FC2ブログ

草笛日記 どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

withコロナってか・・・

  

柏葉アジサイが咲きました。
大きく育ち、狭い庭には無理かと、昨秋かなり刈り込みました。
ところが、見る間に大きく広がり、立派に咲いています。
かなり強い植物ですね。
ここ十年の間に、流行るというか、たくさんのお庭に見かけます。

IMG_20200528_155026.jpg


なんとか新型ウイルスを封じ込めたかと一息ついたら
またまた感染者が増えだして・・・北九州の二次ピークが心配です。

小池都知事の英語でのキャッチコピー?が気に触りますが、
【withコロナ】という表現が、気楽すぎるという某女性キャスターも。
言いがかりは止めて、なんとか、新型ウイルスと共生するしかない。

大坂の吉村知事のリーダーシップが賞賛されれば
愛知県、大村知事さんの言いがかりも、無駄なこと。
西村大臣でさえ、ちらりとくぎを刺したところを見ると
吉村知事の人気にはジェラシーを覚えるのかな?

余談ですが・・・西村大臣のマスクはカッコ良いけど
ご本人が、なかなかのイケメンだからこそでして、
(吉村大阪知事さんはファニーフェイス)
あのマスクを付ければ、誰でもカッコ良いわけでは無いと・・

yjimage_20200531130808614.jpg

西村大臣、かなりな右派なんですよね。調べてびっくり。
安倍さんのグループらしい。
ポスト安倍が取りざたされているけど。
瓢箪から駒、活舌もルックスも良い西村総理の時代が?。
これは、私の独断と偏見です。

あら、吉村さんに西村さんに大村さん‥・村さんトリオ

それにしても、
やることなすこと批判される安倍首相、よく耐えているよね。
投げ出すのではないかと、観てたけど・・・持ちこたえている。
彼ら彼女ら政治家の神経の太さ、鈍さには、あらためて感心するしかない。

防災と、経済活動の両立。
或る程度の罹患者が出ても仕方ない
腹をくくったのでしょうか?
あの慎重だった小池知事でさえ経済界の圧力に負けたのか、
明日辺り、次のステップへと、警戒を緩めるそうですから。

さてさて、
運転免許証、期限を9月まで延期してもらいましたが、
自粛解除の御蔭で、早速、自動車学校からの連絡。
6月の11日に実地試験を受けに来るようにとのこと。
マスクや、検温、は当然でしょうが、
あの試験車の中に受験者を三人、詰め込むのかな?
ちょっと心配。



 

スポンサーサイト



雌猫は・・・

   


一昨年まで、雄のキジトラを飼っていました。
家に閉じこもっては居ないで、朝夕、勝手なお散歩に・・・

この数日間、ゼエゼエいうなあ・・・?
息が苦しいのかな?
でも、食欲在るし、さして、弱ってもいないし。。。

「それにしても、あしたお医者さん行こうね」
そう言ったその朝、居なくなりました。
弱った体を見せないように・・・姿を消したのでしょうか。

雄猫でした。
勇気一杯の男の子らしい雄でした。
一人で、何かしら見つけて遊んでいました。
お腹を無防備にさらけ出して・・・寝ていました。

いなくなった・・・状態に耐えられず、
半年後、ご縁があって、保護猫屋さんから、いちこちゃんを預かりました。
兎に角、慣れるまで一年間!
やっとこの頃、私には気を許しています。

雌猫。
やっぱり警戒心も強く、大人しいですね。
寝乱れることも無く、筥座り状態で熟睡。

でも、とっても、おしゃべりです。
にゃあにゃあと要求をしてきます。
甘えたいときは、にゃッにゃッって、短く泣いて膝に上がってきます。
あんまり、遊びません。じゃらしても直ぐ興味を失います。

雄と雌と根本的に違うような気がするこの頃です。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2_(027)_convert_20200528112240 (1)



 

錦糸梅?美女柳?

