FC2ブログ

草笛日記 どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

【涙恋】♪替え歌




ひらめいたのよ、へたくそな歌詞が・・・

「夜の新宿さえ行かなければ大丈夫よね」
なんて、東京の友人と会話していてね。
あの大流行した演歌、八代亜紀の【なみだ恋】をもじりたくなりました。


♪【なみだ恋】

夜の新宿 裏通り
コロナコロナで、怖いけど
家で待ってる愛しいわが子
せめて、ステーキ、食べさせたいと
今日もマスクで店に出る

夜の新宿 裏通り
コロナコロナで怖いけど
俺が行かなきゃ あの娘が困る
せめて、リザーブ入れとかなけりゃ
今日も、マスクで、夢を見る


お粗末さまでした

スポンサーサイト



みんなオシャレしてる・・・

    



スマホを弄っているうちに、不具合が生じたので
辻堂のソフトバンクを訪ねた。
此処で購入したのだから・・と訳を言って
受付のお兄さんに診てもらう。

兎に角予約した人をまず優先するから・・・合間を縫って・・・
恐る恐る、ずうずうしく・・・

一応直って・・・ほっとした次第。
PCメールはまだ不通ですが、スマホのやり取りは万全に。

辻堂のモールは、やはり、土日はかなり混んだらしい。
今日、朝10時の状況では・・・スマホショップ以外は空いている。

久しぶりに見える青空の下、
藤沢からのJR車内ですでに気づいたのだが、
オシャレな人が幾人も目についた。
コクーン風のドレスや、ワイドパンツをさらりと上手に着ている。
高齢者さんも、オレンジやブルーの綺麗色で揃えているし
だんとつオシャレ上級者を、バスの中にもモールの中にも散見した。
見とれて、「素敵ねえ」って言いたかったけどそれは我慢!

男性のTシャツまでも、みんな真っ白で、新品?輝いている。

ふっと思ったんだけど、白内障手術の成果かな?

いやいや、湘南マダムも、ガールズもボーイズも
自粛期間中に、自分磨きをしていたのでしょうね。

さて、昼食は、いつも行列で入れなかったパンケーキ屋さんで、
サーモンとアヴォガドサラダのセットに、紅茶とワインを頼んで
悠々とお一人様ランチを愉しみました。

75580210_1476324489194363_2369541076475183104_o_(2)_convert_20200629160236 (1)

いくつか買い物済ませ、二時に帰宅すると
夫さんはソファの上でウトウト。
たぶん、お昼ご飯・・・・朝、冷蔵庫に用意済み‥を食べていない。
知らない!作ってやんない!
のそのそ起きてきて、鍋を用意している気配にも無視無視。

三か月ぶりの辻堂モール散策、
駅前の街も、道路も、輝いていましたよ。
モールの店員さんもみ~~んな優しくって・・・親切で・・
とにかく、
身の周りが、オシャレで、美しく見えるということは嬉しい。

【言っておく。栄華を極めたソロモンでさえ、
この花の一つほどにも着飾ってはいなかった】

って、神様は言いましたが・・・。





コロナ禍は終息しない?

     


相変わらずの東京の感染者増加。
気分が晴れない。
上京すべき用事がいくつかあるけど,東京に行くのが怖い。
夜の新宿さえ避ければ良い?とも言えない状況。

電車の中で、隣の人から?なんて感染経路在るのかしら。
感染者の半分は経路が不明というからね・・・・
そんなはずはないよね。
言いたくないから言わないだろうと思う。


梅雨を迎えて・・・庭のあちらこちらを見て回る
雨に濡れた、それぞれの緑が美しい。

山椒
375px-Zanthoxylum_piperitum_leaves_ja01_20200627080443ea7.jpg


鳴子百合?
IMG_20200416_122555_20200628113629404.jpg

昨日、大船での歌会。三か月ぶりに唄った。
声帯が緩んだのだろうか、声が安定しなくて唄い難い。
無用にビブラートが掛かるときは、私は不調と自覚している。
声帯も筋肉だというから、鍛錬しなければ、すぐに衰える。
歌詞も暗譜していたつもりが・・やっぱり自信が無くて見てしまう。
自粛の期間、怠けに怠けた自業自得の結果と、反省。

でもね、あの当時の恐怖と不安の中、
歌って居られる神経は持って無いというのが普通じゃないの?

