FC2ブログ

草笛日記 どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

大船駅の今昔

    

大船駅、笠間口がすっかり大きく綺麗になりました。

わが家は鎌倉市と言っても、旧市内ではない。
鎌倉駅からも、藤沢駅からも、大船駅からも等距離。
タクシーの乗車賃も大差無いので、
いつもは、東海道線なら藤沢駅、横須賀線なら、鎌倉駅を利用する。

JR大船駅に降り立つと、構内の天井の低さゆえか、
その薄暗い佇まいに気分が晴れないのも理由の一つ。

駅ビルが出来て【ルミネ】が入り、ちょっと歩けば芸術館も建設され、
戦後の闇市さながらの駅前商店街も
鎌倉市の肝いりで、いずれ開発・・と期待したが
その商店街の強固な反対に埒が明かずのまま・・・現在に至っている。
中通り商店街は、相変わらず、雑然としている。

昔は無かった笠間口が、隣接する横浜市の開発の影響で開かれ、
数年を経て、この度、そこに大規模な改造工事がなされている様子。
大船への買い物ついでに、昨日、遠回りして観に行ってきた。

電車を降りて、二階改札口を出る。正面に大ガラス窓。
横浜方面への線路を見下ろす。
左先に見えるマンション群、すぐ右手のビルも、住所は、横浜市だろうか。
IMG_20201128_122537.jpg

右の大きい階段を下りて・・・笠間口に出る。此処までは鎌倉市。
ヴァイオリン奏者、葉加瀬太郎が芸術館に来た時、
「大船も鎌倉なんですね~」って感心して、大顰蹙を買ったっけ。

IMG_20201128_122629.jpg

鎌倉女子大学は、昔の京浜女子大学
昔は、鎌倉市より、京浜のほうがネームヴァリューがあったのだろう。
時代は変わり、観光地として人気の鎌倉に変更。
黒いスーツという制服だったけど、見かけないから…私服に?

外に出ると、バス通りを挟んだ正面に
テナントが集まる商業ビル、グランシップが3月オープンを待っている。
この商業ビルに隣接する高級マンションは、一戸、7000万円以上とか?
直結する通路も頭上で建設中。

IMG_20201128_122750.jpg

戦後の面影を残す大船駅も、模様替えをすれば、
おのずと、賑わいの拠点が、こちらに移動するのだろう。
東海道線の近隣駅、戸塚、東戸塚、は勿論のこと、
茅ケ崎、辻堂より、はるか数年後のリ・ニューアル。
いかにも遅い!。

コロナ禍のあと、景気の回復にどれだけかかるかなあ。
横浜、東京に近い、この辺り、
中途半端な街から脱却するのは難しいと思う。




 

スポンサーサイト



バス旅行・・・2



    
夫婦二人で旅行を楽しんできましたが‥・
最晩年ともなると、夫にとっては、体力も、感性も、
家に居て、のんびり過ごすことが愉しいらしく、出ようとしません。。

夫に合わすことも妻としての嗜み?と思う私にとっては、
久しぶりの県外でしたので・・
写真を今日もご覧ください。


埼玉県新座市にある平林寺は専門の道場をもつ関東の代表的な禅寺。
正式名称は「金鳳山 平林禅寺」といい、臨済宗 妙心寺派の別格本山であり、
武蔵野の面影を残す13万坪の境内を有しています。

00000IMG_00000_BURST20201125_202011271726543c0.jpg
鎌倉の質素な禅寺の佇まいも良いですが・・
壮大な境内と立派な山門、さすがに、江戸大名設立の面影。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (0BC)
ベンチに散り敷いた紅葉がまるで友禅の反物のようで・・思わずパチリ。

埼玉の“小江戸”として知られる「川越」は、蔵造りの重厚な町並み
古民家風に装ったスターバックス。

IMG_20201125_140148_20201127173204a3d.jpg
トータル14000歩の途中の珈琲タイムを・・


国営昭和記念公園(東京都 立川市・昭島市)日本を代表する国営公園
東京ドーム約40倍の広大な緑あふれる都会のオアシス

IMG_20201125_161739_20201127174031c12.jpg
閉園時間が五時半,大急ぎの散策でした。

夫婦の年齢差は5歳。
昭和激動期の五年、生きてきた五年の差異は大きいものです。
生来の感性が違うことも有っても、頼りにもなり、若い時は楽でした。
老いて、今さら、ねえ、文句も言えません。(^_-)-☆

老いては子に・・ではなくて、夫に従います。







バス旅行

   



コロナ禍も治まったかに見えた、10月に計画した地区の懇親旅行。
老人会F地区、各町内クラブ合同のバス旅行で東京の先、埼玉へ。
まずは、紅葉で有名な平林寺へ・・・小雨の中。
紅葉の巨木が多くてさすが・・・

00000IMG_00000_BURST20201125 (003)

00000IMG_00000_BURST20201125 (002)


今回旅行のメイン、川越に到着。小江戸と称されて、今や、大人気スポットです。
雨上がりの空に、蔵造の街並みの中【時の鐘】を仰ぐ。
二度目の訪問、若い人が多く、お菓子屋さんが増えて
なんとなく俗っぽく、以前の床しい品格が街並みから消えていました。