    



おはようございます。

ラジオ深夜便で高峰三枝子さんの特集を聴いて・・
四時半に起きて、洗濯して・・・。
最近、一定の時刻になると、繋がらない時が多いので、
今のうちにと思い、ちょっと、パソコンに向かってます。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (023)

錦糸梅か、美女柳か、
リハビリに通う医院に向かう道に咲いています。
よく似た金色のお花。何処が違うの?
一生懸命観るのですが・・・まだ判別尽きません。
ほっこりした蕾が魅力的ですね。


高峰三枝子さんの唄
美しい高音でメロデイーも高度で、趣のある曲ばかり。
なんと言っても私は【湖畔の宿】が好きです。
【三時のあなた】のキャスターを五年続けたとか。
美しく聡明で・・・容姿から来るのでしょうか、ちょっと高貴で。
目元が・・ありていに言えば、眩しそうな影が有って・・・

今の演歌歌手とは違う発声、かといってクラシック調とも違う
素人臭いと言えばそうだけど、
何とも言えない感情表現に聴き惚れました。
さすがに、女優さんです。
俳優さんの歌が魅力的なのも、歌詞を伝えてくれるからですよね。

昨日やっていたユーミンの歌唱より、断然良い。

昔は良かった‥・
年寄りのお定まりの感想です。





遊びをせんとや生まれけむ・・・




梁塵秘抄より

遊びをせんとや生れけむ
戯れせんとや生れけん
遊ぶ子供の声聞けば
わが身さへこそゆるがるれ



45年以上前、鎌倉に越してきて間もないころ
そう・・・私が33歳ぐらいの頃、
公文の教室を開設したころ、
もちろん子供は二人、小学校三年生男児と一年生の女児。
実家の父母との同居が始まってすぐの頃だとおもう。


重いゴルフ道具を持った夫を、車で大船駅まで送った。
接待ゴルフとかなんとかいって、いつも自分で運転してたのに
その日は・・・なぜか、送ってくれという。
大船駅、始発時間だったはず。

なんと!衝撃的だったのは、
ゴルフ道具や釣り竿、大きなカメラ、を抱えた男性達が
たくさん、そう、たくさんだよ、
あの大船駅の上り階段を上っていくのよ!
驚いたのなんのって。。。
しかも、まだ、週休二日になる以前。

【そうなんだ、男は遊ぶんだ、遊ぶために生きているんだ】
しみじみ思い知ったわけ。
土曜に徹夜麻雀、翌日曜日にゴルフ
ウイークデイは、夜毎、銀座で飲んで、カラオケして・・・。

女房は、夫の午前様に耐えて、子育ても孤軍奮闘時代のことです。
遊び盛りの小3の男児の母親の慨嘆と悟りでした。
男って、遊ぶために働いてんですよね。と。

黒川さんの件を、聞き知ったとき
直ぐ、あの日の驚きと覚悟を思い出したのです。
遊びたいのよね~~!

それにしても、大大出世を前に、不用意というか、馬鹿だよね。
誰かにはめられたのと違うかな?
あの世界も、男性社会、嫉妬は渦巻いているはずだもの。

真っ盛りです。
IMG_20200520_133525.jpg

あああ・・・
それにしても令夫人は何をしていたの?
「あなた、今は大切なときですよ。自重して下さいよ」、って
言わなかったのかなあ?

そうです。
男は女房次第です・・・・
男児と女児を比べればすぐわかること。
成人しても・・・同じなんですよ。






誕生日のお祝い・・




母の日と重なるので私の誕生日は盛大に?
とは行きません。
どちらかが省略されます。

省略と言えば
わが家族の誕生日は、何かしら他のイベントと重なっていました。。

一月・・・息子の誕生日とお正月
二月・・・娘の誕生日と、父の誕生日と、誰かの試験最中
三月・・・夫の誕生日と、誰かの卒業式と、お雛祭り
四月・・・母の誕生日と、誰かの入学式
五月・・・私の誕生日と、子供の日、母の日、
全て、月一回にまとめてお祝い会

一年間のうち、前半ですべてのお祝い事は過ぎてしまいます。
そんなわけで、我が家は、誕生日イベントをあまりしない家風になりました。
せめて、お赤飯かな?