三月初旬、其の位の恐怖と不安が日本中にあったはず。
当時は「老人が・・」と言われ、外へ出るのさえ気兼ねだった。
最近は若い人に感染が多いと聴く。
しかも軽症、または無症状だとも・・・・
ええ?かえって、怖いよね。
感染すれば、我々高齢者にとっては、命取りになりかねない。

それでも、
一気に気が緩んだのか、昨日の鎌倉の人出は凄かった。
大船からの帰路でさえ、上下線とも大渋滞状態!

老人たちも、あちこちでコンサート再開とか。
チケットも買ってあるけど‥・・正直言って、まだまだ凄く不安。




 

【哀しみのソレアード】♪



どこかで聴いたことの有る曲、名曲に誰かが歌詞を付けました。
幾つか歌詞もありますが…この歌詞が好きです。
堀陽子さんは、歌詞がいくつかある場合、必ず全部唄ってみて
「これが良い」と決めて、私どもに教えてくださいました。

「もう直ぐ 終わるのね 二人の 砂時計
さよならの足音が 背中に聞こえるわ
・・・・
この心 この胸に 覚えておきたいの
貴方に逢えて 幸福でした・・・」

出だしの歌詞に圧倒されました。
意表をつきますよね・・・・砂時計とか足音とか。

恋人との別れの歌ですが、哀切な美しいメロデイーが
何だか、懐かしくもあります。

ソレアードとは伊太利語で「陽だまり」ですって。


イタリアのポップ・グル―プ が1974 年に発表して、世界的なヒットとなった曲。 
ソレアード [Soleado] とは、スペイン語で「陽だまり」とか「陽当たりの良い場所」という意味、
分け隔てなく降り注ぐ陽光への讃歌となっている。 
アメリカでは、この曲に歌詞をつけ
クリスマスソングの定番になっているというのもうなずける。 
「慈愛」という言葉がしっくりくるこの曲、
ポール・ モーリアは、太陽の暖かさと崇高さを私たちに伝えてくれる
ネットより


亡くなった堀先生のクラスで、唄う方多かったのですが、
私には下さらなかったので、歌えないとお思いだったかも。
淡々と静かに流れるように唄うのは苦手だろうと?


コロナ禍明けの先日、お世話になっている青木fuki先生に
今月の歌としてご指導を頂きました。
長い休みで惚けている私を励ましてくださったのか、
「あら、良いじゃない、9月、これにしたら」って言ってくださったので、
思い切って、先生とのコンサートで、挑戦してみます。

青木fuki先生‥・・昨年、コリドー街の【蛙たち】で・・撮影。
素敵でしょ。
DSC_1367 (3)
私は本当に我儘で、素敵と思う方に習えて幸運です‥いつも。

さて、今日は今日とて、二時から大船の歌会です。
コロナ禍の自粛で・・・・三カ月ぶりです。
まずは、夫さんにアサリのスパゲッテイを昼食に用意して・・・・
がんばって唄ってきますね。

youtube で聴いてみてね。「これなら知ってる」って思いますよ。。






これって認知症入り口?

  

寝たきりになって、介護が必要になった挙句
惚ける・・・は当然のこと。
ただ、我が血筋に、70代からのボケ症状は見たことが無い。

昨日の私、完全なるボケ症状を呈していた。
たぶん、私が居なくなった後、
「あの人、おかしくなあい?少しボケてきた?」
って、心配?しているだろうなあ・・・

まず、お金のやり取り、一昨日、すでに返金してもらったのに、、
忘れて、「それで私の分は?」ってやっちまった!
正直、記憶にない。

歌のレッスンで、先生の伴奏ピアノを録音したつもりが…空っぽ。
10000円もレッスン代払っているのに,もったいない。

レッスン終了後、
会場オーナーのスマホを持って帰ってしまった!
帰宅する成り、電話が来て「私のスマホ持って帰った?」って。
ありました・・・バッグの中に・・・・
大急ぎで飛んで帰ってお返ししましたが・・恥ずかしい。