00000IMG_00000_BURST20201125 (002)

歩き疲れて、古民家風に装ったスタバをみつけ、コーヒー休み。


最後は、一番楽しみにしていた、立川の【国立昭和記念公園】
川越から立川まで、渋滞が続き、着いたのは夕暮れ。
銀杏の葉は、すでに散り敷いて・・・黄金色の絨毯に。

00000IMG_00000_BURST20201125.jpg

我が町内クラブから11人希望、今月に入って3人キャンセル、
計8名のうち、その場にいた5名です。。

1606382343760.jpg
白い帽子が私。それなりに・・・老人会です。

紅葉も銀杏並木も・・・時期遅れでしたがそれなりに綺麗!
勿論、GoTo・トラベル利用です。12000円の旅行が8000円に。
そのうえ、埼玉県内当日のみ流通のクーポン2000円券。
お漬け物と、お菓子と、山野菜など買いました。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (0B9)

税金をほんの少し取り戻した感じです。



 

GoTo トラブル?

   

急な、感染者数拡大にてんやわんや。
自分自身に、二月ごろの切迫感や危機感が無いのは何故かな?
きわめて楽な、のんびりした日々。

それでも、明日のF地区老人会主催のバス旅行には思案投げ首。
「キャンセルは22日までだから・・」と参加希望者に、あらためて問うたのですが、
11人中、持病のある3名のみ、キャンセル。
ははん、みんな元気だなあ~!

主宰者側として、御一人でも行くなら、私も行かなければと
決死?の覚悟でしたが・・・皆様、「楽しみにしてます」とのこと。

バス内の空気循環は完璧。
席は二席に一人の着席。
買い物は【道の駅】、スーパーに行くようなものだし、
お土産屋さんでの混雑を避け、会話は、ディスタンスをとることに徹する。
食事処は、塩ビで囲われて・・・
トイレだけは要注意ね。消毒薬持参で・・・
唯一、ほっとするのは、首都圏は北へ向かう高速道路から眺めるだけ。
東京は・・・危険です。

ちょっとちょっと密だよ!庭の金魚。肥ってきました。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (0B7)


せっかくの旅行だけど、おしゃべりできないのが残念。
まあ、我慢我慢。
何しろ、一番喋りそうな私が、お口を閉じれば・・・・大丈夫。
誰かに頼んでおくつもりです。
私が喋りだしたら、口に指で✖合図してね!

住宅地入り口の川で・・仲の良いカモ、嘴がまだ黄色い。
IMG_20201123_140246.jpg

政府肝入りの、観光業支援のつもりの【ゴーツー・トラベル】
今や、【ゴーツー・トラブル】となりかねません。
棚ぼた式に頂戴した首相の座。
安倍さんの置き土産は、新政権のネックに?

牡丹餅にコロナが入っていたとは!
そう、棚ぼたはもらわないほうが賢明なんだ・・納得。


 

命がけで・・・?

  

「本日は、命がけでお集まりいただきありがとうございます」

って始まったのよ。
プロの若手、下司愉宇起さんと、大船のレストラン、【ヴィオラ】のオーナーとの
21日、土曜日の、コラボレーション;コンサート。

8月の予定が、11月に延期されて、やれ、安心だと思ったら、
この期に及んで、罹患者激増で第三波だという。
チケットは、すでに買っているし、お食事つきだし、さあ、どうするどうする?

悩んだ末、結局、行きました。
奥の大きな窓も全開だし、入り口も半開きで、換気は充分。
お客様は、顔見知りの元気な高齢者さん達、60名。
政府提唱のマスク会食
私はフェイス・シールド使ったけど・・・せっかくの食事も味気ない。

IMG_20201121_181010.jpg

6時から、下司さんの情感あふれる【夜明のうた】からスタート!
いよいよ、オーナーさん登場。
まあ、吃驚仰天!
紫色のヘアと黄金色のドレス・・・80歳にはとてもとても見えません。
眼を伏せているので、彼女の強さが出ていますが、
可愛げのある、前向きな明るい精神の持ち主とお見受けしています。

00000IMG_00000_BURST20201121 (003)

シャンソン、ブルース、お得意のファド、計12曲。
しっかりと、あるいは切なく、持ち前の堂々としたお歌・・・・ステキでした。

年齢を超えて「みなさんに楽しんでもらおうと思って」のヘアと衣裳だったとか。
ヒールのあるお靴を履いて姿勢も良く・・・
愉しいコンサートでした。

出がけに「また外出?もう、出禁にしようか・・」って夫さんの呆れ声。
あわてて、「早く帰ってくるからね」と・・・言い訳。
そんなわけで、早くに退出してしまいましたが、
このエネルギーを前にして、敵わないなとおもいつつも、
勇気づけられて帰宅しました。

持論ですが、男性的精神と女性的精神を
五分五分にお持ちの方が、何事も成功するようです。





 

難聴について・・・老醜

  


