FC2ブログ

草笛日記 どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

マスク談義・・・

      


この春、まだマスクが手に入りづらい頃、
ご近所の若い友人に手作りマスクをプレゼントしていただきました。
「布に銀糸が織り込まれていて抗菌性が高い」とか。
それに、模様がとても素敵なので、ここぞという場所で使うつもり。

ミューファンという生地だそうです。
キラキラ光ります。

2020060308561848f_20200730171535224.jpg

同じ方が、今度は夏用にと、また持って来てくださった。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (068)


表地・・・《光触媒キャットライト》 抗菌、UVカット、消臭効果
裏地・・・《クレンゼ》99%の抗菌効果。いくら洗濯しても持続性がたかい。
ブルーのストライプ、すっかり夏気分です。
私世代が知らない、いろいろな生地が出ているんですね。


先日のテレビ番組(林修先生の…)で、マスクの適材適所をやっていました。
抗ウイルス効果は・・・いわゆる不織布マスクが一番、
着けたときの冷感は、ウレタン・マスクとか。
確かにウレタン製は、付けたとき、ひんやりするし熱もこもらない。

でもねえ、
顔に付けるのですから綺麗なものが欲しいですよね。

他にも、遠い土地の公文の先生から、また、オーボエ奏者の若い方から、
思い思いの、素敵な手作り柄マスクを頂戴しました。
お陰様で、お化粧もアクセサリーもしないで、
綺麗な柄マスクに任せ、スッピンで過ごす日々です。


最近、夏になっても、マスク着用が必須になって気づいたこと。
口元を隠すのは良いとして、その分、目元?と思うでしょ。
其ればかりではないのですよ。

夏服になったからこそ、目立つのは、
首!
襟がなかったり、首回りが広くなったせいで、
首の筋というか・・ようするに皺が目に付く。

最近、小池都知事のレースのマスクの下、
深く刻まれた首筋が気になっていたけど・・・他人事ではない。
自分こそ、クワバラクワバラ。
かといってスカーフ巻くのは‥・暑いしねえ・・。
ネックレスも重いし・・。なるべく襟のついた服を選ぼうかな。


暑い日は、薄曇りでも日傘差して、マスクを外して歩きます。
すれ違う折には、傘で他人様との間にバリアーを作って。。。
勿論、手には、マスク持っています。





スポンサーサイト



世が世なら・・・

    

火曜日のお話。

買い物は一週間に一回は行く。
ようするに食料と生活雑貨。

今日はその上に
A4のコピー用紙500枚の一包みとワインと洗剤と漂白剤とが加わる。
重い?

覚悟して、一年ほど前に買った、買い物カート持参で歩く。

DSC_0266_202007300943210d8.jpg

はた迷惑ではないかと、今まで使用したことなかった。
雨が上がっているので、運動代わりに歩こうかと取り出したわけ。
やっと、往復4000歩?

でもでも、歩くったって大変。
鎌倉市の道路行政はなってないから、狭い。
歩道がない。
白線で画した歩道?らしきものは、Ⅰm幅も無い。

そのうえ、狭い舗道は、側溝のコンクリート製の蓋の上だから穴だらけ。
重いカートの車輪が引っかかる。

さすがに、歩きあぐねて、車道に出れば、
対向する車や自転車を、立ち止まってやり過ごすしかない。
住宅地の坂道にくれば、押しながら,引きながらの悪戦苦闘。


なんだか寂し気なハイビスカス・・・梶原口理髪店で。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (062)


世が世であれば、
78歳の婆は、どっしりと家に構えて
買い物は、お手伝いさんや、お嫁さんの仕事とばかりに
【おしゃもじ】渡して、のんびりすれば済むものを。

思い出せば、たった二十数年前まで、
基本的な食材は御用聞きが家々を回って
米屋、酒屋、肉屋が、運んでくるものだった。
お魚屋さんも・・・ちわ~!って、それぞれ週二回ぐらいは来てくれた。
お野菜も、オート三輪の荷台に積んで、八百屋で~すって。

寿命が延びたって言ったって
生きていくための苦労が、際限なく増えたというのが現実。
パソコンでの買い物は、若い世代のできること。

私同様に、カートを引いた婆や、
ステッキで半身を支えながらの買い物姿、
手を繋いで、品物を選ぶ、どうみても90歳代の老夫婦、
広いスーパーで右往左往する、それぞれの姿を見るのも、物悲しい。

今、安楽死の話題がニュースになっているけど、
ふっと、【死ぬ権利】だってあるだろうに、とおもいつつ
とぼとぼと、重いカートに振り回されながら歩いたということの報告。

かといって、紀伊国屋で散見するような、
タクシーで来て、買い物が終わるまで待たせたり、
店にお金を出して自宅に配達させるほどの余裕も無い。

やっぱり、買い物は車で行くしかない。
免許返上は・・・・事故るまでしないよ!




