FC2ブログ

草笛日記 どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

教育論について

   

この年齢になると、いろいろなものが見えてくる。

今日は、教育について・・・

教育ママともてはやされたのか、揶揄されたのか・・・その時代のママ
でした。

思うように育たない‥・学力、成績・・・長男を前に情けないと嘆きつつ
出会った友人、機会、に恵まれ、先祖や親の積善効果あってか・・・
歳を経る度に、むすこは良い方向へと成長して・・・結果は、願った大学へ、そして職場へと。
難しいであろう人的環境や、組織の要求を、上手くすり抜ける精神力も有りそう。
ついでに、周りから愛される資質も・・・
もちろん、医者や教授、学者、世に言うエリートでは無いが、
親から見れば、丸の内で働く望外の姿。

私自身、45年間、公文式教室を営みながら
様々な教育機関…幼児教育、塾、学校・・・の情報を見聞きして、
それらの基に教育されてきた子供達が、大人になった現在の姿を観れば、
これこそが真実だとおもえる本にであえました。

2018-9784838730131-1-2.jpg

子供自身の力・・・先祖から受け継いだDNA
暖かく見守る環境・・・家庭と学校
出会える人々に恵まれる運・・・友人、指導者

そう思うからこそ、
神社仏閣、教会、モスクとあらゆる祈りの機会を大切にしてきた。
だって、あとは、祈念するしかないでしょ。

親の教育次第だなんて・・思い上がりも甚だしい。
教育次第だとしたら、こんなに簡単なことはない
そうはいかないから、人生は不思議で面白い。


昨日、駅のエレベーターのなか、愛らしい男児を見れば、手を振り
清げなママさんには、「賢そうな良いぼうやね」と微笑みかける。
親子の姿を観れば、エールを送り、幸多かれと祈りたくなるこの頃・・・



スポンサーサイト



Facebookより・・・

 



23日の朝、転んだから・・・一週間前
駐車場の舗道側の縁石に滑って
愛車と縁石との狭い狭い隙間に落ち込んで、身動き取れず、肩を脱臼。
転ぶのは上手のはず。
広い場所だったら無事だったろう。

見てた人が、「スマホ」で電話しながら倒れた・・っていう。
いや、左の手で、電話しようとしてた・・・右手は車のカギをもってたのよ。
絶対、スマホは、飛んでったのよね。
ガードかけてるから、使えないのに・・・届けてくれないんだなあ・・。


まだ痛い。夜中、いつのまにか左肩を下にしているから?
低気圧だから?
少し、痺れているし・・・不安。


年寄りのモットーですよね。
82029172_2514354182141334_4306161385227681792_n.png

fbから頂きました。


 

【琵琶湖周航の歌】♪

  


カラオケが、まだ、スナックやバーにしかなかった頃、30年前ころ?
創始者公文先生と、局員さん数名と、指導者数名で、銀座?へ。
公先生の「私は、この歌しか歌えません」とて、みんなで合唱しました。


 

日本も公文研究会も私も・・・・夢に溢れた時代でした。

まだまだ右手しか使えません。 
脱臼って、結構、重症なんですよね。
今日は午後から、白内障の術前検査へ。
転ばないように‥‥祈る気持ち。








脱臼・・・2

    


まだ痛い。三角巾で吊っています。
左手が上がらないから、何もできません。

右手で、ゆっくり、作業するしかありません。
アップできなかったyoutubeが出てきましたので・・・。

公文の創始者、公文公会長のお好きだった曲です。
会議は踊る、されど進まず・・・ウイーン会議を背景にしたオペレッタ。
【ただ一度の】



昨日、狭窄症で、月一回、お世話になる外科へ紹介状もっていきました。
CTの結果、やはり、関節周辺が細かく欠けているそうです。
手術も有りですが、夫と猫を残して一週間の入院は避けたいところ。
なんとか、このまま、様子を観ましょうとのご宣託にほっとしました。