色々な障害はあるけど、難聴を、一段下に、軽蔑?して、見ている世間。
「私、難聴で・・」って言うと、皆さまの顔に、うすら笑いが浮かびます。
色々言い訳がてら、症状や状態を説明すると、
直ぐに、【補聴器】を勧められます。

補聴器!
それがね、すごく高価,ウン十万円もして、しかも、役立たずなのです!
それが証拠に、お買いになっても、使わない方の多い事!
そのうち失くしています。
私も、コロナ禍の中、試しましたが気に入りません。

全く聴こえない重症なら、あのピーピーというハウリング?も我慢します。
だけど、
皆様が、ほんの少し、はっきり、ゆっくり話してくださるだけで十分なのです。
ほら、足腰の悪い方に、手を貸すでしょう?席を譲るでしょう?
お荷物持ちましょうか?って訊ねるでしょう?
あの程度で良いのですよ。
テレビで言えば、いま、皆さんが聴こえるレベルの一つ上のボリュームです。
相手が難聴者だと知ったら、ちょっと、意識して話してください。
そう、聴こえやすいように意識して・・・お願いです。

目が見えない、とか、歩けない、とかのレベルでは無いのです。
ほんの少し、気を付けて声を張り、明瞭に話してくだされば十分。
すごく大事なことなら、書いてくださいと言います。
それも面倒なら、返事がトンチンカンでも我慢してネ。(^_-)-☆


淋しい庭ですが、ツワブキが咲き、水仙の芽がこんなに伸びています。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (0B5)



最近、街に出ても、若い人に、時々、話しかけます。
どんどん新しくなる都心の風景。
知っていたはずの道順や、改装なった駅のホームを訊くことが多いです。
若い人はおおむね親切です。
スマホのイヤホンを付けていても、外して『ハイ?何ですか?』って訊いてくれます。
丁寧に返事して、教えてくれます。声もはっきりと・・・


あッ?、若い人の声は聞こえるんだ~!

老人の声、覇気のない声、相手への思いやりのない声
が、聴こえないんだ!

いつか来た道、いつか行く道、
80歳過ぎてから・・・ああ、これかとお分かりいただけるのだろうか。


読み返すと、自分の劣化を晒すばかり‥老醜?。




コスモス・・・



 

コスモスが大好きで、撮りたいと、探したのですが、この秋、出逢えませんでした。
ブログや、FBで、皆さんの写真を拝見して楽しんでいましたが・・・
一昨日、ステキなコスモスに出会いました!

 対象となったコスモスの色と姿、白い花の横の濃いえんじ色の花冠!。
風にそよぐはかなげな葉と茎、
対象に寄せるレンズ越しの視線、
バックの空の色、光の具合、切り取ったアングル、

PA204484_20201121111538e7a.jpg

ブログ【はぴわんの散歩】さんのコスモスです。

PA204492_20201121111539d94.jpg

時々、訪問してくださるブログのオーナーさんのお写真。
勿論、拝借をお断りしてあります。
小岩菖蒲園のコスモスの花邨だそうですよ。

他にも素敵なお写真がたくさんありますので、ご紹介します。
検索するとすぐ出てきます。







林檎ジャム

   



お嫁さんのご実家から、林檎をたくさん送っていただきました。
夫は林檎が大好きなので、大喜びです。
私は歯が弱いので、硬い果物は敬遠しがちです。

ふっと、ジャムを造ろうかと思い立って
今朝は早朝から林檎ジャム造り・・・・

出来ました。林檎二個で、アオハタの大き目の瓶一つ分。
沢山つくればよいのに、きょうは、まあ試しづくり。
夏柑でのマーマレードジャムは得意なのですが・・
林檎のペクチンはどのぐらいかな?なんて心配したのです。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (0B5)


その鍋に湯を入れて、
瓶に入れ切れず鍋底や周囲に少々残ったジャムを、伸ばしてジュース状に。
シナモンを振りかけて・・・まあ、美味しい。
砂糖分をたっぷり吸収して・・・また体重は戻ります。
良いや、なんとか押し込めるドレスを見つけたから・・・

デザートには、春夏秋冬、アップルパイを注文するのが常です。
ケーキ屋さんでも「アップルパイ有ります?」って訊きます。

冬に向かい、これからは何処のお店にもアップルパイ登場でしょう・・・
でも、なかなか満足のいくパイに出会いません。
パイ生地を買ってきて自分で作る・・・?