かなり落ち込んだのに、本日もまたやらかしました。
今日は26日と思い込んで、リハビリへ飛んで行ったら
「今日は25日です」って言われて,がっくり。
午後からは老人会だからと、早い時間の予約に。
朝から昼食を用意して、家を出たのに・・・・
明日だったんです。

『ちゃんと手帳を見ろ』って夫さんのご注意だけど
日付を間違えれば、手帳を見たって同じこと。
先日大きなデジタル表記の時計をかってきたのにのに。


IMG_20200528_090006_202006251305153f7.jpg

あああ・・・・ついに来たか~!


とにかく、落ち着いて落ち着いて
車の運転には特に気を付けて
そして、ころばないこと! 


家事雑事こなして、歌の勉強に、老人会仕事、その上、リハビリ通い、
もう、仕方ない
あちこちで、ミスしても、恥かいても、へっちゃらさ!




おさんどんに疲れたよ~




火曜日はリハビリの日。
ワあ!何てまあ、混んでいるんでしょう!。

コロナの自粛期間中は、ほんとにガラガラだった医院。
綺麗な建物の中で、整形外科と脳神経外科を御兄弟で。
私は、どちらにもお世話になっています。
そのうえ、二階のリハビリルームにも。
今日は、三連荘で、受診のつもりでしたが・・・
どちらも混んでいるではありませんか。

整形外科には、腰と肩・・・脳神経外科には高脂血症。
どちらもこの三か月、患者さんが居なくて、ほんと淋しかった・・。
院内感染を恐れてか、閑古鳥が鳴く状態。

「先生、大丈夫、自粛終了すれば、どっと患者さんが来るからね」
などと、こっちが慰めていたけど・・・案の定。
やっと、皆さんも自粛解除に慣れたのでしょう。
長い間我慢していた症状を抱えた新患さんが多いみたい。

終わると11時過ぎ。なれば、あのケーキ屋さんが開いてる。
店名【ポムポン】
自粛期間中も営業。若い人たちがいつも並んでいた・・。
きっと、有名なんでしょう。

イケメンで行儀の良い店員さんへの手前、
ケーキを四個選んで、シフォンケーキも二つ足す。

IMG_20200623_114005_convert_20200623152201 (1)


「今日のお昼ご飯はケーキとシフォンケーキ。」


一方的に宣言して・・・・コーヒーを淹れる。
「ふん、良いよ」
彼はサバランを取った。
「リキュールかブランデイーがはいっているよ」
「大丈夫」
私はレモンケーキ。650円。
これが、一番高価だもんね。
まあ、本格的で上等なケーキ。さすがに美味しい。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2_(049)_convert_20200623152006 (1)

「これ、アルコールが多すぎ」
「だから、お酒がはいっているのよ」
「こんなに入っているとは・・」ですって。
怒ってる。

自分で取ったんだから知らんよ。
夫さんは、癌発症以来のアルコール・アレルギー。

・・・と言うわけで、今日の昼食はケーキ。
残りのキャロットケーキとチーズケーキは明日のおやつ。

貴方様の奥方は、おさんどんに疲れました、少々。


 

【長崎の鐘】♪

  


あああ、とうとう決定しました。

11月の【ともともコンサート】は延期というか、キャンセルです。
残念がるほどの力でも無いし、
自粛期間中も練習がままならなかったので、
中止と聴けば、少々ほっとしたような・・・がっかりしたような。

ピアニストさん、新橋シャンソニエの【シャミオール】さん
ごめんなさい。
《あの・・・9月27日の青木fuki先生との発表会は
大船のヴィオラで決行です。此処は一階で窓が大きく開きます》

さて
いつも、全てにおいて、日程間近になって慌てる私ですが、
肩の痛みが取れるにしたがって、いちおうプログラムなど検討はしていました。
心づもりにすぎませんが、この曲、歌おうかなって・・・

【長崎の鐘】
朝ドラ主人公のモデル、古関裕二氏の名作。
女学生の頃から好きな歌で、口頭さむことも。

実は、東京、目白の教室で、いつも綺麗なお声で歌う方がいます。
80歳は超えていらっしゃる女性ですが、いつも心に沁みます。
彼女の十八番ですが、ステージが違うなら、許していただいて、プログラムに。



