FC2ブログ

草笛日記 どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

サムシング・グレイト・・・

 

私は意地悪ですから
作今の新型コロナウイルス事件、あえて事件!は
神様の、人類への鉄槌だと思っている。

豊かな富を得たとばかりに遊び暮らして
勤勉を尊ばず、一日でも多く休暇を欲しがり・・・
自然を崩壊させ、地球を温暖化させ
様々な格差を黙認して・・・・解決しようとしない。

神をも恐れない所業を続ける人類、
そんな人類への、何かしらん大きな力が怒っているんですよ。

明日からは弥生ですね。梅の花びらの下で遊ぶ金魚は、やはり太り気味。
00000PORTRAIT_00000_BURST202_202002290918528e9.jpg

昨日、友人との電話の会話で
サムシング・グレイトという言葉を知りました。
「そう、何かしら偉大な力が作用しているのよね。」
地球上の人口を減らそうとしている?という結論は、同意しかねるけど
なにかしらん、人類に反省を促している存在があると思う。

サムシング・グレイトは、ネットで調べると様々な意味があるみたい。
ヒトの遺伝子が持つ人類の歴史を指す言葉でもあるらしい。
なれば、常に医学が追いつけないウイルスが出現するという事も。

宗教を持たない代わりに
昔から、何か不思議な異常を見る度に、いつも、偉大な力の存在を想う。
今日この頃の様相を見れば、
それこそ、
サムシング・グレイトの意志ではないかと・・・・

平凡だけど・・・言い換えれば、
何事も行き過ぎれは揺れ戻しが来ると言いうのが一番の理屈かな。

少々の時間、ひっそりと、穏やかに、つつましやかに過ごす・・・
それって、良いことかもしれない。







  

スポンサーサイト



映画【アンテイークの祝祭】を見たい

  



みなさん、新型コロナウイルス騒動・・いかがお過ごしですか?
ストックのマスクはあと30枚しかないし・・・何処にも売ってないし。
それでも、老人たちだけは元気に出歩いております。


さて、前々回のブログ、
カトリーヌ・ドヌーヴをフランソワーズ・アルヌールと間違えてた・・・・
最近の私の文章は散々です。 
眼は白内障の手術の後遺症、
手は脱臼の痛みで指も想うように動かない。
そういうときは頭も呆けるのでしょうよ。
認知症の入り口かな?
お許しください。

まあ、基本、おっちょこちょい。
だいぶん前に、イタリアの女優さん、ソフィア・ローレンを
ジーナ・ロロブリジーダと言ったり、しかもステージ上で・・・
映画【ひまわり】のヒロイン役ですよね。
この主題歌【ひまわり♪】を紹介した時のミス。

でもでも、先日の認知症検定検査、90点だったから‥まだセーフですよ!

さて、カトリーヌドヌーヴの最新映画が四月に上映されるって。

top_bg.jpg

実娘との共演で、母と娘の葛藤の歴史を
思い出の深いアンテイークを競売する母親を通して、描くそうですよ。
主題歌をさりげなく歌っていると良いなあ・・・期待しちゃう。

463087.jpg

豪華に衰えながら、

老化していくフランス女性を観に行きましょう!




 

静かな静かな鎌倉旧市内・・・

   


肩脱臼の経過診断のため外科医院へ。
CTを撮っての診断は順調とか。
「だって、まだ痛い」と訴えたら「あと二週間はいたいかも」って。
待合室にはいつもより幾分空いてはいるけど、がらがらではない。
二階の、リハビリルームで何やかやと肩と首筋のケアをしてもらう。

一か月前に持ち込んだ時計4個の電池入れ替え。
「できていますよ」の電話を思い出して【六地蔵】までバスで。
あれま、時計店【帝国堂】はおやすみ?

ホントに人影もなく、淋しい限りの鎌倉裏通り商店街。
長谷の通りも大仏前も。
MVIMG_20200225_105133.jpg


その中で、ポツンぽつんと、昔ながらの店構え、
酒屋さん、薬屋さん、八百屋さんが輝いて見えるのが不思議。
生活に根差したお商売は強い、どんな時も。

ともすれば,数年続いた外国観光客の大賑わいを横目に、
観光客相手の飲食店や土産物屋をしたいと心動くことも有ったろう。
誰かが・・・先祖が守ってきた商売にこだわった・・
それが正解ですよ。

六地蔵から大船行のバスに乗り込んだら、
アラララ…お客さんはわたし一人!
生れてはじめての経験!