まあ、ジャムを舐めて良しとしましょう。







 

知人の事務所へ・・・

  

仕事上の知人が、定年後、勉強して、資格を取り、
行政書士事務所を開設したのはニ三年前。
場所は、大船、台二丁目とのこと。
お近いし、一度は訪ねたいと、前々から思っていました・・・

大船周辺は、道路を整備するついでに新しい一本道も新設。
そんなこんなで、道路が錯綜しています。
あそこらへんだろうとは思いつつ見つからないうちに年月が過ぎました。

秋晴れの良い日が続くので
昨日、思い切って実行したのです。
地図を観てもどうも想定出来ないので、まずはタクシーに乗って・・・

愛想は良いけど、親切じゃない運転手さん。
住所をナビして・・・ここら辺という場所で降ろされて・・・
目印の焼肉店【長寿村】さんを頼りに‥‥見つけました!。
近くで、ガスか何かの検針をしているおばさんに訊いても
「在りませんよ」と一言。
在ったじゃないの!ここでしょうが!
丁寧だけど親切じゃない・・・鎌倉気質?
125468340_3248555978589873_7161638379422968885_n.jpg

広い事務所ですが、予約の方がすぐ来るらしく、
察した以上は、直ぐ、10っ分後には退出しました。

お約束の【ありがとう】カレンダー
最後の一本?を、しっかり頂いてまいりました。
それにしても、
突然行く私も、失礼な事ですよね・・・老人はこれなので困りますね。

でもね、ほら、お電話していくほどの用件があるわけでもなく
かえって、ご迷惑をかけるから・・・との私なりの配慮です。
お留守ならそれで良い、また行ける・・・場所が判れば安心です。

目印の【長寿村】は焼肉店でした。入り口に子豚さん。
まさか・・・ペットですよね。いっちゃんに似ていて可愛い。
125362858_3248555725256565_7771012715618318774_n.jpg

車が多く幅が狭い道路を歩いて、大船駅に。観音様を撮りました。
00000IMG_00000_BURST20201117.jpg

ルミネの中の、四階にある【アフタヌーン・テイー】で美味しいジュースを飲んで
さしたる買い物もせず、帰宅。

この頃は腰が痛いので、一日一件だけの用事です。


あ、そうそう、あの花は【やぶニンジン】らしいですよ。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (0AF)





 


【街角ピアノ】

  

ご存じでしょうか。
NHKBSの【街角ピアノ】という番組。
ピアノが置かれた場所によって
【駅ピアノ】だったり【空港ピアノ】だったり。

何回も再放送されていますから・・・人気なのでしょう。

世界中の様々な場所に置かれた、誰でもが自由に弾いて良いピアノ。
通りがかった人々が、ふっと引き寄せられて、弾きます。
テクニック的には差はあるのですが、
どれもこれも、弾いている人の人生が見えて、そりゃあ見ごたえがあります。

とある駅のピアノを、とあるお爺さんが・・上手に楽しそうに弾いていると
通りがかった、たぶんプロのミュウジシャンが背後から合奏します。

https://www.facebook.com/VT/videos/1624940034357403/?t=2ttp://
クリックしてみてください。

放送ではほんのニ三分でしたが・・・5曲ぐらい?楽しそうに合奏。
周囲の人々も、どんどん集まって大拍手!

こんな風に、何気なく、弾けたらどんなに、幸福でしょうか!!

継母の長期入院を期に、辞めてしまったピアノの稽古。
続ければ良かったと、今頃になって後悔しています。
姉やさんや、お手伝いさんが住みこんでいたと言っても
二年に及ぶ間、母親の代わりは、出来っこ無い・・。

日本舞踊も辞めてしまいました。
帰宅してからの、おさらいを見てもらえなくなったのと、
お師匠さんや、他のお弟子さん達や保護者の方たちの間で
お稽古場での独りは、淋しかったのだと思います。

子どもの教育にとって、母親の存在は大きいです。
月謝払ってれば良い・・・は最悪かも。
陰に陽に、共に、一緒に、お稽古し、学んでいるのですから。

女性の自立を望んでいながら、
保育園育ちの子供たちの姿を、ちょっと不安に見ている自分が居ます。
もうちょっと、待ってあげられないかな?
せめて、小学校卒業までは・・・

40歳からの女性の再就職を阻む条件が有るのだろうか?
若さと可愛さを男性が求めている限り、無理なのかなあ?





 

実生の庭・・・千両

   



千両・・・・赤い実と黄色い実。
まん中は南天です。
みんな実生です。
小鳥さんが実を食べて・・・お土産を置いていくのです。

IMG_20201115_115705.jpg


これも・・・名前が不明です。何かに似て居る…当たり前ですよね。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (0AF)


この花の名前、今日は、調べる元気が在りません。
午前中、肩のリハビリに行って、今から【みらいふる鎌倉】のお仕事。

市役所がやいのやいのと言ってくる。
私、報酬貰っていませんし、役得も無い。
仕事ではないんですよ、基本的に。
なんで、そんなに、びくびくするほど追い詰められるんだろう。


要するに予算が25%減少するから
令和三年度の事業予定と予算を25%減らせってこと。
それを、60余りの各地域クラブの各会長さんに徹底させて、
市役所の経理にたいして、予算減少を、従順に納得して、
整った美しい予算請求書類を提出させたいらしい。
誰のために・・・??。

大騒ぎすることでもない。
減らせば良いいだけのこと。

しかも今から準備しろって・・・・何を?
決算書の書式が変わるらしいから?

変わったら変わった成りにやるってば、皆さん。
息子や娘まで動員してのパソコン作業。
すくなくとも、男性には、奥様が居る・・・
ご家族の皆さんにまでご協力いただいて、ありがたいことです。
(もひとつ加えれば、実は、女性役員は、みなさん未亡人!)