由紀さおりさんのほうが、私は好きです。
特に、いつもお姉さんを立てている様子が良いですね。
もう一つ、ミュージカル歌手、新妻聖子さんが素晴らしい!
やっぱり、歌詞が立ってきます。。

俳句作りも自粛・・・野芥子

    

過去の駄句を思い出してご披露。


五十路迎えし 吾娘の頬にも 春光る
独身の娘も、二月になれば五十路へ・・・感無量でした。

内向きの 上州気質 半夏生
(うちむきの じょうしゅうかたぎ はんげしょう)
群馬県沼田の近くに縁故疎開した夫と上州路を旅しました。

梅雨寒や 友離り(さかり)行く 老いの果て
年上の仕事仲間がご引退して遠くお嬢様の元、広島へのご転居

自粛自粛の二月に始まる今月まで、
作句するのも、シャンソンを歌うのも、自粛した四カ月。
気持ちに余裕がないともいえるし、
どこかしら、趣味がごときに、興じるのは恥ずかしい気分も。

半年が過ぎ、もう六月も果てなんとするこの頃、
趣味なんて不要不急。よって、その存在が薄まったのでは?
もっと言うなら、不要不急の最たる老人の存在理由は?
その家系も問われず、継承も無く、孫のお守りをする必要も無く、
ただひたすら、遊び暮らす?高齢者の存在意義は?

コロナ後、人々の意識は変わるのだろうか?
少なくとも、人生100年!と声高に嬉し気には言い難いだろう。

「変わんない変わんない!」と言い捨てるのは、53歳になった娘。
「東日本大震災の後も、何も変わらなかったじゃないの。
日本人は、いえ、人間てさあ、
結局は慣れ親しんだ生活に戻りたいのよ。」って言い放つ。

子供の頃から我が家の血を引いているとは思えない
達観的言動がこの娘の在り様。

幸福なのか?不幸なのか?
訊いてみたいのはやまやまだが・・・・

さて、今日、無理して作ってみた、久しぶりの駄句、

通い馴れし道の野芥子は 種となる


肩関節の骨が付いて、一か月前から始まったリハビリ治療、
外科医院への歩道に沿って野辛子(のげし)が黄色い花を見せていた。

250px-Sonchus_arvensis_susai_bgiu.jpg

今や、野芥子は種を付けて・・・

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (045)


まだまだ続きそうな医者通い・・・・




ラ・マーレにて

  


昨日、旅番組で懐かしい三浦半島のバス旅!
夏休みは、いつも子連れで、森戸海岸の民宿だったねと。

「行こうよ・・」と、薄曇りの中、逗子鐙摺岬へ。
お目当てはレストラン【ラ・マーレ】でのランチ。
家からほんのニ十分、134号線、海岸線を逗子に向かって走る。
海辺の人影はちらりほらり・・

このお店には、堀先生と来たり、シャンソンの仲間と来たり
年に四、五回は来ていたレストラン。
大好物のミントクーラーも健在。
オーナーは変わっても雰囲気は変わらないのが嬉しい。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2_convert_20200618183048 (1)

来たのは二年ぶりかもしれない。
気持ちの良い対応で、案内されたテラス席でランチ・コースを。
端っこに、アナベルと凌霄花が咲いている。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (047)

やっぱり、こういうお席は夫連れでなく、友人同士が良いかも。。
無口な相手では会話が進まない

お客さんもいっぱいで、二階は満席とか。
11時半入店は正解だったかも。
コロナ禍も忘れて・・・・そろそろ気が緩んでしまった一日。


レストラン ラ・マーレ - 日影茶屋
lamaree.chaya.co.jp
カジュアルだけど
一流”を目指し、テーマは“フランス風創作海辺料理”


直ぐ近くの【日影茶屋】は、かの神近市子さんの刃傷沙汰で有名。
和食・・お昼ならお弁当が美味しい・・・。

 


いちこの由来は (=^・^=)

  