正直証明、前も後ろも誰も居ません。
IMG_20200225_104825.jpg

鎌倉寺社巡り、花めぐり、いまこそ絶好のチャンス。
落ち着いた、狭い歩道で、すれ違うたびに
想いなしか互いに頭を下げて譲り合う・・・
あの鎌倉人の佇まいがよみがえってます・・
というか、
いままで大混雑で、飲み込まれていたのでしょうね。
  


【marsの会】へ…ご紹介

 


00000PORTRAIT_00000_BURST202 (003)
バックが皺みたいにうつっていますが・・
これは、オーロラみたいに、色を変化させてます。

三月の15日、日曜日、大船の【ヴィオレ】で、

徳永ご夫妻によるコンサートがあります。

ピアニスト徳永先生は、湘南の音楽シーンには欠かせない人材。
豊かな感性と高度なテクに支えられた伴奏、
歌を唄う人はみんな酔いしれます。
そのピアノに惹かれた・・ファンがたくさんいます。

同じく東京芸大出の奥様はメゾソプラノのオペラ歌手。
お二人を招いてのコンサートです。
クラシックな歌曲も沢山お聴きいただけるでしょう。

その会に勿体なくも前座?で数人が歌います。
私としたら、お二人だけの会を期待していたのですが
毎月一回、徳永さんの伴奏で歌っいる仲間を招待?してくださいました。


今回、フレンチ・ポップスの【人生はうつくしい】と
アメリカの懐かしい、【ザ ラスト ワルツ】を唄ってみます。 

【人生はうつくしい】はカトリーヌ・ドヌーヴが
熟年になってから撮った映画のエンドロールで歌っています。

ネットより
フランス映画【しあわせの雨傘Potiche(飾り壺)】(2010年)のラストシーン、
カトリーヌ・ドヌーヴが熱唱してふたたび注目を浴びました


300x.jpg

何も苦労も無かった良家の主婦が、夫の死後、事業を継いで
子供や家庭を守り抜くというストーリー。
あまりヒットしませんでしたが、
フランス女優といえば、この人を想う我らが世代です。

春らしく明るく・・と、思いつつワルツを二曲選びました。


Marsの会…月一回、土曜日に徳永さんの伴奏を得て
メンバーは自由に来て歌うという集まりです。
フランス語で三月という意味です。ちょっと気取って命名。
我々の歌はともかく、
ご夫妻の、仲のよいハーモニーと
そして、若くてうつくしい桃子さんの歌をお楽しみ頂ければと・・・


コロナウイルスなんかに負けられません。 
・・・と言って済めば良いのですが・・・・・


 

認知機能検査・・・

     

五月が免許証の切り替え時。
その前に認知機能検査たらいうのを受けに行きました。
不便な不便な自動車学校。
手広から柏尾川沿いに‥・大船駅には遠く、丁度中間地点かな。
肩の痛みは相変わらず。
それでも、「行かねばならぬ」
受験者が多く、試験場が少ない。
検査日は二か月前に決められていたもの。

受験問題の絵をみて吃驚仰天。
あまりにも古色蒼然のイラスト!
fe620a7f14a7e9f3b04806171cff9b43.jpg

私が受けた実物のプリントとは、絵柄の種類が違っていますが、
画のイメージは同じです。

え?え?ですよ。
戦車とかヤカンとか、ステレオとか、万年筆だって・・・いつの時代の絵?

このイラストを数分見たら、ページを閉じさせられて・・・
時計を書いたり、数列のある数字を斜線で消したり
いくつかの作業を挟んで、させ改めて、記憶力のテスト。
兎に角書いてあった物を思い出して、全部、ランダムでもよいから書く。

そのつぎのぺージには、設問があって、
身体の部分は?とか
鳥はなあに?とか
花は?とか

ステレオなんていつの時代もの?
いくら老人とはいえ、戦車が出てくるなんて!
高齢者を馬鹿にしているというより、あの業界の怠慢を見た思い。
まあ、試験管も、我々と同世代・・・それでも人員不足だって!

ま、そう思いつつも‥ヤッパリ結果が来るのが心配。
まさか、再テストにならないだろうが・・・満点は取れませんでした!