さて、五月!
お嫁さんは、いつも綺麗なアレンジメントを。
娘は、花籠とケーキを買ってきてくれます。
この五月は、自粛要請が強まったのを気にしてか、誰も来ません。

ニ三日して
【銀座バーニーズ】から大きな箱が届きました。
黒い石のロングネックレス。と、銀ラメのターバン風キャップ。
ネックレスは、すぐ首にかけて・・・どんな服にも合いそうです。。
縦長の線が、少し、ほっそり?見せますので気に入りました.

00100sPORTRAIT_00100_BURST20_convert_20200521133452_20200522152102706.jpg

ターバンは‥・ちょっと、無理かなあ?80歳過ぎたら、使えるかな?
平板な顔なので・・・・ハリウッド女優のイメージにはなり得ません。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2_(01F)_convert_20200521114736.jpg

先日パスした夫からの食事お誘いは・・・有名寿司店さんの出前。
デパートの寿司店レベルぐらいかな?
でも、美味しかった!。

デザートには、お赤飯代わりに、
残っていたパック入りの粒餡を伸ばして、薄めて、お塩を入れて・・・
お餅を入れて、熱々のお汁粉を作って楽しみました。


これにて、一年間の我が家のイベントは終了です。
わるい事さえ無ければ・・・万々歳です。


いちこちゃんがやたらくっついて、傍を離れません。
コロナ禍でママが外出しないので、
やっと、この家の中での、我が身の安全を確認できたらしい。





政府からの補助金?支援金?

  


え~~~っと。
マスクも来ないし、10万円申請書類も来ない。
いずれは来ると信じて居るけど、

一方で、こちらが出さなければいけない書類は・・・確実に来る。
車検だの、運転免許証延期願いだのと。
お役所さん、今は総勢で、役所を挙げて、
援助資金のお仕事に当たって欲しいなあ。

先日、レストラン経営のオーナー、老婦人との会話、

コロナ禍を、もろにかぶり、レストラン収入は無くなる。
マンションのオーナーさんでもあるけど、店子からの家賃が滞る。
一階のテナントは、閉店したり、廃業したり、で、家賃が入らない。
との厳しい状態らしい。

彼女はお金持ちだから・・・・困ることも無いだろうけど、
事業主としては、一時の損失も我慢できかねるらしい。

「海外旅行を来年は我慢すれば・・・?」
「それに、政府から助成金が出るでしょう?」
『専門家に頼んで提出書類をそろえるけど有料なのよ。』
「作成が面倒らしいから、この際、仕方ないね。」
「フリーランスの方々はどうするの?」
『大変ヨ!彼らこそ、無収入なのよ。しかも援助金貰えないのよ。』
「でも、ニ三か月分…150万円ぐらい補償されるでしょ。?」
『いや~~、去年の納税書類が無いから・・・』
「ってことは、今まで納税していなかったという事?
でも、小さな店舗も補償されるはずだから、大丈夫よ。」

婆ふたりの、確証の無い話です。

でもでも、そうかも、確かに、納税書類こそが、昨年の収入を証明するんだ!
税金をなんだかんだで低く抑えれば当然、収入も抑えているはず。
その、低くした収入が、補償基準になる?
まして、納税していないとなると・・・?
そういう事か・・・妙に納得した次第。  


生徒数を本部に知られていた私の仕事は会費の収入が丸わかり。
40パーセントの本部納入金と、税金の負担に悩んだものです。
でも、今となれば、税金や消費税は、
誠に正直な収入証明であったという事でもあります。


昔の人は言いました。
正直者の頭に神宿る・・・
いまさら言っても詮無い事ですが。

ご近所の玄関にて。。君子蘭
IMG_20200427_160818_convert_20200519101002 (1)

君子で思ったんだけど。君子はえてして、小心者。
自粛要請に応える。。馬鹿にされるほど、従順に守る。
でもね・・・自粛要請を無視して遊びまわれる人は
じつは、こういう小心者、大多数の国民の御蔭なんだよね。