コンサートのお知らせ

  


チラシ…だいぶん前に出来上がっていたのですが、
次々と、予定されていたコンサートが延期や中止になっている今、
九月実施とはいえ、お知らせして良いものかと悩んでいます。

でも、延期ならまた直前にお知らせも出来ますので
ひとまず、こんなチラシです・・・
本当は【青木fuki先生と、生徒たち】です。
仲間だなんて、面映ゆい。畏れ多いです。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (061)


相変わらず不肖の弟子。
言い訳ですが・・・・難聴も進んでいるし。
一月の眼の手術の効果で、眼は良くなりましたが、
老人性難聴にも良い手段が有ればね・・・

音楽にとって耳が遠いって、けっこう厄介です。
音程差に鈍感になり、伴奏が遠い・・・。
先生のご注意も聞き逃すしね。
え?え?って、聴き返すから、たぶん、御面倒だと思う。
情けない事この上ないです。
この趣味は、座ってでも可能だと思っていたのですが、
敵は、意外な場所に在りました。(^_-)-☆

それでも、一夜漬けは、子供の頃からの倣い、
なんとか最後の力を振り絞ります。

歌う曲目、第一部では、二曲。
【雨のタンゴ】と【哀しみのソレアード】。
失恋の衝撃を激しい雨に託したタンゴに挑戦しています。
二曲目、恋人がもうすぐ去ると悟った哀しみを淡々と。
第二部では、
ミュージカル、《エヴィータ》より【泣かないで、アルゼンチーナ】一曲を。
《キャッツ》の【メモリー】につぐ持ち歌に出来たらと頑張っているところ。


会場は大船のレストラン。換気も良いし
オーナーが、お客様は少なくするとのことですので・・・大丈夫かと。

第三波が来たら・・・中止になるかもしれません。

確約していただいた数名の友人にだけお知らせするべきですが、
まあ、私が、
コロナにもめげず、老化亢進の中で、なんとか歌っていること
今日は、お知らせまで。

朝から雨です。東北、新潟、山形を想えば、
ジメジメするなんて文句言えませんね。

午後からは、老人会の予算等に関する会議に出かけます。
各地区の老人会活動は皆無。三密を避け得る会場が無いのです。
市も、コロナ対策への多大な出費により、老人関係へは厳しくなっています・・・
対応に頭を悩ませて・・・・何とか良い案は無いかと。

唄っている場合じゃない?かもね。







 

コロナ禍のなかでパリっ子が・・

     



ロックダウンや自粛自粛の中で
いつもきちんとした装いをするパリっ子たちに大変化が。
すなわち、おしゃれに関する想いや行動が変化したそうな。

そりゃそうだわね。
誰にも会わないから普段着・パジャマ・ジャージーで済むし、
よしんば、出かけてもマスクするからお化粧しないし。

それでね、
お化粧品が売れ行きわるくなり
それにつれて、きちんと外出着を着ない。
アクセサリーを付けない。
パンプスを履かない、運動靴になり、
あれやらこれやら・・・・おしゃれの意識に大変化とか。

それにしても、
ルーズで、楽な衣服の心地よさに目覚め、
なんと!、ブラジャーを付けなくなったんだって!!


( ̄∇ ̄;)ハッハッハ。我が意を得たりさ。

昔、昔、祖母や伯母たちを思い出しております。
老いて、窮屈な衣服はご免こうむりたいですよね。


千両の実です。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (061)


まあ、アメリカ女性は、前からノーブラで、
いかがなものかと思っていたけど、
そうよ、男女平等に
ノーブラでいきましょう・・・・
って、私自身にも大変革。
イヤリングをはじめとしてアクセサリーを忘れています。




 

呼吸法・・・

      



ホントに、久しぶりの晴天です!
18日ぶりとか・・・

すっかり夏の光です。
嬉しい!

早速、先日習った呼吸法をやってみました。
外に出て、なるべく早朝に、御日様に向かって、7回深呼吸します。
フォームは自由です。
吐く息を意識して‥・
思い切り、ゆっくり、たくさん吐けば、吸うのは躰に任せます。
自然に、深い深い呼吸になります。

これを続けると精神的にも肉体的にも良い事ばかりと。
そうでしょうとも。
ナントカ健康法には抵抗感ある私もこれには納得。
御日様は万能ですものね。
全ての命は御日様在ってのこと。

教えてくださった方は25年間以上実行しているという老紳士。
70歳代と思いきや90歳以上ですって!
矍鑠としている90歳以上の方には結構お会いしますが、
この方は、優しく穏やかで・・・嫋やかなの。
ひょいひょいとした軽やかさも・・・。
この呼吸法の正しさを体現していらっしゃる。

きっと、御日様のエネルギーに満ちているのでは?
と思いたくなりました。
深呼吸のために庭に出たのでそのまま、門を出て近所を一周。


あれ、蚯蚓さん。夫婦で日光浴?
IMG_20200726_103204.jpg

其処此処のお家の庭でも、木々の徒長が目立ちます。
雑草ばかりが生い茂り丈高くなっています。
わが家も手が付けられません。
はやく植木屋さんを見つけなくてはね。
贔屓の植木屋さんが加齢で廃業してしまったのです。

あ、新築のお庭に綺麗なお花見つけました。
匂いゼラニュウムの一種でしょうか。可憐ですがたくましそう。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (05B)


梅雨明け宣言は未だ?。
ええ?明日も降るんだって、お昼のニュース。





梅雨・・・いつまで?