ネットで検索すれば、同様のテストが出てきます。
「受験前に見るのはいけないんだよ」と準備せず受験。
それに、75歳の時にも受けたからね要領は承知。同じ。

夫さんは・・・準備万端。もちろん100点だったってさ!
少しはボケたほうが可愛かろうってもの・・・。








神は細部に宿る・・・

 

微妙に美しい、些細な仕草、バランスの良い形態、を見ると・・
思わず浮かんで来る言葉です。

ドイツの諺・格言の一つ。
本当に素晴らしい技術やこだわりは目に見えにくいことの例え。
神が細部に宿るとは、格言の一つである。 英語では【God is in the details.】。



いちこちゃんのお手々。
可愛いでしょ。
いちこの全身が見えませんか?
私への信頼と愛情が・・・甘えが見えますよね。
この一点で、この猫は、存在価値が有ります。

00000PORTRAIT_00000_BURST202 (004)

この言葉には、もっと重要な意味があるのでしょう。
でも、視覚人間の私には、
世の中のすべての事象の・・・見える色、形、風情、オーラの有無が
好悪や善悪の基準になるのです。


決して形状の美醜ではありません。




3点(遠、中、近)レンズで・・

 


右眼も無事に済みました。

「良し!上手くいった」との先生の呟き、
あれ?上手くいかない場合もあるの?なんて。
屈折している患者さんです、我ながら・・。
今回はきょろきょろせず、なんとか落ち着いていたようです。

見える景色は、明らかに鮮明になっています。
テレビ画面の美しい事!
4Kっていうのかな?
でも、我が家のテレビは4K対応ではありません。
保険屋さんに診断書を送ったので、大金の入金が待ち遠しいです。

字の大きさの違いは、まだ、はっきりしません。
ただ…老眼鏡は役にたたず、かえってぼんやりします。
今はハズキルーペ頼りです。
眼鏡から解放されたいのが目的でしたから、
ハズキルーペからも解放されたいなあ。
いわゆる視力の度数が上がったとは思えませんが
はっきり見えるだけでも良しとします。

骨折脱臼さえなければルンルンなのですがねえ。

冬を超えたミニシクラメン。植えっぱなしなんだけどお利巧さんです。
IMG_20200213_105051 (003)

藤沢、善行の鈴木眼科の院長さん、50代かな?
初めてお会いした時は、もっと若く見えましたが、
そろそろ白い毛も混じって小柄ながら、お貌にオーラもおありです。
今が働き盛り、最新の知識と、熟練の技術をお持ちかと拝察。
受付や看護婦さん、検査技師、みなさん優しくて丁寧。
待ち時間もくるくると上手に患者さんを回して・・・
綺麗な良い病院です。お勧めします。
それに、手術は冬季が良いとか。

生命保険の最新医療保障云々も含めて
パソコンの先生のお言葉がけに感謝です。

唯一、通うのがねえ‥‥老齢の夫は頼れない。
我が家から善行までタクシーで3700円ぐらいです。





 

柄本佑について



【心の傷を癒すという事】 安克昌著

NHKでドラマ化されていました。
作品も著者の生き方も、素晴らしいとしか言えません。

EP_fWf3U8AAYmqo.jpg

ここで私が取り上げるのは。。。。
主役の精神科医師を演じた柄本佑について。

ハンサムというか、実に魅力的な俳優だということ


どこか整形したかな?
いくら見ても手術の痕跡はない・・・
独特の個性の柄本佑くんが、正統派美男になってる。
役柄の医師の個性がそうさせるのか?
父譲りの演技力がそう見せるのか?。

20190903-00068488-crankinn-000-1-view.jpg

すっかり、正直証明の二枚目でした・・。ファンになりました。
安藤さくらさんが惚れるわけです。(^_-)-☆

なお、これは独断と偏見にあらずです。
同様な感想を持った女性が多かったらしくて
ネット上でも、にわかファンが激増?と話題になっていますから。




新型コロナウイルス

    


横浜港に横付けされた豪華客船。
政府の考えは・・・
あの一種、密封状態の大型船の中で、
流行るだけ流行らせて・・落ち着いたら下船させる?って考え?

可哀そうに・・・
どんなに不愉快で不安の中にいる事だろうと推測する。

三年ぐらい前、同様の豪華客船に招待されたことが有る。
横浜,大黒埠頭発で、東京湾を就航する試乗会。

確かに、さまざまイベントもあり、にぎやかで、食事も美味しい。
それでも、我々夫婦は魅力を覚えなかった。
船内の豪華とはいえ、良く観れば、ちゃちな造り。
出演する芸人や歌手もそれなりだし・・・。

客室には格差があり
ベランダ付きから…窓も無いキャビンまで。
それぞれお値段相応なのだろう。
ただ寝るだけだから・・・窓が無くたって済むかも。
要するに、船の中、入った客室のランクが客のランクになる!。