そこのところを、彼ら彼女らは判っているのかしらね。




 

マスク・・・私にも作れます

  




5月25日に延期されていた大船でのコンサートは
終に、中止になりました。
延期になり中止になり・・・
チケットを送った皆様に
ご連絡が遅くなって、申し訳ありません。

秋まで、人が集まるイベントは出来無いでしょうね。
すっかり、歌を忘れた私メは・・・・
イベントの行く末さえ忘れていたのです。
下手すると、秋になっても、50人前後の集会は自粛?
第二波がこないことを祈るばかり。


さて、こんなの見つけました。
youtubeから



これなら、私にも作れます。
使わないハンケチを集めてきて・・・
大きいのやら小さいのやら、薄かったり厚かったり。
不揃いですが面白くなって作りました。

あらら、白いゴムひもも裁縫箱から出てきました。
無いとばかり思っていたら・・・・
私も主婦の端くれ、
誰かさんのパジャマのゴム取り換え用に、持っていたらしい。

IMG_20200518_092808_convert_20200518144953 (1)

やっぱり、不細工です!。

丁度よい大きさに、カットしてから、作るべきかも。
いよいよ無くなったらピンチヒッターで、使いましょう。
窮すれば通ず・・・(^O^)/
着ているシャツやセーターに色を合わせるのも楽しい。
でもね、鼻が少し高く見える、綺麗な細工のマスクを付けたいなあ。

歌を唄わなくても・・・結構楽しい自粛生活!
我ながら、びっくりぽん!


 

牡丹色の牡丹




鎌倉は大雨ではないけど…降ったりやんだり
そのせいか、人出も車も少ない?

飼い猫、いっちゃんは、お刺身が好きでして、
三日に一回はお刺身を買いに走ります。
お散歩がてらですから大股歩き。
このスーパーは、品ぞろえが少々薄くて・・・特に生鮮食品が・・
人気が無かったのですが、コロナ騒動で、お客さんが増えました。
それまで、物価の安い大船や、
しゃれたものを求めての藤沢、鎌倉へバスや車で行っていた主婦たちが、
地元で、なんとか間に合わせようという事でしょうか。

いちこちゃん(=^・・^=)は、とくに鰹が好きみたい。
今日は鰹のたたき・・・焼いてある皮も食べています。
残りを私ら夫婦が頂きます。新玉ねぎをツマにして。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2_(01F)_convert_20200516170116 (1)

週一回のリハビリ室は満員です。密が心配ですが予約制。
防護と消毒に、トレーナーさんも看護婦さんも追われています。
用事の無い老人たちにとっては有り難い天国です。

私のリハビリは左肩の固まった筋肉を動かして
背面合掌が出来るようにする訓練。
マッサージだけなら楽なのですが、筋肉をもみほぐしたり
腕を揚げさせられたり、後ろに回したり・・・・それが痛い痛い。
いつでも優等生であろうとする私は、ただただ我慢です。

鎌倉の爺婆は、ピンク色のセーターや赤いシャツを着ておしゃれ。
もちろん私も・・・セーターとおそろいの色のマスクをつけて行きます。
それでも、・・・マスクの下で、老いは確実に来ています。

コロナが去って、夏になって、
お互いマスクを取った後の顔を見合わせるのが怖い。(^_-)-☆


病院の前庭に芍薬かと思いましたが・・・どうも牡丹ですね。







白芍薬・・・

   


父が植えた芍薬が咲き出しました。
日陰だし、いつも、車の陰ですし・・・
だれの手も入っていません。
だれも見もしません。
それでも、こんなに清楚で、華やかです。。
たぶん,すごく勁い?