動かせない・・・動かすと痛いというじょうきょうです。
スマホも出てきません。

気がめいるばかりです。

ああ、なんて馬鹿なんだろう❕


悔やむばかりです。
もう少し落ち着いていればよかったのに。
唄う事しか趣味は無いのに、最近意欲がひどく無くなっていて、
家での練習は皆無の日々。
あの日も、朝、二曲を、5回ずつ唄っただけ。
声が安定せず、あまり気が乗らない状態で家を出ました。

まあ、自業自得。
嫌なら、断れば良いのに。例の【過剰適応症】気味で・・・
今年は、自分の意志と都合を、最優先しなくては、と改めて自覚。
もう老いたのだから・・・
昔、私に、言ってくれた夫さんの言葉、
『65才を過ぎたら、好きにして良い』って、こういう事かも。

夫さん、83才、
15年続けたハワイアン、ウクレレ演奏をこの新年会でリタイアーの報告したそうな。
潔い?私には、冷酷におもえたけど、正しい?
たぶん、中心的存在だった義理も、仲間や先生の想いも無視できる・・・
凄い!一種の冷たさ。わたしには無理!

そうそう、この潔さ、決断力、冷静沈着、は、無関心にも通じますよね。
それは、周囲には、淋しい事でもあるのですよ。











イタイイタイ・・・脱臼

   


「身体の何処かが、悪いみたい」って、
遠方の友人にLINEしたのは、昨日。

今朝、堀先生の会に参加のため藤沢へ。

やってしまいました。コロンダ。

イタイイタイで、救急車に乗せられて湘南総合びょういんへ
結果は、「左肩関節の脱臼」
腕を、もげるばかりに引っ張って、無事収まりました。
痛いのなんの。
大声で「せんせい、イタイイタイイタイイタイ」
「はい、深呼吸してね・・・・」って、お産を思いだしました。

未だ、周辺がいたみます。
三角巾で吊ってます。

兎に角、身体全体が弱っているということは確か・・。

倒れた拍子に、スマホが何処かにとんでいきました。
そんなわけで、ご用の方は、固定電話におかけください。





ついに買いました

 


お買い物用の車輪付きカートを買いました。
一か月前に、小田急デパートで見かけて・・・色が気に入りました。
くすんだような黄色?萌黄色?大は小を兼ねるから・・大き目。二万円余り。

DSC_0266.jpg

最近、お買い物帰りがものすごく辛くなっていました。
車の運転を極力避けて・・・遠くへはバスで、近くは徒歩で。
行きは良い良い、散歩気分なのですが、帰り道が辛い。
重くて重くて・・・なんども立ち止まり、左右の手を持ち替えつつ・・
眼科通院ついでのお買いもの用にと、思い切って購入したのです。

昨日は、少しの買い物なので、大袈裟かと思い、カートは持たずスーパーへ。

食洗器用の洗剤、お魚1パック、お肉2パック、お茄子に小松菜とみかん。
綺麗なキャベツは、重そうなので諦めて・・・いちこの「食べられる小魚」を5つ。
プレゼント用に【クルミっ子】を二箱。
いつもの必需品入れのハワイアン・キルトの布袋。
(中身は財布、スマホ、化粧道具、眼鏡、お薬手帳、診察券・・なんやらかんやら)

たった、それだけなのに、手に下げれば、重い重い。

コロ付きのスーツケースや、老人用の買い物カート、
いままで、内心では、観ていて、嫌でした。
傍の人にとっては、とても迷惑だからです。
混んだ駅構内や、狭いスーパーの中、
足を引っかけそうになったり、正直言って邪魔です!
だから、自分は絶対、持ちたく無かったし持つつもりも無かったのです!

その、ご迷惑を承知の上で、自分が持ってみてわかりました。
見た目ほど、引っ張りまわすのは楽ではありません。
あの車輪を制御するには、腕は勿論、腰にもけっこう負担がかかる。
階段や段差、バスの乗り降りには、持ち上げる必要が有りますし。
腕力があって、体幹が整っていて、初めて操作可能です。
改めて先輩方が、ほんの手回り品しか入らないような
小さなコロ付きバッグをお使いなのに気づきました。
二台目は、うんと、小ぶりの軽いものをえらびますね。