食事処、イベント会場は平等で、格差は無い。
でもね、私は嫌だった・・・なんとなく感じるんだよね、これが。
私らの部屋は、ベランダは無かったけど、窓もバスタブもあったから
中ぐらいのランクだったのだろう。

一緒に囲むテーブルにはおしゃれをした紳士淑女?
ドレスアップということも無かったけど、どこか、ぎこちない。
こういう場所での、日本人のふるまいには、雰囲気が無いのよね。
その上、大勢が群れると、その民族共通の顔つきや雰囲気が出る。
我々が、中国の人や韓国の人を見る目は、
そのまま日本人へも向けられる。

だいたい、日本人には、豪華客船は似合わない。
残念ながら、場所にそぐわない容姿と行動

見ず知らずの他人と他愛ない会話をしたり
踊ったり歌ったりしない・・出来ない我々夫婦
カジノまがいのカードやルーレット遊びも面白くない。

今回のように、閉じこめられた時、
客室の格差は、スタッフからの対応にも影響があるのかな?

母国を離れるということは、実に危険であるという事。
父は「国の外に出たら、誰も守ってくれないんだぞ」と。
まさしく、今回の事件は、
安易に海外に出たがる日本人に一考を促しているのでは?
まして、持病を持ち大量の薬を持参してまで参加する意味があるのかな?
自己責任の範囲かもしれない。

今回のウイルス騒動、地球温暖化や、いよいよ利己的になる人類への
自然からの警告では無いの?とさえ思ってしまう。

久しぶりの独断と偏見にて



 

脱臼骨折と白内障手術

     



転倒後、二週間以上経っているのに、まだ、肩も、その付け根も痛い。
右肩まで凝ってくる。
炎症もあるから、微熱も続く・・・

昨日、また、レントゲンで確かめれば、順調だとのこと。
「でも、まだ痛い」と訴えれば
「そりゃ骨折してるもの。全治三か月はかかるよ」って。

何処か一か所でも、痛みが有れば、実に憂鬱になるのは知るところ。
それにしても、脱臼で済んだとほっとしていただけにがっくり。

白内障手術後の点眼の煩わしさと重なり・・・心身ともに消耗している。
一日四回の点眼が上手にはなったのが哀しい。

う~~ん、肝腎の視力はね・・・鮮明になったとしか言えない。

術後眼球を保護するためのゴーグルをかけて
その上に【Hazukiルーペ】をかけPCに向かっている。
術前にもハズキルーペをかけていたが・・・
現在のほうが、より鮮明で・・・少々、見易いかもしれない。
何に対しても期待はしない方だから・・・・少々でも満足
「世界が変わって見える・・」なんて奇跡は無さそう。

IMG_20200209_134328.jpg

13日の右眼の手術を待つのみ。
手術、あんまり気分が良いものでは無い。
眼をいじられるのだから当然かな。
「きょろきょろしないで」って医者・・・でもねえ不安ですよ。
「大丈夫、順調だから心配しないでね」って、ナースの声。
その声に、やっと落ち着く…ありがたい。

それよりなにより、
兎に角、肩の痛みが速く終わることを願っているんだけど・・・
何もする気がしないのでグダグダ過ごしている。



有りました‥・

  

馬鹿話です。

一昨日、テレビのあれ、リモコンが無い無いの大さわぎに。
後始末に自信がないから、冷蔵庫の中まで点検。

探索は夫に任せて・・・近くのコンビニまで外出。
ふっとコートのポケットに手を入れたら・・・硬くて四角い。
コンナところに?と、自嘲ながらに取り出したら、
あらやだ、これはスマホ!
23日に飛んで行ったはずのスマホ。
救急車が来る前に、痛い痛いの最中に、
スマホを、無意識のうちにポケットに入れた?

そういえば、このダウンコート、しばらく着ていませんでした。
袖口が狭いから、脱臼して以来、手にも取らなかったのです。

30日に新しい機種を買って、みつかったスマホは無効にしていました!!!