    


鎌倉は、晴天率が高く、梅雨と言っても
例年ならあまり意識しないで過ごしてきた。
帽子が有れば、傘が無くても済むぐらいの意識だった。
わが家は、ちょっと高台で、日当たりが良いせいもあるけど。

今年はどうしたんでしょうね。
小雨、長雨、続きます。
決して豪雨とかではない。
パラパラッと、手を差し伸べて確かめる程度。
時どき晴れ間も見せますから・・・

ただ、湿気が強く、例年の様子と違う。
食器戸棚の奥に黴を発見、吃驚!
何だか、あっちこっちが湿気ている。
コロナ用の噴霧剤で、黴予防をしようと午前中は大奮戦。

そういえば、東京西部から引っ越してすぐに
洗濯ものが、なかなか乾かないことに気づいたなあ・・・
しかも、夕方まで干していると、海風を受けるのか再び湿る。

東京にいたときの、夜干しなんてとんでもないと思ったものね。
ながらく、鎌倉の湿気の多さを忘れていた・・・

この二週間、乾く暇のない庭に実生の山椒と虫食い青じそ。
麺類の薬味に大活躍。有難い。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (05D)


暑くても良いから御日様かんかんの日が来ますように。
 

ついでに、柏葉アジサイの切り残し・・・
少し変色して・・・枯れもしないし、落ちもしない。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (05B)







猫みたいな女性・・・

   


2020年7月20日-横浜市にある米軍施設の跡地に
東京ディズニーランド級の大型テーマパークを建設する構想

が浮上しています。
コロナ禍第二派到来で、マスコミも、大きく取り上げている中。
こんな情報がちらりと流されていました。。

横浜港近くの広場に
安倍内閣先導のもと、カジノ・パークを造ろうとしている横浜市。
過日、討議集会では、反対派の意見を黙殺しました。
林文子市長。
「何たること!」と、私が嘆いていたのが半年ほど前。コロナ以前です。

今度は米軍跡地にテーマパーク

林文子市長は、学歴にこそ、恵まれていないけど
その職歴は綺羅星のごとく。
重に自動車関連の大企業のトップとして次々と渡り歩き・・
売り込んだのでしょうか、
失礼、引き抜かれたのでしょうか・・・大成功し、
民主党から政界に乗り出した女性です。

gvdcrfdcff-cvgy.png

非常に女性的で、若い時はさぞかし魅力的だったかと想像します。
今も、オシャレで、明るく優しい市長を演出しています。
そのうえ、人を惹き付ける人柄だそうです。
ベンツの売り上げ成績一番だったそうです。

でもねえ、市長になってからの人柄は良く解りません。
だいぶん前、美容院代、30000円数十回分を市の経費として挙げて話題に。
彼女の市政が話題になったのは、この二件の遊び場所設立案件。


欲しいものは甘えて、かならず奪取。
常に、生きるに最適な場所を求める。
獲得すれば、安穏とせず、より一層良い場所にぴょん跳び、
義理も過去の恩義もあらばこそ。
いまや、自民党の後押しを受けています。

猫みたいっていうのが私の印象です。
00100lPORTRAIT_00100_BURST20 (2)


毎日毎日コロナ禍の苦しみが世の中を席巻している今、
遊び場所を造ろうという企画を表に出す神経って理解不能。

せっかくの空き地、緑豊かな公園にするとか‥・
疫病対応の隔離病院や研究所とかを造りたいでは無いですか?
観光に力を入れている安倍内閣の意図と繋がっているのでしょうか。
初代女性首相を目指すにはちょと御歳が・・73歳。

さりながら、コロナが終息したとしても、
もはや、観光立国なんて存在可能でしょうか?


あれ?
私は横浜市民ではなかったね。
余計なお世話でした。



  

人それぞれなんだ・・

   


全国的に
感染者数がどんどん増えていきます。
私自身、
一度緩んだ警戒の気持ちが、元の緊張感には戻れません。

「このぐらい良いよね」の掛け声で
レストランにも行くし、歌のレッスンにも行く。
勿論、重装備です。
マイ・マイクだし、フェイス・シールドを付けるし・・

長引く梅雨空の中、冷房が効きすぎたのか風邪気味。
今朝の咳込みで、窒息しそうになった。
「あれれ?感染したかな?」ってすっごく不安になって
ここ二三日の我が行状を点検し、なぞってみる。
いつ?何処で?誰から?
どうしよう、怖いよ~。


せき込んだのは朝だけだし、倦怠感は、いつも通りだし、
こうしてブログ書こうという意欲もあるし、
ま、コロナでは無さそう。


【7月には終息して、ほぼほぼ普段通りになる】
と、思っていたんだけど・・・。
この有様では、秋に入っても終息は無理だろうな。
オリンピックだって、出来そうもない?

GoToキャンペーンなんて、どこか遠い話題。
神奈川県民だけど、半分都民意識もあるから
「失礼しちゃうわ」とも思う。
そうよ、何処にも行かないし、来てほしくもない。

観光業、遊興業、潰れそうだからって・・・?
大袈裟に騒ぐから、政府は、やけに保護する。
観光や、遊興は不要不急の最たるもの。
まずは、実業を支え、回復してからの遊び事。
要するに、このリスクを、虚業故にと諦めるべき。
ハイリスク、ハイリターンの業界でしょ。


それにしても、吃驚したのは、この期に及んで、
「観光クルーズ船に乗りたい」と言う人が居ること。
船内の三密状態と、未だに高い罹患率を考えれば
まだまだ危険でしょうに。
この懲りない精神は何処から来るのかね。

実は・・・ほんの三日前に知ったのだけど
知人の御主人が、例のお船で感染し,
三月の末に、亡くなっていたとのこと。

クルーズを毎年楽しんでいらしたことは知っていたけど
まさか、あのダイヤモンド・プリンセス号にご乗船だったとは!