あ~あ、自動車免許返納を夢見ていましたが
やはり、車は手放せないかも!
過疎地の、スーパーが遠い人たちばかりでなく
都会に住む者にとっても体力の低下や足腰弱者にとって
買い物は、一大事業なのかもしれません。
早晩、
運動代わりに・・・なんて悠長なことを言えなくなる日も来るでしょう。



 

いちこちゃん



あ、ジジが来た!
いちこの、警戒心に満ちた貌です。

DSC_0264_202001201954496bd.jpg

夫さんは、とても可愛がっているのですが、
眼をじっとみつめて「いちこ!」って渋い声で言います。
それで・・・・こんな顔をして、すぐ逃げだします。
まだまだです・・・残念です。

DSC_0263_2020012019572832e.jpg
 
さて、いちこの模様は・・・
日光にある、左甚五郎が彫ったという【眠り猫】に似ているでしょ。
この種、白地に黒の班模様は、昔からある日本猫の模様でしょうか。

yjimage_20200120200609e84.jpg

いよいよ・・・白内障の手術を

 



明日、手術前の詳しい検査に行きます。
一週間後にも、また検査予定です。
2月の7日に左の眼の手術、一週間後に右を。

その間も、また術後も、毎日のような眼科通い。

自宅でのケアも必要ですので気が滅入ることです。

そんなわけで、一か月はブログも書けないかと思いますが
手術の結果は・・・吉と出るか凶と出るか?
不安ですが近代医学を信じて・・・・

11月の鎌倉芸術館での写真です。
昨日届きました。
大きなステージなので思い切って腕も出して大げさに手を広げて・・
15年前のドレスに、嬉しいことに身体が入ったのですよ!

ミュージカル、キャッツより【メモリー】を歌いました。
DSC_0258.jpg

小さな楽譜が読みづらい、そのうえ難聴のせいか、音が取りにくい・・
そんなこんなで、歌いなれた歌を唄いました。


お若い先生方には理解していただけないまま・・ただただ怠けてる?と。
これからは、新しい歌への挑戦がしづらくなるのかもしれません。




 

あの日・・・・





25年前、あの日、
早朝、鎌倉に、ちいさな地震がありました。
公文の指導者T先生と、青山子ども劇場の【アニー】を観に行く約束をしていました。
関西方面、淡路島で大きな地震があったとのニュースを片目に観ながら、外出。

藤沢駅に着いた頃・・・なんとなく駅全体にざわめいた雰囲気がありました。
あまり、気にもしないで・・・・青山まで。
当時、公文の優秀児の誉れ高った、菅野志穂里さん主演のニュージカル【アニー】!
二人で愉しんで・・・帰宅・・・初めて、ビックリ仰天。
テレビ画面には次々と燃え盛る神戸の風景が・・・

阪神・淡路大震災(はんしん・あわじだいしんさい)
1995年(平成7年)1月17日に発生した地震による大災害。


高校二年から、大坂、豊中にあった梅花学園に転入した私は
神戸市東灘区、岡本に住んで、豊中まで通学していました。
大学に入ってからは京都の寮に入って・・。
仲良しの友人の多くは、結婚後も、阪神から京都にかけてに住んでいたのです。

アナウンサーから、懐かしい街の名前が伝わる度に、不安と驚きでいっぱいになり、
京都の友人、東大阪の友人、宇治の友人、
その名前を、次々と思い、案じるばかりの一夜でした。。
後日、それぞれの怖ろしさの中にも、実害はなく、
みんな無事との知らせを得て、やっと安堵したものです。

あれから…25年経ったのですね。
五年ぐらい前に訪れた神戸は、見違えるようになっていました。
完全な復興の姿でした。
特に神戸、長田町辺りの風景、
三ノ宮行阪急電車の車窓から眺めれば、全く違う街です。

いま改めて、この日を迎えて、
都市には、たくさんの人々を失っても、必ず復興するエネルギーが有ると、、
感慨深く思うと同時に、。
ただ、当時、すでに老いていた人々はどうなっただろうか?と
いま、我が身になぞらえて、怖くなるのです。

おりしも、昨日のニュース【特に活発化している活断層】のなかに
我が三浦半島の入り口に、その黒い線がありました。

safe_image_20200118094530e02.jpg

芦屋の高級住宅街でも被害は大なり小なりあったはず。
「御子息がご立派な方のお家から、再建されていくのよね」
友人の言葉でした。

さもありなん・・・・




長話・・・

    


歳をとると、話が長いのよね・・。
って、私自身のことです。
話したいことがいっぱいあるから・・・かも?