全く、不運続き、我ながら、悔しいし、情けない。
落ち着いて対処するべきでした・・・

さて、バカバカと呟きながら帰宅したら・・
「ほら、在ったよ、リモコン。ソファの隙間に挟まってた・・」って夫。


昨日、近所の方が持ってきてくださいました。
お庭に、もう蕗の薹です。

00100lPORTRAIT_00100_BURST20 (003)


新しい機種には全く不慣れ・・・何をどうしたら良いのかわかりません。
それに、スマホといえど、左手で持たないといじれないのですよ。
出来るのは
写真を撮って、メールでパソコンに送って・・・・こうしてブログだけ。
文章は右手だけで打てます・・・でも、バランスを取ろうとするのか左肩も痛い・・・・

明日は、いよいよ白内障手術。。。
 


いちこちゃん

 




寒い日のいちこは、
この辺り、エアコンからの暖風があたります。
そう、だから、もちろん、爺の指定席。
いちこの定席は
陽が射す日なら、二階のベランダに向いたガラス窓のカーテンの下。

00000PORTRAIT_00000_BURST202.jpg

さりながら
寒い日、陽が射さない雨、曇りの日は、一階に降りてきて、
爺がタバコを吸いに、席を立つと・・・・さっと、横取り、座り込みます。


00100lPORTRAIT_00100_BURST20.jpg
それでも爺が奪回に来るかもと、警戒の表情というわけです。
瞳の先には爺が優しく微笑んでいるのに、
まだまだ・・・油断大敵とでも思うのでしょうね。

野良育ちの哀しさなのか、この子の性か・・。
勿論、婆は、いちこの応援。爺を座らせません・・・

  
お願い。
スマホを失くし、新しくしましたので、ラインはもとより、アドレスが消滅。
携帯番号も消えて、ショートメールもできずにおります。
お暇な折に、メール、またはお電話を下さい。
その際、お名前も入れてください。
私の携帯番号は変わっていません。



早逝の友人・・・K.K先生

   

脱臼の肩を抱き、炎症による微熱に耐え、白内障手術の準備のため
目薬を差す日々・・・早逝の友人たちをおもいうかべます。

公文式教室を開いて9年過ぎた1984年頃?急速に仲良しになったK.K先生。
千葉の柏市、ニュータウンで素晴らしい教室を運営していらしたのです。
華やかな容姿と佇まいは、指導者群から一頭抜きんでた存在でした。

気付いた時・・・乳がんは、思いのほか進んでいたようです。
癌摘出後、急に誘われて、ニューヨークへ。一週間の滞在旅行。
あっけらかんとした彼女の元気さを信じました。

ブロードウェイでは、【コーラス・ライン】と【ブラック&ホワイト】を二人で楽しみました。
カーネギーホールのジャズ祭ではエラ・フィッツジェラルドを聴き
ダウンタウン、ブルーノートを恐る恐る訪ねたり・・・まだまだニューヨークが不穏な頃でした。、

そのご、二年を待たず、急逝。
お嬢様の「会って欲しい」の御電話で、その三日前におめにかかりました。
お医者様は、私に、「モルヒネの許可が出ました・・」と。42歳でしたか・・・

彼女は油絵を描くのを趣味にしていました。
公文公記念会館には彼女が描いた創始者の肖像画が残っているはずです。

私が指導者講座の講師に選ばれたとき、下さったマーガレットの花の絵です。

00000IMG_00000_BURST20200202.jpg

『あなたは、マーガレットみたいから・・・』と。
『あなたは何の花?』と問えば『私?胡蝶蘭かな?』って。
そう、胡蝶蘭のように、人工的で美しい不思議な女性でした。

よみうりホールの壇上、演壇の前で、赤いジャケットを颯爽と脱いで、
きりっとした表情で話し始めた貴方が、今も目に浮かびます。


つくづく、早逝が惜しまれます。


  

【愛した日々に悔いはない】♪

    

二月ですね。アッというまに・・・

青木fuki先生からの宿題の曲。
ミュージカル、コーラス・ラインから【愛した日々に悔いはない】♪
このミュージカルは、昔々36年前、柏市の公文の指導者、桐山佳子さんと
ニューヨークのブロードウェイで観た作品。
英語があまり理解できないまま、たくさんの出演者の、ダンス、歌に眼を瞠った・・・
思い出のミュージカル。


左肩脱臼・・・・思いのほか、いつまでも痛い。
常時、じくじく痛いから、意気消沈するばかり。
弱みをみせないがスタイルだから・・・・外に出ると頑張る。
がんばった後が、また痛みが増す・・・の繰り返し。

昨日、一週間の経過を診せに整形外科へ。
「快方に向かってはいるものの、無理すると、手術しなくてはならなく成るよ」、って。

気分転換に歌いましょう。


愛した日々に悔いはない

泣かないで 選んだ道が どんなに辛く 
この日々が 報われず 過ぎ去ろうと

このひびに 口づけし別れよう

ああこの想い 胸に抱き 別れ告げよう
躊躇わず 想いのままに 全てを捨てて
生きた日日に悔いはない

この道を ひたすらに
泣かないわ 好きだからこそ 命燃やした