仕事を引退したら…楽しい事だけしよう・・・が私のポリシー。
慢性蕁麻疹の遠因、きっと。



 

【アジリテイー】2019を観る・・・

  


毎晩、床に就くのが異常に早い。
9時には、二階へ引き上げます。
寝つきが良いので、すぐに、夢の中。

ということは、朝、三時には目が覚めます。
三時に起きて‥・・独りのリビングルームを愉しみます。
片づけたり、テレビの英国版ミステリー・・・刑事ものを観たり・・・。
旧い名画にも、出会えます。
このところ、日本の、刑事ものが続くのでBSのドキュメントなど。

「朝早く目が覚めて…」と医者に訴えたら
「何時に寝るの❓9時?それなら、十分寝てますね」。


今朝は、【アジリテイー】にひきつけられて一時間、
寝床からのそのそ出てきた、いちこちゃんと一緒に。
猫には無い魅力が・・・。
ワンちゃんは、実に従順に、しかも楽しそうに飼い主に従う。

それに比べて、我が家のいちこちゃんの気ままなこと!
00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (0AD)
しっかり、画面を見ています。走り回る犬たちを・・・
「何やってんの?」ってか?




アジリティ(英: dog agility)とは、犬の障害物競走、ドッグ・アジリティのことである。
アジリティとは英語でagilityと書き、敏捷性を意味し、近年は経営学やスポーツなどで
アジリティも用語として用いられるので注意が必要である。


06-1280x854.jpg   01_FN1_9960.jpg


このスポーツ、歴史が浅い日本チーム。
なんとか六位入賞。何をやっても日本人は頑張る。
そこそこの成績を残す。
器用なんでしょうね。
ワンちゃん達の健気な姿と、勝っても負けても
愛犬を抱きしめて、誉める飼い主の姿が素晴らしかったです・・。






来年の流行色は?

 



この冬から、深紅や朱赤が流行るのかな?
私の勘です。
紅白歌合戦の舞台を観ていて・・・当てること多いです。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (0AB)
ご近所の、球根ベゴニア。
   
流行色なんて言葉、最近は使いませんね。
ファッション界、いまや、何でもありです。
夏物も冬物も区別なく、自分が着たいように着る。

まあアメリカナイズされているのかなと思いましたが
もしかしたら、四季の感覚が無くなった所為かもしれません。

猛烈に暑い夏、短い秋、暖かい冬…の繰り返しなら
ハワイみたいになる・・・
夏服の上に厚いコートを羽織って、冬を過ごすも大ありです。

福岡女学院に学んでいた頃、12歳から16歳まで・・
英会話の先生として、アメリカ人女性が数人いました。
たぶん、キリスト教のミッションで来日していたのでしょうね。
その中のお一人が、まさしく、寒ければ夏服を重ね、その上にコートを羽織る方。

あれ?夏服も冬服も同じ木綿のギンガムの服!・・と子供心に驚きました。
冬服はウールで、と決めていた、そのころの女学生。
それを、アメリカ人独特の経済感覚なのかなと。
今思うと、お育ちになった土地の気候の所為だったかもしれないですね。

余談ですが、この方,サンドイッチにお味噌を塗っていました。
他にも、日本人が決してしないようなエピソードが・・・・
異文化の面白さを、概念の多様性や、発想の面白さを、
自然体のまま、身体全体で、しみじみ教えてくださった忘れ難い女性です。

金髪碧眼、小柄で、物静かな白人女性。
日本の女学生の騒々しさを、にこやかに、じっと耐えていらした・・

名前も覚えていないのですが。
私の意識に、ちょっと、何かしらの切っ掛けを付けてくださっています。
生きる過程の、数々の経験に、無駄なことって、全く無いですね。


あれまあ。いま、流行色で検索したら、今年の色だったらしいです。
日本流行色協会は毎年、「今年の色、来年の色」として、それぞれの年を象徴する色を発表している。
「来年(2020年)の色」は、「豊かな感情と身体の躍動を象徴するレッド」が選ばれた。
2020年の色は、色名がヒューマンレッド(Human Red)、系統色名はビビッドレッド。2019/12/11


【2021年、春夏は・・・
明るくて、柔らかくて、軽やか、爽やか、そしてほんのり温かみがある。
春から初夏にかけて、自然界に見る花や明るい景色のような色】

だそうです。
まあ、そんなにずれてないね。まだ秋冬モノだから・・・(^_-)-☆





貌は変わる・・・

     


バイデン候補が勝ったのでしょうね。
トランプさんも粘るのでしょうが、日本人には想像の外。

トランプ氏登場の時から、その奇異な容貌に、どうしても馴染めなかった。
あれって、日本人が持たない容貌ですよね。

御伽噺に出てくる鬼そのものだもの。

大昔の人は、西欧人を観れば鬼かと慄いたと思う。
赤鬼さんはヨーロッパ系、もちろんアメリカ人も。
青鬼さんは、中国、東南アジア系。
黒鬼さんは、もちろんアフリカ系、中南米系?

本当にトランプさんは赤鬼さん!