二本、切り取って花瓶に射して・・・ほれ、ご覧って。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST2_convert_20200515082559.jpg

こんな風になるつもりの78年!
昨日は、私の誕生日。

昼食はかつ丼と決めていたら
ぽつりと、「どこかに食べに行こうか?」って。
「え?何処へ」
「アスターか、焼き肉か、ステーキか」
そうねって、…こういう時、私は慎重です。
せっかくのお申し出を、邪険に振り払わない。
やっとの思いで私の誕生日を祝おうというのでしょう。

半時間たって、
「う~~ん、かつ丼にしようと思ってトンカツ買ってある」
「今度にしようか?」
そういうこと。
かくして、私の誕生日祝いの御馳走は‥・お手製のかつ丼!

夕飯時には、彼はすべて忘れておりまする。
ま、良いのよ。
マスク疲れで老化の目立つお肌と白い髪。
今更、祝ってもらわなくても十分楽しい?日々ですから。


【無事、これ幸い】ですよね。


藤沢駅周辺‥・ロックダウン?

  

所用で、藤沢駅々ビルへ。
10時前です。

10時から、オープンするので、
仕事時代に通いなれた陸橋に出ました。
朝陽を浴びながら‥・上から撮るというチャンス。

なんとまあ、静かなこと!

陸橋の上から・・・大船方面
IMG_20200513_095445_convert_20200514115524.jpg


左側がJRの線路です。辻堂方面。
IMG_20200513_095414.jpg

こうしてみると、何処も同じ、地方都市の駅周辺の景色。
藤沢でも、北口なので、遊行寺前を通る旧街道側です。
全体のムードが、キリっとしている。
駅ビルの中も、無駄に歩いている風な人は皆無。
急ぎ足でJRの改札口に・・・


鎌倉駅は、全く趣が違います。
いかにも人恋しい風情です・・・
たぶん、市民性なのか、
観光地鎌倉とは、違って、自粛の覚悟が徹底するかも知れません。

ふらふらっと出てきた私め、恐れ入りました。
たいした用事では無いのです。
夫の髪がひどいのでバリカン?梳きばさみ?を買いたかったんです。

大急ぎで帰宅しました。
ネットで見たら、すでに品薄なんですって!
考えることは同じね。





 

金蓮花‥・ナスタチウム

 

やっと我が家の鉢に根付いた様子。
夏らしくて・・それでいて涼やかで大好き。
去年の夏は購入せず、後悔したので今年は早めにゲット

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (023)

花も葉も実も食用になるらしい。

さてと・・私の前職は公文式の指導者。
この鎌倉に開いて‥・42年間、仕事をさせていただいた。
この間、時代も良かったので、思いのほか生徒さんも集まり
皆さん優秀にそだち・・もちろんご家庭のお力で。
初期の生徒さんは、今や50代60代。
世間の中枢を担って、活躍している。

その公文教育研究会の現在の動きに私は不満。

【学力の遅れなんて気にしなくて良い。
子供は元々、自力学習で学力をつけて行く。
学校での少々の遅れ?なんて気にしない気にしない。
いつだって取り戻せる。】

って、発信しないのだろうか。


公文式がその一助になると自負があるなら、

大いに声を上げて欲しい。
宣伝ととられる・・・??
俗世間の俗な中傷なんぞ怖れていてはダメ。
子供たちのために‥・その一念がこんな時こそ欲しい、
勿論、三か月ぐらいは会費無料。
在籍していない、周辺の子供達にも、
自学自習の機会を与えて欲しい。
採点は父兄のボランチアでも学生アルバイトでも
ナントでもなるはず。
公文式学習は、家庭学習が基本。
密でもないし、外出も不要。

・・・とFBに声を上げたら‥・無視されておりまする。

また、勇み足?!
「コロナの時、公文やっていて、良かった!」って、10年後に聞きたい。


 

意地悪婆さんに戻る

   


総理を筆頭に、言い訳ばかりで、謝らない閣僚諸氏。
その中で、
いつも泰然と、カメラワークの中におさまっている方が武市大臣。
少々、木で鼻をくくったような答弁に好感は持てないものの
失言も無いし、口跡もただしく、無難な大臣として存在している。

縫製の良い、品の良いダークスーツを着こなし、手を膝の上に置いて
静かにメモを見ながら野党とのやり取りを聴いている。
背当てクッションを当てながらも、常に良い姿勢を保っている。
実に隙のない素晴らしい容姿だと、好悪は別として感心していた。