あれから半年もたっていないのに、
クルーズの業界、もう、大募集している。
当のダイヤモンド・プリンセスもよ!。
犠牲者を想えば、一年ぐらい、営業自粛すべきではないですか?
いったい何を考えているんだろう?

世の中って、本当に、さまざまな人たちが居るんだよね。




 

議事録・・

   

youtubeには昔の賢人の格言というか
【ちょっと良い言葉】が、かならず登場します。
曰く、「腹を立てては損」
曰く、「悪口は言うな」ってね。
馬鹿な私は、読むたびに反省するのです。
でも実行は、難しい、なかなか出来ませんよ。

みらいふる鎌倉は、毎月【三役会】、【役員会】、
二つの会合をします。
役員では無いのですが・・出席して末席に並び、
総務部部長として、司会進行をさせていただきます。。

同じ議題の討議を重ねて、
やっと、各地域の老人会長が集合する
【月例会】に臨み、またもや、司会進行を。
しかも、会議場の設定、机、椅子、名札の準備までも総務の仕事。
そうそう、小使いさんのようなもの。

計、毎月、三回の会議!
まるで、一流会社の組織さながらでしょ!
老夫もちの婆の仕事としてはハードと思いません?


さてさて、会議は無事終了したものの、
その役員会には議事録とやらが有ります。
私より若い書記の方が録音テープから起こしてまとめ、
まとめた初稿がパソコンメールで私のところへ。
殆ど完成しているのですが、念のため、
総務担当の役員と相談し、添削し、印刷します。

さて、早くも、7月議事録が完成したので、やれ嬉しや、
昨日、猛暑の中、署名人二人の認め印を頂きに上がり、
整った書類を、市役所の「活き活き高齢課」へ届けました。

一気呵成に、一仕事終了とおもいきや、
議事録上の、市役所用語のミスや内容追加を指摘されて、
今日、ただいま、再々再度、打ち直して・・・印刷して・・・

さて、また、認め印をもらいに?
あのさあ、この時代、テレワークの時代、
まだ認め印が必要?

00000IMG_00000_BURST20200720.jpg
何時も通る外科医院への道で・・

私、こんな面倒なこと出来るんだったら
時給10000円の仕事、
引退なんかしなかったのに。


交通費1000円頂くのみのボランティアと覚悟しつつも、
たまには愚痴る!
 




女三代・・



昨日は思いついてアルバムの断捨離へ。
家族写真・・・へえ~って、いまさらながら見とれました。
だって、記憶にないのですよ。
いつも忙しくて・・・・出来上がる頃は一瞥、後は「はいはい」でした。

これは私が7歳ってことはないよね・・あるお正月。
父と継母と。私の着物は実母の羽織の作り直しです。
継母は和服が好きで、父が亡くなるまで和服で通しました。

当時は写真館で年に一度は撮っていたような・・
戦後、昭和26年頃かも。

IMG_20200719_084054.jpg

娘、成人式の写真。振袖は勿論私の見立て。
格式ある昔風の黒地の振袖。昭和64年?
目元は似ていないけど…頬の線が似てますかね。
今や、キャリアウーマンのまま50歳です。

IMG_20200719_083843_20200719163109f7e.jpg



そして・・・孫娘です。七五三。
八幡様へ行ったら、品の良いお婆さんに褒められました。
今風ではないけど正絹の中振袖。この着物は継母の見立て。
成人したら色無地にでもと言っておりました。
孫娘、もう23歳かな?

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (057)


女三代・・・似ていませんが雰囲気は似ているかも。
仕事の忙しさにかまけて・・・写真をしっかり見もしないで
本箱に入れっぱなしの自分を深く反省しました。

特に、心配を掛けたことの無い出来の良い?娘には
無造作に対応してきた事が悔やまれます。
娘が、「家庭と仕事は両立できない」と言うわけ。
我が人生、唯一の悔いです。

それでも、みんな無事育ってくれて…感謝です。
ありがとね。





ビタミンカラー



         
ビタミンカラーなる呼称を知ったのは去年。
オレンジ色やレモン色、要するに柑橘系果物の色でしょうか。
でも、生き生きとした色への敬称として私も使っています、時々。

脱臼骨折も癒えて・・レントゲン・・残るは筋肉の硬化。
万歳や、背面合掌をはじめとして、すっかり左手が不具合です。
要するに動かすと痛い。
そんな訴えに、リハビリの指示。

整形外科医院の二階は広々として、スタッフがたくさん居て、
気持ちの良いリハビリルームです。
20っ分、しっかりマッサージしていただいて
家庭での動かし方を指導してくれて・・・260円!て
申し訳ないぐらいお安い・・・健康保険様様。


ありがたくて、毎週通います。この一か月は週二回も。
しかも、嬉しいことに、
その往復の道路沿いで、たくさんの草花にであいます。
今日、咲いていたお花はグラジオラス。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (055)
若いころは、オレンジ色は、けばけばしいと
あえて好きではなったのですが、元気が出ます、この色!