「いちこちゃんは、凄く頭良いから・・・」
獣医さんとこの看護婦さんが言ったそうです。
病院で、看護婦さんたちに「いちこちゃん」呼ばれていたそうです。
保護猫屋さんから聞いた言葉。

なんで?いちこ?
理由が判らないまま、その音が耳に可愛かったので
そのまま我が家に来ても【いちこ】ちゃん。

二頭飼いのお婆さんが、一方ばかり可愛がっていたらしい。
餌はやっていたらしい。お刺身が多かったらしい。
いちこは不愛想だったのか、臆病だったのか、おばあさんのお気に召さない。
お医者さんが哀れに思って病院に引き取り・・・保護猫屋さんへ。
試しに・・と言われたけど、聴けば可哀そうで・・・
試すなんて、出来ません。
「可哀そうってことは惚れたってことよ!」
漱石張りのセリフを心に、引きとりました。

大きなケージの片隅で、上目遣い・・。
手を入れればシャーって。
放棄ばかりでは無く、たまに叩いたりしていたのでは?
人間大嫌いな様子でした。

わが家に来て一年九カ月。
今は、私にはとても甘えます。
抱っこされるのは嫌ですが、ナデナデしてって、傍らで寝ます。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2_(03F)_convert_20200615182533 (1)


夫さんには、まだ警戒して近寄りません。
勿論、書面上の飼い主である娘にも孫たちにも。

長い長い自粛期間も、いちこの御蔭で、私は楽しかったんですが。

なんで?いちこ?
ああ、理由は、しっぽの形なんだ。

黒くて太いしっぽは確かに、

MVIMG_20200614_092410_convert_20200614113754 (1)




早すぎません?

  


ちょっと前の話ですが。

鎌倉老人会連合‥・・【みらいふる鎌倉】
東京アラートもものともせず、
我がみらいふる鎌倉は、早くも始動しています。
六月七日、フレイル予防体操のビデオ撮り。
ダビングして、各クラブに配って・・・集会の初めに会員みんなで・・という企画。
肩が痛くて左手を上げられませんので、見学席に。

00000IMG_00000_BURST20200607_(002)_convert_20200609184924 (1)

フレイル予防は鎌倉市において、今年の大きな課題でした。
しかしながらコロナの援助等々で、約束の援助金は出なくなりました。
フレイル‥・劣化・・・から要介護になると福祉予算が膨らむ。
よって、少しでも老人には元気で居て欲しいが意図だったはず。
専門家による指導や撮影に要した経費はどうするんかなあ・・・。


続けて・・・六月十一日には、役員会と定例会。
11時には集合して・・・役員会前の準備会からスタート。
いつも使う鎌倉市の福祉センターはまだまだ利用出来ないので、
大船にある明治住友生命のビルのホールをお借りして。

定例会ともなれば、80名近いメンバーが一堂に。
手指のアルコール消毒、体温検査、等々、予防措置はするものの、
会場はかなりな密!
まして老人同士、聴こえないし・・・・どうしても近づく。

それでも、2時半スタート、5時終了。

総務部長の仕事は、主に、議事進行。
タイムスケジュールの順守が新会長さんの要望。
必ず時間ぴったりに進行することを心がけて。

余談だけど、私の司会の唯一の長所は、時間ぴったりです。
たぶん、早口のせいで、それが皆さんに伝播して・・・早く済む?。
よって、一部の方には喜ばれる。(^_-)-☆
一部の方には・・・・どうでしょうね?。
もっと喋ってご意見を交わしたかったかも。

どちらの部長さんも地域クラブの会長さんも、かつては名のある紳士諸氏。
壮年期にはさぞかしお仕事にも有能でいらっしゃったはず。
なのに・・・どうしてこう、話が長くなるのかなあ?
どうでも良い事に、○○を付けるのかなあ?
反対意見をお持ちの方も居るので・・・疑義が長くなる。
要するに‥・・発言したいだけ?なんて、スミマセン.
(なかなか無づかしいのですよ。)