昨日は町内の老人会の新年会。
総務の方や、副会長さん会計さん、総出で準備してくださって、
新春らしい、御支度が出来ました。

DSC_0255.jpg

さて、お話会とはいえ、乾杯から始まって・・・休憩を入れながらのスピーチを。
各会員さんに
「三分以内で、楽しいことを。病気のことは言わないで」と、失礼ながら
皆さんにお願いして、会員全員からスピーチを頂きました。

素晴らしい!
みなさん、短く楽しく気が利いて、すてきなスピーチが続きます。


さて私の番、
つまらないことをたらたら喋ってしまいました。
そのあとで、会長としてのお願いやら決意やらをつけ足したので
申し訳ない、三分以上をつかってしまいました。

反省です。
つい、話したくなったのよね。それを自制できなくなっています。
三歳にして、実母を亡くしたことなんて,無駄なことでした。
そのうえ、言いたかった真髄は、結局言えなかったからバカみたいです。。、
結婚後も仕事を持ったことや、責任感に過剰に反応することの所以は、
この幼児経験だということ、、私のトラウマになっていることだと。
意味のない長話は老化現象の最たるものですね。


皆さんに、楽しんでいただいて・・・・正午前には終了。
さて、あと一年、会長のお役を、ただ形だけさせていただきます。
令和三年度には、新しい会長さんにバトンタッチできそうです。
やれ嬉しや!






 

六地蔵・・・

 


11日、土曜日だというのに、緊急の招集。
決算予算の点検というか、会議ですって。
こうやって、予定外に召集がかかる。

鎌倉市役所から事務局として一名、お手伝いしていただいている。
高齢者生き生き課に在籍。
市役所の定年は62才?その後、なくてはならない人なので
一年一年更新しながら、老人会連合【みらいふる鎌倉】のために就任している。

ただ、彼も、不安定なのか、
この時期になると「来期は居ないかもしれない」と言ってくる。
其の度に、私の心臓が痛い。
だって、彼が居なければ、正直言って、みらいふるの活動は停止せざるを得ない。

それほど、この会は、彼に任せ、彼を頼りにして来ているのだから・・・
毎月の役員会、定例会、
毎年の総会、表彰式、賀詞交換会、イレギュラーな諸々のイベント。
全て、総務の責任の下に計画実行しているのです。

実際【みらいふる鎌倉】を動かしているのは、この課員さん!。
彼が居なければ・・・初めての仕事ばかりで、何をどうしたら良いか判らない。
かといって、市役所に、彼の後任者も居なさそう。
何処も同じ、人員減を狙う市役所として…どうする気なのか?
後任者を置かないということは・・・もう手を放したいのか?鎌倉市は。
老人バッシング・・・・非生産者に税金は使えないとか言う?
勿論、子供や青少年育成のほうが大切かもしれないけど、
平和で豊かな国を築いたのは私たち世代!
人口の三割を占める高齢者層をないがしろにしてよい物だろうか?
税金を払っている天気な年寄りを大切にすることも市政の大事なことではないか?
直接、市役所の担当課長や、部長と話し合いをせねばと悩む。

勿論、私の上の決定機関として、会長と副会長三名が居る。
その方たちが第一に悩み心配するのが順序というもの。
私が悩むこっちゃないはず。

会議場は、鎌倉市福祉協議会のビル。
その手前、バス停六地蔵前の・・・・綺麗なお正月支度のお地蔵様たち。

DSC_0253_20200111144530c73.jpg
どのお地蔵様がイケメンかな・なんて罰当たりを。
いつ見ても、お掃除も行き届き、周辺の皆様のお手入れと感謝したくなる。
今日は、いっそう、丁寧にごあいさつして、お願い事を・・・・

我が町の、私の後任者も三年越しで決めてくれない。
だれがやってもできる事。
責任を取りたくないというだけなのか。
それはないよね、参加して楽しんでいるのだから・・・