常々アップしているが、私は視覚人間。
悪い癖だが、眼に入る情報で、全人格からその思考まで判断する。

今日の武市大臣。
お膝の上にいつものひざ掛けではなく
なんとなく、つるっとした生地のコート?を膝に・・・

これこれ・・・
00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (01B)

よく観ると・・ルイヴィトンだ~~
うわ~~!二十万はくだらないだろうな。
娘に訊かないと正確には判んないけどヴィトンのコート。

やっぱり、この人も、庶民に添う想いなんて無いんだよね。
医療崩壊の怖さの中、医療に奔走する関係者
収入を断たれ、廃業さえ迫られている個人営業者、
皆で、我慢我慢、自粛自粛の日々。
彼ら彼女らを意識すれば、どういう感性で、
ブランド物のコート?など、身に着けられるのだろうか?
まして、テレビ画面に常に写っていることを十分承知のはず。

情けないです。
無神経な大臣たちが構築する内閣に、
正しい判断と、迅速な決断を期待するのは無理というものです。
「緩まないで欲しい」といっている総理の、文字通りおひざ元で。
たった一枚のコートが
内閣全体の気構えの緩みを示している。

この婆でさえ、このコロナ登場以来、装うにも、地味目に、
装飾品は付けず、というより、マスクが有れば、そんな気にもなれない。
唯一の趣味を楽しむのも自粛して、
恋だの夢だのと歌う事すら遠慮しているというのに・・・・。

 


母の日の花束

  

皆様のお家にも花束が届いているかとおもいます。

お嫁さんから今朝届きました。
なかなか、モダンで上品なアレンジメント。
やはり、嬉しいです。
今年はコロナ禍で、
それどころではないよねと諦めていましたから。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (019)

お花屋さんの三密を避けるため、
今月いっぱいを【母月間】にするそうです。
昨日、スーパーの店先に開ききったカーネーションの鉢が
淋しく、でもたくさん並んでいました。
子供たちも、お小遣いを持って、
お店へという気分では無いのでしょう。

この先、世界はどうなるのでしょう。
なるべくポジテイブで居たいけど・・・
時々、心の底から不安になります。




 

断捨離・・・2

   


こんな可愛いものが出てきました。
器用な母が、晩年、いつの間にか作ったようです。
昨日、小引き出しを開けたら・・・入っていました。
お人形さん用の小裂の余りを被せたのでしょう。
よく観れば、けっして無造作でなく、
どれも、一番良い柄が出るようにとの工夫の跡が。

IMG_20200509_083645_convert_20200509121304 (1)

根付けというか、今風に言えばストラップ?
小鈴も付いています。
リリアンで、ニ三個括っています。

女学校で学んだ裁縫も、窮すれば作れる洋裁も、
戦後、20年もたてば、いつの間にか全て専門家に頼んでいた母。
それでも、手芸は好きで、特にお人形をよく作っていました。
小萩人形、さくら(衣装)人形、木目込み人形、市松人形、などなど。

どの作品もデパートに売られているものより
ずっと繊細で、形も良く、子供心にも一級品でした。
他人様に差し上げるばかりで、あまり残っていませんが
いまも、居間の棚や、私の部屋の床の間などにちらりほらり。

手芸の才能は継いでいません。
今思うと頭の良い、素晴らしい人だったのだと、感じ入ること多々あります。
あ、言い忘れましたが・・というかご存知の方も多いでしょうが、
母は継母。実母は戦争後、二年も経ずに、結核で死にました。
私、入学を控えた6歳の頃、父が再婚したのです。
自分の子供は産まずに、一生を良妻賢母として全うしました・・・。

平成10年、友人と八重桜を見ての帰り、転んで、その二日後4月15日没
「花のもとにて我死なん…」西行法師の歌のままでした。

父の死後、10年以上、なさぬ仲の私と私の夫と、二人の孫と過ごしました。
孫たち…我が息子と娘・・は成人するまで血縁を信じて
思い切り甘え、教えられ、叱られ、躾けられ、守られたのです。
だからこそ、私は仕事に専念できました。

