仕事をリタイアーして・・・
お二人だけになってから、数年を経た頃から、
毎年、クリスマスが来るたびに、御庭を美しく飾って、
近所を愉しませてくださっていました。

ある年、ふっと、気づいたらイルミネーションが無い、
え?とおもいつつお正月を過ごしていたら、ご主人様の病気の噂が。

それなのに、
ご退院の年には、ひっそりと、次の年にはもう少し賑やかに、盛大に、と続いて、
今年は、いっそう豪華になって以前にも勝る美しいクリスマス・デコレーションが。

IMG_20201130_174823.jpg

お一人で奮闘していた姿を覚えていますが
今や、奥様もご一緒に飾りつけを数日掛けてなさっています。


毎年、ブログには載せていますが、
イルミネーションが、10年ぐらい、この通りの家々で、流行りました。
競って飾っていたのですが、お子様の成長につれ、止めてしまった中で、
ご夫妻の、今も続く、この遊び心とご尽力を、心から感謝しています。

そして、ご主人様が、
どんどん、お元気になっていらっしゃると、一層嬉しくも想うのです。
我が夫が、朝に晩に3000歩あるいて・・・元気な事も重なるのです。
昨夜も、「Mさんち、綺麗だぞ~!」と夫の声で、完成を知りました。


Mさん、(人''▽`)ありがとう☆
松のつくお名前、由緒あるものとお母さまより伺っています。