婆達は、おしゃべり会に慣れているせいか、意外ときっぱりさっぱりです。
短く、要点を伝えることに慣れているのかも・・女性のほうが。

どちらにしても、老人は、危機に対して、根拠のない蛮勇がある。
戦後のドサクサを乗り越え、新しい日本を築きあげてきた方々。

さて、皆さんが合議の間、
私の仕事は、書類が飛ぶと嫌がる方々を宥めて、換気!換気!
窓を開けたり閉めたり、マイクを発言者にお届けしたり、
終了後は、アルコールを噴霧して全部の机を拭きあげました。

久しぶりに、あらゆる意味で疲れ果てました。
お茶でもと誘われても一目散にタクシーで帰宅。1700円!。
だってさ、肩と腰が痛い私こそ、フレイルの最たるもの。
終わればどっと、疲れを覚えます。

帰宅すれば、夫さんと猫ちゃんの夕飯の用意。
つくづく【女って損】だよね。





昨日はね・・



雨模様の中、高齢者運転免許更新のための講習会へ。

コロナ禍で一か月延期になっていた実技等のテスト。
認知症検査は四月に無事済んでいたのですが・・・

まずは普通の視力検査。[1,2]
次に暗闇の中でライトを浴びたらどうなるか?
視野は狭窄していないか?
動く標的に素早く反応できるか?
って三か所でテストされる。
まあ、年齢相応らしい。
「眼鏡なしで、見えるんですね」って。
白内障手術の件は・・・面倒だから言わない・・。

やっと実技へ。検査官と私だけで乗り込む。
コロナ対策、ハンドルから椅子までアルコールで拭いてスタート、

兎に角慣れない車、すったもんだで、なんとか終われば、
「標識をしっかり見ましょう」
わざと見えにくい場所に、三角形の【止まれ】の標識。
「縁石に乗り上げそうだから・・・」。
ハンドル捌きの調子が悪いのは脱臼した肩がうごかないから。
それを言わないのは、言い訳がましいから・・・。

MVIMG_20200611_150721_convert_20200612124436_(1)_convert_20200612124938 (1)
閑散とした教習場、受講者も指導者も高齢者!
合格証を頂いて、あとは鎌倉警察署へ行けばすみます。
勿論、更新申請期限も9月までに延期してくれています。



今朝の柏葉紫陽花
昨夜の雨に濡れて、ぼってりと首を曲げていたので伐り取って
少し、水滴を落としている状態です。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2_convert_20200612123126 (1)

 
この半年の間に、いろいろなことが有りました。
一月、転んで肩脱臼、スマホ紛失、そして二月に白内障手術。
外科と眼科と日参状態が三月四月。
コロナコロナと脅かされながらも、
一つ一つ、クリアーして・・・・何とかやり過ごしました。

私の年齢で、半年間、無事?だということは恵まれたということ。
この頃、同年齢の有名人が次々と天に召されている。
召されて不思議の無い年齢なんだよね。
増してや、夫さんは83歳、でも、まだまだ大丈夫そう。

有り難いことです。

   


 

やっぱり紫陽花やねえ・・

  

存在感が他の花とは違いますね。
大きさも含めて・・・
時に華麗に、時に涼やかに、時に・・・・可憐に、爽やかに・・・

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2_(037)_convert_20200611093913 (1)

何故に、鎌倉の紫陽花が有名かというと・・
まず、古めかしい古刹の庭の佇まいに合うのよね。
湿度の高い土地柄、広葉樹が繁茂する。
かならず、木下闇が生じて・・・その暗さの中で紫陽花が!
一層、うつくしく映えるということかな?

この紫陽花は可愛いでしょ。
ご近所の生垣からひょこんと顔を出していました。
「見て観て」って言ってましたのでパチリ。



 

草の種

   

鎌倉のうら山づたひ 君とゆく 山百合の花 月見草の花    吉井 勇


憂いを秘めた麗人を伴っての鎌倉散策?。
青春の日の思い出でしょうか
吉井勇は恋多き歌人だったから・・・中年過ぎていたのかも。
実に瑞々しい歌ですね。
そんな日もあったかなあ~~?ッテ思ってみたいです。

そんな詮索はともかく・・・
今日、買い物帰りに、裏山ならぬ路傍に気づきました。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2_(03A)_convert_20200609184534 (1)