バイデン候補が勝利した様子にほっとしました。
彼は、赤鬼ではないですね。
しいて言えば白鬼さん。
頭髪の関係で?。クールな雰囲気だから?でも、興奮すると、赤くなる?。

さて、バイデンさん登場の折には
「やっぱり、お爺さんだ」と、残念でした。
なんで、民主党は、チャーミングな候補者が居ないのかなあ?って。

でもでも、勝利宣言らしきスピーチの彼はすっかり素敵な老紳士に変身!
上品で、優し気で、魅力的になっていましたね。
1200-1604645976.jpg

仕事が、地位が、貌を造るとは、常々思っていましたが
こんな短期間の変貌には驚かされました。

副大統領、インド系有色女性は、混血の美しさと人柄と能力が溢れそうで
新しい女性の魅力、美人の定義を変えたと思いませんか?
まだ可愛さとか若さとかに価値を持つ男性は遅れています。

「男は四十になったら貌に責任を持てと言われますが
女性もそうですよ。女性も四十歳になったら・・・」

と、公文式創始者、公文公氏は常々言ってらした。
今の時代なら、六十歳でしょうかね。
夫や息子は、「三十過ぎたら、みんな女じゃない」とまで言います。
「馬鹿め!女は男のために生きてんじゃねえぞ」って。


子どもの時に「可愛いね」と言われたことなく
美人だった実母の親戚からは不思議がられて育った私メ。
長じても、美人と言われた事も無い。
あ、バックシャンと言われたことは大学時代に一度あるなあ。

よって、継母は常に「笑顔で居なさい」と言い続けてくれました。
それと、「馬子にも、衣装髪形」だから気を付けて」とも。
継母も、美人ではなったけど、ご近所の方々の記憶の中で、 
「綺麗な方だった」とお世辞を言ってくれます。

でも、外出前のお仕度に、一時間かかる人でした。( 一一)
(私は速いです。なにしろ大雑把だからチャチャチャと済ませます)

ま、そんなわけで、生来、美しく生まれなかった女性にとって、
仕事と家庭を支えてきた自信と誇りこそが、輝かせてくれる鍵で在りたいけど。


今日は逗子のステージです。
少しでも、カッコ良く見えるように鏡の前で工夫するのですが・・・

ああ、せめて3㎏痩せないとなあ・・・・





優先順位・・2


  
『趣味の会でのお食事会、無駄だし、あまり行きたくないのだけど
断わっては悪いかしら?』という相談の新聞のコラム。
識者のお返事、
『いつも、会を纏めている幹事さんが、良かれとまとめた食事会なら、
日頃の、幹事さんの心遣いや手間へのお礼、
ご一緒してくれる仲間へのお礼の気持ちを表すには、
その場所に、喜んで参加することだとおもいますよ』

って書いてあったよ。
これを読んでからは、いつも、そういう気持ちで参加しているの」
って、今日、老人会仲間が教えてくれました。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (0AB)
町内会のツワブキ。咲きそろいました。

なんとなく、もやもやしていた気分がすっきりしました。
そうそう、そう言いたかったのよ!。
幹事さんへの、そう、仲間への敬意っていうかシンパシーって言うか。
そうなのよね。
私の、我儘な価値観ではないかという不安を取り除いてくれた仲間、
ありがとうございました。


今日は町内老人会の定例会。頭と手足の軽い体操と、ピアノ演奏。
秋の涼やかな風がカーテンを揺らす中で、三密を避けたお集まり。
とってもスムーズに楽しく終えました。

講師さんは地域福祉包括のリーダーさん二人。
帰り際に、私の耳に、ひそひそと
「皆さん、オシャレで綺麗で、良く載ってくださって、素晴らしい!」
と感激して言ってくれました。

そうなんですよ、ステキな老人会メンバーです。
自分たちが楽しむだけでなく、そのことが、若い介護職の方々を励ます!

これこそ、共生の社会ですよね。








 

ビックカメラで。

    

老人会連合【みらいふる鎌倉】からの
様々な、質問事項や連絡事項に対するお返事は、FAXでくる。

傘下に60余りの地域クラブが有るので・・・・結構な数。
FAXのインクリボンの消耗が激しい。
FAXしたとか、届いてないとかの原因は、ほとんどリボン切れ。
リボンの補充には気を使っているし、経費として請求もしてみた。

一方、最近はパソコンの達者な老人も居るし、
市役所側も、なるべくメールの往復をしたいらしくて、
議事録などは、A4で、4枚分ぐらいにもなる。
訂正して送ってまた送り返してきて・・・・
仕上げを印刷したり、それをコピーしたりで印刷機の黒インクがすぐ減る。

まあ、そんなわけで、昨日は、藤沢のビッグカメラでインク購入。
ポイントカードを失くしたので、また作ってほしいと申し出たら・・・・
「スマホに入れたほうが良い「」と店員さんがしつこい。

ああ、またややこしい。
ああだこうだと、言われるがままに打ち込み、
やっと、ぶじ、スマホにBと。
「スマホも使いきれてないのよ。年寄りには辛い時代」と嘆いたら、
「いえいえ、お上手ですよ。ポンポンと指先も軽く、的確で速い・・」とのこと。
あれまあ、誉められちゃったヨ!