蕁麻疹も少し治まってきました。
原因は不明ですが、身体が敏感になりすぎているらしいです。
切っ掛けは、マンゴー?
脊椎狭窄症以来、すっかり臆病になって・・・
医者通いが日常。

歩いて、歩いて、美しいものだけを見て暮らそう
こう書くと、「病院通いで遊んで・・だから老人は。。」って?
そうそう
長い間夫婦で、高額な保険料の天引きを見ながら
同じようなことを呟いていました。

痛く無かったら、具合悪く無かったら、
好んで、誰も病院なんか行きません。
自粛期間中の患者さんの少なかったこと!
おかげで、すいすい受診し、加療され、幸いなことでした。

確かに無駄な通院もあるでしょう・・
さりながら
頼るものも居ない老々介護の昨今です。
早めの治療を心がけ、精神的安定を求める。
老人の必死の想い。今解りました。
昔々から、皆が言いうところの
【いずれ行く道】を。





コロナの中で思う事

  

昨日ね、若い友人にお世話になったので
藤沢の鉄板焼きのお店にお誘いしました
本店より格は落ちますがそれなりに・・・

お若い友人、可愛さの中にも凛とした物腰が好ましい。
それもそのはず、はや、還暦ですって。
還暦のお祝いにも・・・。

せっかくお誘いしたのだけどがっかりでした。
あのお店は、ほどなく閉店でしょうね。
これもコロナ禍の影響でしょう。

ランチコース・・・五月に夫といった時とは様変わり。
お肉はともかくとしても、付け合わせのお野菜が・・・
ニンジンとジャガイモのグラッセが、小さい小さい。
殆ど四分の一以下?
この付け合わせが美味しくて、お誘いしたのに。

野菜サラダ・・・量が減っている。しかも・・・虫!
小さな芋虫の類。全部食べた後に見つけました・・・
文句も言わず、
デザート・サービスの時、優しく指摘して、虫ちゃんを見せました。
厨房での洗いが杜撰だったのか、ほんの2㎝の芋虫、仕方のないレベルか。
神経質な人だったらキャーキャー言うのでは?

「改めてサラダをお出ししましょうか」って、もう食べたくないよ!
ヤギじゃるまいし、生野菜をそんなに食べるかって。
「では、デザートを三つ取っても良いです」って、
子供じゃあるまいし失礼な。良いですって?何!

友人の前で難癖をつけるのも嫌だったし笑顔で我慢我慢。
でもさ、お会計で少しはサービスするかとの希望的観測は?
まったく、虫ならぬ無視!まあそんなもんかと。
基本、私は良い格好しいです。😂

家に着いてから、だんだん腹が立ってきて・・・
チェッカーさんは謝りもしなかった・・のよ。

こんな経験、いくつかあります。
例えば・・
ウールスチールたわしの小片がはいっていたり、
コーヒーカップが汚れて居たり・・
こういうとき、お店の対応が見せどころですよね。

このお店、ついに、保ちきれずか、
急激な質量サービスの低下を見せたわけ。
想いなしか、店員さんの質も?
だめだよね~!
こういう時期だからこそ、一層の質を保たなければ。

もう、そういった心遣いさえできないほど?
看板も白くなっていたし・・・・
残念です。コロナ禍をひしひしと感じた次第。
しっかりとしたお店が無くなっていく・・・寂しいです。


三年前の俳句です。

狭庭にも万緑満ちて巴里祭
夏バテを猫に問いつつごろ寝かな


00100lPORTRAIT_00100_BURST20 (2)
  


 

【巴里祭♪】

    

別府葉子さん、関西在住。お料理もお上手。
若いころの姿のパワフルな雰囲気にも惹かれました。
御歌はもう、そりゃ、素晴らしいの一言です。




昨日は巴里祭でした。
すっかり忘れて・・・焼肉食べるなんて恥だわ。
この曲は映画の主題歌らしいですよ。
巴里の歌は数々あります。
曲名を覚えきれないのですが
伴奏に弦楽器を加えると・・・パリらしい雰囲気になる。
というのはわたしだけかも?


映画の原題は、端的に「7月14日」(Quatorze Juillet)。

この映画に【巴里祭】と邦題をつけたのは、あの川喜多夫妻。
以後、フランス、革命記念日を
日本では巴里祭というようになったとか。
 

また、パリへ行ける日が来るのかしら・・・?






外食・・

   

我が夫さんは外食が嫌いです。
コンビニ弁当など知りません。
コンビニはタバコを買うためにのみ行きます。
外に出たくない理由は言いませんが、
たぶん、勤め人時代に、嫌というほど
外食だったからでしょう。
バブル全盛期ですもの
夜毎、赤坂、銀座、の高級店での接待の席、
昼なら、会議中なら店屋物や、仕出し弁当、
同僚と近くの食堂でのランチの日々。

ただ、焼き肉店とお寿司屋さん、そしてラーメン屋さんには‥・・
時々行きます。
私が、家庭で作れないからです。

今日は久しぶりに焼き肉店、【羅生門】でランチ。
和牛高級ロースのランチ・・・一人前1750円也

IMG_20200713_115132.jpg


【食事は主婦が作るべし、外食などモッテノホカ、
丼物や汁掛け飯は品が悪い、蕎麦うどんパンは代用食】
が、明治生まれの父の言葉。

いま、ファミリーレストランで、子供連れでの食事風景を見る度に
思いだしてしまいます。
勿論、私達にも、父の主義は今や通用しませんから
孫や子が来れば‥「どの店へ行こうか」と詮議が始まります。