もう、草花は種を付けだしています。
名も知らない。雑草。花をつけてときめいた時を覚えていません。
それでも、小さな花を精一杯咲かせて・・・・実となり種となり
こぼれ落ちて、来春の芽生えを待つ。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2_(039)_convert_20200609184809_(1)_convert_20200609185554 (1)

あるいは風に乗り遠い彼方の土地に根を張る。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2_(03C)_convert_20200609190153 (1)


一生
ふっと考えました。
種を付け、次世代を確保すれば、老いて、枯れて、弱く醜くなる・・・
かくして、雑草は勿論のこと、
山百合だろうが、月見草であろうが・・・枯れるのです





 

都はるみさんは?




【船頭可愛や】・・・を探していたら、都はるみさんも歌っていました。



いや~~、やっぱり、この人も凄い。
若いころなので、声に一層張りがあり、
テクニックは、すでに最盛期と変わらない。
日本叙情歌としては、一番演歌っぽいでしょうが
それもまた、素晴らしいですよね。

だいぶん前から気になっていたのですが、
都はるみさん、この頃、すっかり顔を見せません。
コロナ禍の少し前からです。テレビに出て来ない。
どうしたのかな?
「もう、年なんだよ!」って夫さんが叫びます。
未だ70歳をちょっと過ぎたぐらいのはず。
噂はいろいろありますが・・・・復帰してほしいなあ。

都はるみさんは、美人では無い。
目じりの下がったおかめ顔。ちょっと、似ている?
そのせいで、この人の事は気になります。

実は、私のカラオケの唯一の十八番は、【小樽運河】です。
20数年前、シャンソン入会の折も、
まずは唄ってみせてとの堀先生の要請に、【古都逍遥】を歌いました。


そんなわけでして、
今日は敢えて都はるみ版を・・・・・



【船頭可愛いや♪】

    

三浦環もレコード化したという話を
朝ドラの【エール】で知って、ナントか聴きたくなった。

在りました。youtubeに。
さすがにクラッシク歌手、澄んだ高音は圧巻。
それでも、
底流にある哀調と歌詞の歌い回しには確実に日本人のDNAが。



古関裕二さん夫妻の一生を追いながら、日本歌謡史を追う。
壮大なお話を、歌と共に繰り広げる今期の朝ドラ、
楽しみにして観ている。

唄いたくなったので、少し真似して、
キーを下げて、唄ってみようかな。

11月予定の友人とのコンサートでは、日本の歌を数曲入れます。
そうしないと、お客さんが飽きてしまうし・・・・
いまのところ、心づもりは
中島みゆきの【時代】と、八代亜紀の【舟歌】と
今回も又、ちあきなおみの【黄昏のビギン】。
人生で、最も盛んな時代のはやり歌。

一世を風靡した歌に挑戦するのは恥ずかしいことですが
聴く人それぞれの、思い入れや、自分史をたどってみるのも良いかと・・・・

でもでも、秋になっても、コロナ禍は治まりそうも無いので…
来年まで延期でしょう・・・きっと。
残念なような、ほっとするような、心境。






シルバーリーフ・・・シロタエギク

  


シロタエギク
白っぽい葉っぱが、ガーデニングには重宝。
公園の植え込みや、大鉢の混植などに、見かけますね。

いかにも平凡に成るので、あまり使わなかったのですが、
リハビリに通う道端に、半ば雑草化して植わっていました。
通うたびに、横目で、大きく茂っているなあと感心しつつ見ていました。
6月に入って、
黄色いどっしりとした花をつけています・・・なかなか見ごたえあります。

IMG_20200602_090410_convert_20200603081645 (1)


今朝のポストに、
朝刊と一緒に、例のマスクが入っていました。
郵便屋さんが来る時間帯でないから、別配達かな?
やはり、小さいですね。
昔のマスクはこんなサイズだったかな?

小学生ぐらいに丁度良さそうなので、
ご近所のお子さんに使ってもらおうかな?
ママ特製の可愛いのを使っていたら、かえって迷惑かな?