キーを打つのが、のたりのたりの老人客相手でも
スマホに入れたがるということは、お店にとって、何か良い事があるんだろうか。

さて、二階から、外に出ると、にぎやかなこと!
藤沢駅直結のサンパール広場で、プロアマ合同のジャズフェステイバル。
係員の誘導で、密を避け、消毒して・・・聴衆も、そこそこ入っている。
想いなしか、やっぱり老人が多い。

IMG_20201107_121703.jpg

【さいかやデパート】のテラス席でラテを飲みながら拝聴。

00000IMG_00000_BURST20201107.jpg

増えてきた観客と、愉し気なラテンのリズムを後にして、
JRで一駅、大船まで乗って、レッスンの予約を入れて、帰宅。
自宅を出てから、バス、電車、を乗り継ぎ、
(藤沢も大船も、メインステーション)。
広い広い駅の、階段とコンコースの右往左往が腰に来るのを我慢して。

良く歩いた!と言っても 6800歩!










優先順位・・・

  


先日、自分の価値観を押し付けるなと、友人に言われて・・・
相当落ち込んで、反省して・・
それなのに、また、やってしまいました!


約束が重なったとき、どっちを優先するか?という問題です。
ダブル・ブッキングする自分が一番悪いのですが、
加齢による記憶違いもあり、あるいは、突発的に用事が入ったりしますよね。

私の基準は、居ない事によって、迷惑を掛けそうな事を優先します。
つまり・・・多数の友人によるグループ関係の約束を。

趣味のクラブや町内会などなど、余り親しくない方たちとの
グループの食事会など典型ですよね。
ソリャ、自分一人いなくても良さそうだし、
会費をきちんと払えば、迷惑かけないし、

そうなんですよ、確かに。

でもでも、私は、グループ行動を優先します。
親しくないからこそ、甘えたくないのです。
お金には関係ありません。
理由は・・・とまで言うと、押しつけになるから、ここに書きませんが。

昨日、ついつい、言ってしまいました。スミマセン。

でもでも、つらつら考えるに、
仲良しで長くお付き合いさせていただいている方は
私と同じお気持ち‥・価値観だと思う。
ドタキャンをされたことないもの!

もちろん、御葬儀やご病気や、重大事の前には欠席も当然あり得ます。
そうでない場合なら・・・・ドタキャンはしないなあ。
体調に自信が無ければ、始めから、参加できないと諦めます。
突発的用事なら、なんとか、やりくりする。
やりくり出来ないなら、可能な限り早めに皆さんに伝えて、詫びる。

まだ咲かないツワブキ・・・・去年のこの日は黄色い花が・・

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (0A9)



12月友人のコンサートと老人会の三役会開催日が重なりました。
三役会のほうが、後から出てきた日時です。
「日時を変えて欲しい」って言ったら、「休んでも良いよ」ってさ。
そうなんだ‥・居なくっても良いんだ・・・それなら「欠席します」です。
一か月先のことですから、準備も可能ですし、迷惑ではないし。

おかげで、銀座タクトのコンサートに、心置きなく行けます。
ついでに、10か月ぶりの銀ブラも!

 




西条柿

   

珍しい柿を頂きました。初めて見る柿です。

『ふるさとの味です。どうしても食べたくてネットで購入して・・』
とのメールつきで、届きました。

きれいな色、なんともいえない優しいフォルム。
お味は・・・爽やかな、その上深い甘みがあって、
柿独特のエグ味が無く‥・しゃれたフルーテイーな香りでした。

0010と、0lrPORTRAIT_00100_BURST2 (0A7)

検索すると・・・
渋抜きしたとたん、最上級の甘さを持つ柿になる西条柿。
この西条柿を新鮮な状態で味わいたい場合は、現地まで足を運ばないといけないため、
かなり希少価値の高い柿といえるだろう。
もし、食べる機会があった場合は、ぜひともその甘さを堪能してみてほしい



産地は、広島、島根、だそうです。
彼女は‥・島根の出身。

故郷の味、しかも飛び切り上等の柿。
この季節になれば、何としても食べたくなったでしょう・・・
ちょっぴり、ノスタルジアも在ったかもしれない。
お気持ちがしのばれます。

貴重な思い出、御馳走様でした。



アジアンタム・・・

  


家の裏口に通じる細い土地一杯にはびこるアジアンタム。
切り売りしたら、かなりの値段になるなあ。。と、計算高い。

IMG_20201104_105224_20201105085100947.jpg


ま、こうなると唯の雑草。
植木屋さんが刈り取ってくださるのですが半年後には
立派なグランドカバーとなっています。

10年ぐらい前は、欲しい人に、植木鉢にいれて差し上げていたけど
もう、シダ類の持つ根っこに対応する体力が在りません。
繁茂に任せるしかない。


それと、姫蔓蕎麦・・・これも蔓延りますねえ。
ピンク色の小さな花は可愛いですが・・・根っこが勁い!
塀の外にまで伸びていきます。
00000IMG_00000_BURST20201104_2020110508510133a.jpg