でもね、ふっと、後ろ暗い思いもあるのです。
六人分ぐらい、私が作ればよかった!と。
孫息子は「バーバのご飯が美味しい」と言ってくれますから。

ただ、私が台所で右往左往すれば、
お嫁さんも落ち着かないだろうと・・・考えすぎ?
いえ、怠けたいだけの言い訳です。
要するに、中途半端な良妻賢母感覚です。

そうそう、焼肉定食、お値段相応、中途半端に美味しかったです。
台所に立たずに、挙げ前据え膳、ありがたいです。
さりながら
「このお金で良いお肉を買って・・」って、後ろめたいのは相変わらずです。









菊と牡丹

  

バス停常盤口、民家の塀の下、
懐かしいなあ・・・松葉牡丹だ!
子供の頃の夏の風景には、松葉牡丹がいつも浮かびます。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (055)

でもちょっと違うよね。

念のため、調べたら、なんだ、マツバギクでした・・・。

でもこのピンクが素敵ですよね。
青味がかったピンクは好きな色です。

昔、まじかに見た花々が、どんどんなくなり
西洋風の姿になっています。
朝顔でさえ、ブルーヘブンに占拠されているし。
ひまわりは、小さな顔になっているし。
コスモスはすっかり見かけません。

寂しいと思うのですが・・

そうそう、これが松葉牡丹。
ネットから頂いた画像です。

portulaca-g_n01.jpg

やっぱり、花冠が違いますね。
菊と牡丹。
牡丹のほうが愛らしいけど菊の方はモダン。






 

鎌倉老人会連合、【みらいふる】

  

仕事を、72歳でリタイアーしたのですが、
老人会関係の用事のカテゴリーは仕事。

昨日はフレイル(劣化)予防のイベント。
三密を避けてのこと、会員さんを誘って良いのやらいけないのやら
おずおずと実施。
鎌倉市肝入りのイベントですので・・・頑張りました、役員さんみんなで。

IMG_20200711_093919.jpg

参加者は結構いたのですが前の方の席をみんな避ける。
日本人の悪い癖?
いつも、後ろにばっかり溜まるのが不思議。。
インストラクターさんや司会者に悪いじゃないの。

前から詰めてと声を掛けないと、前に来ない。
特に爺たちが後ろのほうに座るのはなんでだろうか?
後ろのほうが上席?前のほうが上席?面倒くさい?

IMG_20200711_131123.jpg

若いインストラクターさんが凛々しい装いで説明解説をする。
若い人を見るのは気持ちの良いものです。

ちなみに【みらいふる】の装丁額、白地にハトが飛ぶ幕も
権威付けには必需品とのこと。
男性陣は、皆さん、免許返上していますので、
私が一生懸命、車で運びました。

それにしても、マスク越しの声は
マイクを使っても、フェイスシールドにしても
かえって、みょうに籠って,聴きづらい。
4割は何のことやら?とおもいつつ堪えていました。
地声で少し大きめに喋ったほうが良かったみたい。

お話が終われば、
DVDに合わせて、【みらいふる鎌倉】の曲に合わせ
三拍子にうまく乗った、リズム体操を楽しみました。
身体を動かす、栄養を付ける、社会性を保つ
この三要素がフレイル予防です。
まあ、100歳までとして85歳までは自立生活を送ろう・・・
と言うことでしょうか?

三密を避けて、窓を開けて、消毒して、熱を測って・・と
イベントをするのは大変です。
それでも、皆さん参加者も役員さんも気持ちよく協力して
結構、盛り上がりもあったりして、ニコニコと終了!
みなさん、ありがとうございました。

with corona、これが日常になるのですね。





 

小池さん、どうしたの?

   

東京都知事さん、最近元気がない。
経済活動重視の内閣・・政治に押し切られている気配。
溌剌と、【ステイ・ホーム】と叫んでいた頃の勢いは何処に。
再選に圧勝したのだから、都民は貴方を支持したのですよ。

自身のコロナ対策が失敗だったのか?と疑いだしている?
何をどうやったって、この結果は、まだましなのでは無いですか?

経済の損失は眼を覆うばかり。
それは覚悟だったはず。

「夜の街が・・云々」ならば、果敢に【夜の街】をロックダウンすべき。
夜の街こそ、不要不急ではないですか。
夜の街が無くても、都民や周辺県民の99パーセントはちっとも困らない。

何を怖れているのでしょうね。
【要請する以上ば補償する】…は当然。
その補償に対して否やを言う人は居ない。


女性だからこその勇敢さを示して欲しいものです.
選挙に大勝した意義は其処に在るのですよ。

【夜の街】対策にもっと熱を入れて欲しい。


あれ?【夜の街】のドンに脅かされている?
学歴詐称とかいう週刊誌に、しり込みしている?
馬鹿馬鹿しいこった。
大なり小なり、人間生きてくればいろいろあろうものを。
世間は、過去をほじくり返して、何か良い事でもあるのかね。

無題

付けまつげする、タイトスカートを着る、マスク・オシャレをする
全部ひっくるめての、貴方。好きだとは言い難いけど、

其のままで良いいから、開き直って頑張れッ!