14日は町内の老人会、珀桜会の新年会。
終わったらまたすぐ、三時半から、【みらいふる鎌倉】の三役会へ。
あ、その前に徳永先生のレッスンが二時から入っているし・・・
欠席は出来ませんよ、レッスン代を弁償する義務があるからねえ。

忙殺…文字通り、今年も忙殺されそう・・・。

  




初詣

 



やっと、初もうでに出かけました。
なんといっても、鶴岡八幡宮へ詣でます。
いつも二日の日に行くのですが、参詣人が多くて多くて・・・

もう、今年は、若い人に混じるのをあきらめて
申しわけないけど、9日に。

あら・・・人出が少ない。
小町通りも、段葛も、神社の中も・・・・少なくて拍子抜けしました。
普段の土日より少ない。
7日の大船も、淋しかったから・・・不景気なのかな?
DSC_0239_20200109180008443.jpg

DSC_0243_2020010918000912f.jpg

本殿を背に、舞台を見下ろしました。
段葛から遠く海まで見えるはずなのですが・・・・逆光です。
DSC_0250_20200109180011d5a.jpg

息子の勤め先の鎌倉支店。瀟洒なビルです。
DSC_0242_20200109181325336.jpg

出来たときはブランド、ポロ・ラルフローレンのお店でした。
それから…フランス料理店になって・・・ついに銀行が入りました。
余談ですが、服飾品を店頭に並べるという販売は少ないですね。
みんな通販でしょうか?あるいは都心に出ないと・・・・

さて、夫の名前の一文字のはいった、息子、すぐに、親子と判ってしまいます。
支店長さんのご丁寧なごあいさつを受けたそうです。
支店整理の今、この美しいビルを、いつまで銀行さんが維持できるのか?

おもえば、売り手市場の銀行への就職。もう一安心と思い込んでいたものです。
銀行が立ち行かない時代が来るなんて!。先が読めません。
まあ、息子は、丸の内勤め、「大丈夫だよ」と笑いますが・・・。


母親は、子供の行く末を、いくつになっても心配します。
新年早々の親馬鹿をお笑いください。

とはいえ、そんな先まで、心配できないのも事実。
昨日の雨で清められた空気と、温かな光の中、高くて青い空の下、
夫とゆっくり歩きました。7500歩でした。




 

脱走・・・

    


賀詞交歓会から戻り、疲れ果てて、ちょっと横になり、
6時ごろから夕飯の支度、食事とこなして・・・・9時ごろ、気づきました!!
「いっちゃんは?」猫がいない!
普段、帰宅する私を待ちかねたように二階から降りてきて
おやつやら食事やらを催促するのですが・・・今日は一度も見ていない!

二階、娘の部屋から我々の寝室、納戸と化した息子の部屋まで探しても居ない!

夫婦ともに、今日は朝から外出。
いそがしい朝の仕事で、気もそぞろの中、
年末からの初めての【燃えるゴミ】収集日だったので
大きくて重いゴミ袋をだすのに手間がかかり、玄関ドアを開けっぱなしに?!

やっと、一年半かけて家猫になったというのに、またかいな!
氏より育ち、幼児期の育成歴の影響は消えないの!?
これだけ探しても居ないならば、脱出したに違いない。
可愛くなったところだもの、いなくなったら寂しい!哀しい。
ぐちぐちと呟きながら・・・右往左往と家中を散々探し回りました。
ついには、
風吹く寒い中、リビングの掃き出し窓を開け、げんかんドアもあけて・・・・
「いっちゃん、いっちゃん」と、何度も呼びかけ、外の道路まで見回り・・・、

やはり、私には飼うのが無理だったのか?とすっかり落ち込みました。
何をやっても、駄目になったなあと・・・自己嫌悪
猫の存在を一瞬忘れていたということ!つくづく情けなく成りました。