安倍首相の思い付き、あれは何だったんだろう?
「皆にマスクを配ろう!きっと喜ぶね」
「10万円づつ配ろう!きっと感謝するね」
まさか、人気取り目的ばかりでは無いでしょうが
良かれの想いと裏腹に、評判を落とすばかり。
またぞろ、
電通がらみのお金の流れも疑わしいらしい。

もう、批判するより、可哀想になってきた。
誰か、優秀な助っ人が出て来ないかねえ。






ミューファン・・・

  


昨日、ご近所の若い友人に、手作りマスクを頂戴しました。
仕上げの巧みさに、さすがにと感じ入りましたが、
生地の、なんとなくキラキラした光沢に贅沢感がいっぱい。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2_(02B)_convert_20200603084736 (1)

「この生地、光ってるね」
「そう、ミューファン」
「ふ~~ん」って、頷いても??です。
調べてみました。
銀糸が織り込んであるそうです。
銀は防菌防臭防腐効果が有るとは聴いていましたが
織り込んだ生地まで出現していたとは!

こうやって、優しいお気遣いはもちろんのこと、
新しい知識まで頂ける
ほんとうにありがたいです。

yahooより
ミューファン®は、真空蒸着という技術で
透明ポリエステルフィルムに純銀の被膜をつくり、
2枚のフィルムの被膜面を張り合わせて細くカットした糸です。
切断面に露出する銀からイオンが放出され、
非常に高い抗菌性等マルチ機能を発揮します。



各方面からの差し入れマスクで、コレクションが増えました。 
しかも、皆さん、少し大きめの夫の分まで下さる。優しいなあ。
お陰様で、自粛自粛の鬱陶しい日々の中も、
その日の服や、気分、場所にふさわしいマスクを愉しんでいます。

今日は、上は紺の麻のシャツ。下はグレーのパンツ。
少し赤の入った唐草風のプリントにしました。差し色に赤を。
オーボエの先生から頂いたマスクです。
イヤリングは、合わせて赤にするか?夏らしい白にするか?

こうやって、、楽しませていただけること、
老人会仲間をはじめとして、
他にも、ブログやら、Fbやら、周辺の若い人たちに感謝したいです。

そうそう、五月に入って直ぐ申請書も届きました。
無事、夫さんが何やら書き込んで投かんした様子。
「まさか、寄付しますって欄にチェックしてないよね。」
今朝、念を押したところです。

やっぱ、クーラーを買い替えます。
三菱クリーンヒーター床置タイプ・・・三十年来のクーラーです。
昔の製品は高価でしたが長持ちしますね。
壁に穴を開けなくて済むので、このタイプが欲しいのですが
在るかなあ・・。



 

三か月ぶりのラーメン!



「ラーメン、食べたい!」と叫んだら
「行くか!」ってお返事が在りました。

我が生活エリアには、ラーメン屋さんはありません。
車で深沢まで行って、【丸源】へ。
大きなお店ですのでお客さんがたくさん入ります。
駐車場も完備でよゆうがあります。
今日も、結構、混んでいました。

MVIMG_20200601_120607_convert_20200601212238 (1)

丸源さんのラーメンのスープは甘みが入っていて
私は、もっとシンプルなほうが好み。
でも、近くにお店が無いので・・・・いつも、このお店に。

ところが、今日選んだ【磯海苔入り塩ラーメン】は、すっきりと塩味のみ。
シンプルで美味しかったですよ。(^_-)-☆

IMG_20200601_114713_convert_20200601212839 (1)

三か月ぶりのラーメン、美味しかった!
その代わり、
店内のコロナ対策・・・厳しくない、むしろ甘いかな?



「誹謗中傷してはいけません。」って・・・

  


う~~ん、それって、政治家への悪口も?
そうか・・・気をつけましょう。

マスクは、まだ頂いておりませんが
きょう、Fbに、素敵なリメイク法がありましたので記憶代わりに
ご紹介します。
わお、オシャレになりますね。



ちなみに、税金のバック?前借り?ならぬ給付金の申請書
今朝、届きました。
ありがたいことです。
先日、自動車の車検、修理とで、二十万円以上かかりましたので
助かります。

安倍様御下賜のマスクは、
とどいていませ~~ん。