11日朝のニュースです。速報が出ました!やっと・・

 東京都医師会は10日、都内で新型コロナウイルスの感染者が増えている状況を受けて、
国と都に対し「感染拡大地域にポイントを絞った補償を伴う休業要請」を訴えた。


free_l.jpg






琴弾橋

   

一昨日、警察署の帰りは、妙法寺さんへ、
そこから少し大まわりして、これも大好きな橋に出ます。

IMG_20200707_150351.jpg

雨のせいで、幾分水量をました滑川に。
周辺の豊かな緑も
立ち並ぶ、おしゃれな邸宅やレトロなお屋敷も目の保養。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2_20200709071850394.jpg

琴弾橋 ことひきばし

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (053)

小旅行をしたような気分。計6500っ歩です。

 


お気に入りは・・・

 

昨日は、鎌倉警察署へ。
並ばされましたが、無事に、後期高齢者免許を更新。

帰路は・・
本当の目的地・・・妙本寺さんへ。
特に今の季節は凌霄花!少々盛りを過ぎていますが、
まだまだ見ごろでした。

00000IMG_00000_BURST20200707_20200708070940b79.jpg

拝観料も取らず、駐車料金も取らず
でも、いつもいつも、清掃管理が行き届いています。
落花を、わざと残してくださったのでしょう

00000IMG_00000_BURST20200707 (002)

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2_20200708071127a32.jpg

駅から徒歩15分、観光客も少ない静寂も楽しめます。
鎌倉へいらしたら、是非是非お寄り下さい。

のん太失踪の原因は・・

  



残っている写真を整理しました。

二代目猫の【のん太】の写真です。
遠くの友人が可愛い仔猫さんを飼い出して、
そのお写真を見ていると・・・・仔猫の愛らしさを思い出してしまいます。
いま、家に居る【いちこ】ちゃんは仔猫ではなかったので。

のん太
赤ちゃんだった頃から、堂々とした猫でした・・・・
五匹生まれの長男です。
親は野良夫婦だったそうですが、
すぐ拾われて大切に育てられました。
そだちが良いせいか、人間を信じて、上手に甘えていました。

IMG_20200625_134301_2020070418591038d.jpg

あっという間に大きくなって、抱っこするのも重い大猫に。
美丈夫、若武者ぶりです。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2_20200704185909a9f.jpg

私も若いなあ・・・


15歳になったころ、急にゼイゼイ喉を鳴らしだし
「あしたは病院ね」といい聞かせた次の日、姿をくらましました。
勿論、あっちこっち探しました。落ち着かない日々が過ぎていきました。


五月に居なくなって・・半年過ぎた11月頃、
私の落ち込みを案じた娘の勧めもあり、保証人にもなってくれて、
保護猫屋さんから貰い受けてきました。それが【いちこ】ちゃん。
そう、65歳以上の人には保護猫屋さんは譲ってくれないのです。
いちこはすでに一歳半ぐらいでした。



さてさて、いちこを貰って、一年半。
四苦八苦の末、やっと馴れたとはいえ、
いちこちゃんは、基本、人間嫌い。
決して、お腹を見せません。
抱っこもさせません。かろうじてすりすりだけ。
それも、私にだけに示す愛情?いえ信頼?
夫にも、たまに来る娘にも拒否反応で逃げていきます。

可哀そうな猫・・・・さりながら、それだけに情は募ります。

00100lPORTRAIT_00100_BURST20_20200704190940213.jpg


のん太!、今も、どこかにいるような気がして
それらしい場所が有ると、ついつい探してしまいます。

今、想うに、のん太は、パパさんが好きで、
(夫には言いませんが・・・一日中、タバコ吸いの夫の傍にいて)
夜も昼も、居間に居りました。
最近、あの煙で肺癌か気管支炎になったのだと・・・・
そう気づいてより、
私は極力、傍に居ないようにしております。

ご主人を最近亡くした方が、お子様たちに
「猫を飼ったら?」と薦められるそうです。
もとから猫好きな方でしたので・・・・
どうなさるかしら?と、ときどき想うのです。
犬の活動量には付いていけませんが
猫のツンデレは・・・老人向きですよね。









 

ランタナみたいに生きよう!





ランタナって、何処にでもあって平凡で・・・・
アップするほどのことも無い・・と思っていました。
花期が長いし、葉っぱが丈夫だし‥・強い花というイメージ

DSC_0246_20200704085722af1.jpg

でもでも温かい花ですよね。
しかもいろんな花色が在るし、一個の花の中にも様々な色が。
強くて、明るくて、微笑ましくて、可愛い花だなあ・・と改めて見てしまいました。

こんな存在って、人にも大切ですね。





メールが入らない・・・



   
23日からメールが入らないので困っていました。
何たること!、プロバイダーが勝手に変わっていたそうです。

今度からniftyですって!

23日から昨日までのメールは何処か、宙に消えたそうです。
たいした用事の有る人間ではないから
友人知人はめーえるが入らないと知って、
お手紙代わりに、きっとスマホで済んだことでしょう・・

何も知らないで…のはずは無いとパソコン屋さんは言います。
変更の忠告画面が出たはずだと・・・知らん!
こんな重大なこと、何度も警告してほしいものです。
今や、パソコンは90歳の高齢者も使っているんですから。


スマホで撮った写真を、パソコンのメールで送り,メールから
デスクトップに上げて・・・・ブログに載せているんです。


いちこちゃん
00100lPORTRAIT_00100_BURST20_202007031355420c8.jpg



 

四カ月ぶりの東京、目白

   