強い物が生き残ります。植物界も同じです。
ヒメツルソバが蔓延るたびに
捩花(文字ずり草)が姿を消し、数十年間早春に咲き続けた鈴蘭も消えました。
当然、父が丹精込めた芝生など、葬儀後、数年で全滅でしたよ。
適所に繁栄する・・・のは何事も同じ?
米国の選挙と同じ、迷惑だろうが嫌いだろうが、根が強い。

いやいや、他国のことは、海の彼方の人々に任せて、
今日は、我が狭庭の、グランドカバーの変遷を一席。





 

【ジュ・テーム】 ♪ 邦題は【砂の嵐】

  



この冬、コロナ騒動の前にいただいた曲です。
半年、体調不良を理由に、手付かずのまま・・・・怠けていました。

「je t'aime」=ジュテーム=愛している
10年余り前には、ララ・ファビアンも、『je t'aime』も、日本での認知度は皆無に等しかったが、
最近では、いくつかの日本語詞でも歌われるようになった。


青木先生にいただいた歌詞は、朝吹タツヤ氏の訳詞です。

砂漠の彼方に消えた恋、
焼けた砂の風が吹く
・・・と続きます。

激しい恋の別れですが、
もっと抑えたトーンで,追憶として歌おうと思います。
ジュテームからのサビも、もう少し穏やかに?
キーも下げないと・・・

私らしく、静かに唄うか、
歌詞やこの歌を創ったララ・ファビアンに倣って、激しく唄うか?
深く沈潜した情熱を表現したいのですが。

絵画も、作陶も、俳句も和歌も、作者の人柄と人生が出てしまう。
表現は全てそう言えるかもしれません・・・・怖いです。


だからこそ、楽しいし、面白いのでしょう・・。





 

11月の海・・

  

海はもう秋 誰も居ない海♪

とはいきません。
いつも、冬も賑わう海です。

私は、季節を問わず、稲村ケ崎からの風景が一番好きです。
子育て中も、仕事に追われる日々も、
夫の闘病の日々も、
車で、ここまできて、眺めていました。
このお写真は【鎌倉大好きクラブ】の方から拝借です。

お友達には、車で、お連れしてでも、紹介するのですが
火野正平さんの【こころ旅】神奈川県の巻の時、
応募しました・・・・見事に、不採用でした!
もっと熱を入れて、個人的特別な思い出を書かないと駄目かなあ。

クリックしてください。大きな写真になります。
123334281_3150821821712471_1144746464362510763_o.jpg


唐突ですが、先月、原宿のコンサートに出て、
はじめて東京の青木先生の生徒さんたちの歌を拝聴し、
なんとも大きな刺激を受けました。

まだまだ頑張ろう!ッてね。
皆さんの発声の良さ、
声に緩急大小をつけた歌詞世界の鮮明な表現、
肥っていても、老いていても、痩せていても、
自分をそのまま体ごと表して、隠さず、ステージに立つ姿、
なにより、歌を愉しんで、堂々と歌う姿勢・・・
全て、諸々に刺激されました。

半面、なんとなく、自意識過剰な自分に少々嫌気もさしたりして・・・
この半月を過ごしていましたが、
11月の抜けるような青空を見上げて、ふっと、思いました。

あと数年かもしれないけど
心新たに歌にとり組みたいなあと。





 

晩秋・・・

  

綺麗な秋の陽射しのなか、
鎌倉駅そばの皮膚科から,、老人会の用事で、大町を歩きました。
懐かしい生地店【スワニー】など見つけて・・・午前中の軽い散歩。4000歩。

午後三時の晩秋のひかり もつとも美し   金子兜太

夜、待ちに待った満月!
4月のスーパームーンは1年のうち最も大きな満月でしたが、
ブルームーンは、地球から最も遠い満月で、今年最小。
然も、10月の2日も満月でしたので、一か月のうち二度目の満月。
その月をブルームーンて呼ぶとか‥・・Yahooで検索してみました。


東方向、真向いの常盤山から、昇ります。7時前。
00000IMG_00000_BURST20201031.jpg


確かに小さいけど、その輝きは素晴らしい。
四方八方に光が伸びて・・・

パジャマのまま・・・道路に出て中央の坂道からスマホで。
お月様の右上、屋根の上の小さな白い点は火星です。
(青い点は‥・スマホ上の何かの反射?)
IMG_20201031_175130_20201101120440d28.jpg

防犯灯が明るすぎますね。
数年前、Led電球にしたら、いよいよ明るくなりました。

11月、晩秋。気温が下がり乾燥がすすみます。
コロナウイルスが復活する予想もあります。
気を緩めずに・・・・マスクとデイスタンス、窓開け、三つを頑張りましょう。

そうそう、ご報告、慢性蕁麻疹は治まった様子です。
昨日、医院へ薬を頂きに伺ったんですが、
ふと、思いついて、昨夜と今朝、薬を飲まないで居ます。
全く、痒くならない・・・・