まるでろうそくが燃え尽きるように・・享年、77歳、でした。
「和服がお似合いの綺麗なお母さまでしたね」と,
今になってもご近所の、お年を召した方に言われます。

私は、あと数日で78歳です。




今日の鎌倉は・・

 

安倍総理の会見の特徴は、
レトリックでごまかそうとする傾向がある。
「断腸の思い」とか「未来を作る」とか。
国民に説明する迫力がなければ説得力がない。



さて、不要不急だったかもしれないけど
ママレードを小田原の友人に送りたくてクロネコへ。
丁度、運悪く?鎌倉駅行きのバスが来たので飛び乗って
文字通りとっさに飛び乗って六地蔵前で降り、
御成り通りを鎌倉駅西口まで歩く。
散歩のつもり・・・

西口の時計台の周囲をリニューアルというか整備した様子。
IMG_20200507_143828.jpg

それなりに名の知れたレストランのテイクアウトがお目当て。
帰宅して‥・味見したら大したことない。ちょっとがっかり。
【牛ほほ肉のワイン煮込み】が2000円!。
こういうのって、弱みに付け込んでる感がある。
やっぱり、自分でつくるしかないのか・・。

鳥一のから揚げは美味しい。
これはもう、この店の定番で普段も良く買う。
若奥さんの不機嫌が気になるなあ。

それにしても御成り通り、開けている店が40%!
歩いている人も、連休中より多いのじゃないかな?
市役所前の通りも、車がかなり通っていたから・・・
自粛疲れか、銀行やら市役所やらへの用事なのか。
自分もぶらぶら歩いたから・・・責められない。

5205歩…歩幅が狭いからね、3kmぐらいかな。



断捨離

   


何でもないことが出来ない。
箇条書きに上げるのも嫌だから・・・書かないが
兎に角、この冬、急にできなくなったことが増えた。

肩脱臼のせいもあるけど・・左腕を動かすと、まだ痛い。
動きも不自然で、意のままにならない。
料理や整理整頓とか、
生活上の行為が不能ということは、かなりめげる。
肩や腕を庇っている間にかなり体力も落ちたようだ
体力と意欲は比例する・・
このままならば、この先、どうなるのかな?

老人のゴミ屋敷問題など見て、
だらしがない人だ、呆けている、など、心中で非難していたけど
もしかしたら、
片付けるだけの体力が、もう無いのだろうと思い至った。
何処か痛いのかもしれない。

兎に角、やり始めた以上,
やっと段ボール大きいの二個ぐらいにまとめた。
同じように考える人が多いのか、
ゴミ処理場が満杯、収拾が間に合わないから・・・
よって、ごみをあまり出さないようにとのご注意。

さもありなん。世は全て断捨離の奨励。
まして自粛の余暇を断捨離に明け暮れる人も多いのだろう。

老夫婦が倒れ、空き家となり、日々朽ちていくお住まい。
ある日、ブルドーザーで一気呵成に潰されていくのを見てきた。
家具も中身も一緒に・・
そうだよね、いっそ、それなら、悩みも体力の消耗も無いで済む。

今日も、異様な疲労感に、やりかけのまま、投げ出して・・・・
横になって・・・居眠りして・・・暮れていく自粛の日々。

ああ、また夕食の支度しなくては・・・

youtubeから。ご覧になった方も多いかも。


若い人が元気に歌うのは良いね。
笑いながら、歌いながら、台所へ向かいます。

アベノマスクは強いぞ♪




 

逢いに行く八十八夜の雨の坂

  


【夏も近づく八十八夜】♪。

八十八夜は、今年は五月一日だったそうです。
昨日の朝、NHKの【俳句】を見てたら、
素敵な俳句を講師さんが紹介してくれました。

逢いに行く八十八夜の坂の道・・・・藤田湘子

女性の句にしては大胆だなと思っていたら男性の句。
そうそう、湘子(しょうし)さん、藤田湘子の名を見たことあったっけ。

湘子って素敵な俳号ですよね。
湘南・・茅ケ崎辺りのお住まいだったのかな?
でも、あの辺りは坂道は少ないしねえ・・・

茅ケ崎までも、今は自粛です。
鎌倉、剣を投げたとういう稲村ケ崎からの風景です。
昔の写真。

1553408157867_202005040741002aa.jpg

逢いに行く・・・誰に・・・?