唄ってきました。
【哀しみのレアード】、【雨のタンゴ】、【人生はうつくしい】を。

四カ月ぶりです。目白のスタジオです。
東京!たった四カ月ぶりなのに、そこここが様変わりしていて吃驚。

窓外の景色はもとより、乗車賃発売機のシステムも?
Suicaに入力のつもりが券が出てきました!
何をどうしてしまったんだろうか…わかりません。

一番の変化は、目白駅から下り階段の坂が有って
私はこわごわ上下していたのですが、
なんと、エレベーターが出来ていました!嬉しい変化。

スタジオには10名参加。
女性が8人、男性が2人。まあ、60代以上だと思います。

やはり、人前で歌うのは緊張しますが・・・充実感もあります。
ピアノ伴奏者は土肥先生、華麗で歌いやすく、ハンサムで優しい方。
これなら8月8日のコンサートも安心です。

このところの芸術芸能へのコロナへの影響は如何ばかりでしょう!
趣味とはいえ、
観る人が居ての、ステージ在っての芸だと実感した次第。
一日も早くコロナ禍が去って
歌や踊りやお芝居が再開するのを祈りたいです。

さて、声は安定しませんでしたが、気持ちを込めての三曲。
【人生はうつくしい】は歌詞を暗記してますので、それなりの成果が?。
それに音域も、歌う背景も、私にぴったりかもしれません。

エヘン、この歌、
カトリーヌドヌーヴが、映画のエンデイングロールで歌っているのです。
そうそう、カトリーヌドヌーヴになったつもりで歌いましたよ。(^_-)-☆
前半は呟くように語って、最後の高音のサビで、歌い上げました。
 

♪・・・・・・・
失いかけて知った、この世の美しさを
今、夜の闇に抱き合う幸せ
分かち合おう 二人の人生
、貴方とこうして、歌い抱き合う
この世は全て何て美しい 何て美しい<
/span>




結婚して、55年。短かったですよ。あっという間です。
だって、前半は、夫が超多忙で・・・仕事に遊びに・・・午前様。
中盤、子育て終わって、私が超多忙に。仕事に遊びに、趣味にと。
24歳で長男、26歳で長女を得て、全て早めの子育て終了ですから、
一気に、余生❓生活へ・・・

終盤・・夫、リタイアー直後に、待っていたかのように発覚した癌。
食道に始まるガンガンガンに翻弄されて・・・・20年経過。
でも、逆に、初めて互いに向かい合ったのかもしれません。
まあね、コロナ自粛期間中も喧嘩もせず過ごせたのは幸いでした。


2016081614190000_20200702094423271.jpg

でも、最近は私の体調がなんとなく優れず、
どっちが先かなあ・・なんて考えることが多くなりました。

残りの二曲、タンゴは誰からも「良い歌ですね」と評価されます。
青木先生のご指導の御蔭だと思います。
曲想を表現する技術を教えてくださるのです。

歌詞を何回も読んで、心から想っていても、
上手く表現できないというのがド素人ですからね。(^_-)-☆

ソレアードは、まだまだかなあ・・・




もう、七月!

 

全く、あっという間に半年が過ぎましたね。
コロナ以後の世界、日本、私達、変わるのでしょうか?


ニュースによると、
在宅勤務が可能になったから
家賃の高い都心に住まないで周辺都市に、
中には新幹線を使ってでも
近郷に住もうという若い世代が出てきているとか・・・

鎌倉市は如何でしょう!
まずは、気候が良い。暑くなく寒くも無く晴天が多い。
台風も地震も来ないし、大雨も降りません。
危険を感じたことって無いです。

土地代も想像より安いし、
空き家も沢山あるから中古住宅の購入もしやすいはず。
唯一、津波が怖いなら、ちょっと高台をお選びください。

今まで、通勤が大変というのが唯一のネックだったのです。
JRしかないから交通費はかかりますし。
在宅勤務の余暇には、海で遊び、山で遊び、畑も作る。
それに、現役時代なんてあっという間です。
それからの長いウン十年を過ごすには最適地です。

自然環境の良い、犯罪の無い、穏やかな街ですから、子育ても楽です。
子供たちは、実にのんびりしています。
受験戦争などどこ吹く風気分ですよ。
教育ママさんなら湘南高校が引き受けます。
市立中学で、普通に勉強していれば、入れますから・・・
湘南高校は人材豊富で、出身者も知名度が高く
故に学閥❓らしきものも有って暮らしやすいです。

勤め人以外の人々には首都圏指向はありません。
鎌倉を愛し、逗子を愛し、横須賀を愛していますから。
買い物も、全て周辺で済みます。
年に一度か二度、銀座に出れば十分なんです。

頭の良い(脳外科先生の言)?老人が多いですが、
決して意地悪ではないです。
小うるさかったり、えばったり、キレたりしません。
良い意味で、自意識の高い、自信のある方々です。
まるで、地方都市中央の由緒ある街のようです。。

お薦めします。
若い世代に、どんどん、住んでもらえたら良いなあ。

市政も、公的機関も、文句が出るような失策もしないし・・・親切。
安倍さんマスクも、10万円も、ちょっと遅めですが、確実に届きました。

コロナ以後の新しさに満ちた世界が
より良くなりますように祈りましょう。

 
IMG_20200515_144305.jpg

六月初めの庭です。今は雑草が・・・

このところ、メールが入りません。
自粛期間中、いじりすぎたのでしょうか?
明後日、直してもらえそうですが・・・
今日は未だ、新しい写真を載せられませんので。