講師の女性が、「今となったら坂道は息が切れて・・」と笑う。
そうだよね~~!
そんな坂の上の想い人だったら( ^ω^)・・・別れましょうと言う事。

八十八夜は初夏の季語。


藤田 湘子(ふじた しょうし、1926年1月11日 - 2005年4月15日)
神奈川県出身の俳人。
水原秋桜子に師事。俳誌「鷹」を創刊・主宰。本名・良久。


  

老いゆくこととは・・

 


鎌倉、紀伊国屋のレジで、
綺麗なお婆さんがずっと店員さんと話し込み、行列がなかなか進まない。
まあ、裕福なご常連さん?「みんな待って居るのにね」って独り言したら、
別の店員さんが気を利かして私の籠をレジにおいてくれたんだけど…
彼女はどこ吹く風。並んでいる我々を睥睨しています。

支払い終わって、駐車場に出たら最新型の大きな銀色のベンツのセダン!
店員二人がお買い物のふくろ二つを後ろの席に載せていました。
ドアを開けてウロウロするご主人は、どこか足取りも怪しい銀髪のご老人。
昔は、さこそと思われる立派な風采の紳士でした。
おもわず、あの事件を思い出しました。

鎌倉旧市内には、時々上級老人が居まして・・我が物顔です。
朗らかな鵠沼や逗子と違って、気難しく、しっかり者で、細かい。
対応が、なかなか難しそうです。

上級老人にとっては、過去の栄光の、一種の誇示なんでしょうね。
どっちにしても自分で買い物をしなくてはいけないご身分。
(本当のお金持ちは、自分で選んだとしても、自宅まで届けさせています。)
社会性が身に付いた男性はともかく、
往々にして、自分も含めて、女性の多くが・・・
老い方を知らない。


IMG_20200503_115410.jpg
家の前の空き地に紫つゆ草がもう咲き初めていました。早いなあ~~

老いるとは・・・寂しいことです。
その事態を、早く自覚して、慣れるが勝ちなのに。

連休前の金曜日、
不要不急では無い用事で、駆け回りました。
紀伊国屋もビッグカメラも郵便局もセブンイレブンも混んでいました。

これはいかん、とおもいつつ、慌ただしく用事を済ませました。
手元の覚束ない、慌て者のお婆さんに、皆さん、親切でした。
精一杯、「ありがとう」を連発した次第です。感謝。


 

五月ですね。

  


まあ、五月いっぱいは自粛とマスクの日々だろうとは、
安倍首相の言を待つまでもなく覚悟の上。


PCをいろいろいじっている間に、不都合なことが沢山出てきて
思うに任せぬブログ制作です。汗(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
苦労してます。

マスクを頂きました!
何より、今時、手作りは最高のプレゼント。
割合、ポップなお好みの方なのに、私に合わせて?か、
地味目で嬉しいです。
夫さんの分まで用意してくださって感謝です。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST2_convert_20200501090204 (1)

でも、私が使います!
格好いいし、夫は白マスクで十分。
先日のお若い方にも、夫の分をご用意いただけたのですが
早速、私の分になっています。

何故、皆様夫の分も下さるのか?
夫さんの人気?

いやいや、最近はペアで差し上げるのがマナーなのかな?

もう一か月、頑張ります・・・自粛もマスクも。
体調が昨年秋より下り坂。眼の手術で慌ただしく、
肩の脱臼がそのおまけについて・・長い冬でした。

こうして、ブログでネットでお友達に支えられています。
ありがとう。