それが・・・10時過ぎ頃でしょうか、
ふっと見ると、窓の下から、部屋の中を伺う気配、ミヤ~ミヤ~と鳴き声が。
「いっちゃん、お帰り、おはいりなさい・・」と何度呼び掛けても
さんざん焦らして・・・上がって来ません。入って来ません。
夫さん、「今に帰ってくるから玄関だけ開けておけば大丈夫だよ」と。
わざと無視して、30っ分も過ぎたころ、白い塊を椅子の下に見つけました。

脱出劇、朝早くから12時間は野良をしていたのでしょう。

すっかり甘えん坊に戻って、隣りでのんびりと足先の手入れ。
TVの前で、画面、岩合さんの猫歩きを、今日も観ています。

DSC_0230.jpg

ゴロゴロとでかい態度で私の横に陣取り、足先の手入れ。
この子は先猫のん太とちがって、手や足の所作がとても可愛い。

DSC_0236_20200108143118e8c.jpg

去年の今頃、飼い始めて三か月後、脱出し、
10日間も、野良に戻って、保護猫屋さんやご近所を巻き込んで・・・
大騒動をしていたのです。夫さんの日記に在りました。

冷静沈着な夫さんが、案外心配してくれたので
『いっちゃんが可愛いのね?』とひやかしたら、
『猫はどうでもよいけど、あんたがギャーギャーと悲しむのが嫌だから』ですって。

昔々、初代の愛猫が脱出した時に、
亡くなった母が、同じようなことを言っていたのを思い出してしまいました。

私の騒ぎのエネルギーは、かなり大きいのでしょうか、
申しわけないことです。





賀詞交歓会

  

昨秋から準備に追われた賀詞交歓会、やっと終わりました。

晴天続きだったのに、今日は本当に寒くって・・・
七里ガ浜プリンスのバンケットホールの駐車場より
踏み切りと、江の島と、丁度、通過する江ノ電を寫しました。
曇天の中でのスマホ、上手ではありませんが。

DSC_0229 (005)

司会は小一時間を、立ったままです。
疲れました。腰痛もあります。
そのうえ、カラオケで一曲【夜明けの歌】を歌いました。
声がうまくコントロールできず、キーも低すぎて・・・まあまあでした。

50万円弱のお支払いを、フロントで済ませて・・・なんだかだ立替分を頂いて、
新年早々の一仕事を終えました。





 

いちこのお正月

  


いちこちゃんにとって、大晦日と元旦が最悪でした。
娘が泊りがけで来たので・・・・
ほとんど二階の娘の部屋(だった)に閉じこもり。

餌とお水とTOILETだけは仕方ないので
そっと、いつの間にかという状態。

さあ、二日目からは、ばばの溺愛のなか、悠々とソファを占拠して・・・
ふいと、テレビの真ん前に。

実像ではないと承知のようですが
さすがに、白猫の大写しにさそわれたのでしょう。
自分に似ている猫だから?

昨日の岩合さんの【世界猫歩き】

DSC_0225_20200106015739a67.jpg

カナダの美しい庭園
DSC_0226 (003)

4日に、藤沢のビッグカメラに、ポータブル掃除機を買いに行っただけ。
殆ど、じっと家にこもっておりました。
食事作り以外、何もしない。
NHKBSの番組をこころゆくまで愉しみました。
寅さんの映画と、今日は【三丁目の夕日】と
画面の中の懐かしい昭和の風景と世相の中に
自分の歴史が重なります。
「あの時はね・・」と夫さんに話しかけても返事も在りません。

こうやって、呆けていくのだなあと、かすかな予感と共に。


さすがに、明日こそは、7日の練習をしなくては。
七里ガ浜プリンスでの、みらいふる賀詞交換会があるのです。




 

紅白歌合戦と箱根駅伝と・・・

  


紅白歌合戦。
面白く無かったです。
だって、
知らない歌手ばかり
グループや団体ばかり
ジャニーズ事務所ばかり
ラグビーばかり
司会者がマンネリ
気負い過ぎた衣装や大仕掛けの舞台が変!
口パクが散見して興を削ぐ、
実力ある歌手に、マジックや、けん玉なんかいらない。ちゃんと歌わせて
スポーツ選手とノーベル賞博士を同列に扱う、司会者の配慮不足。
第一、審査方法が変!
ジャニーズ・ファンの投票を、数のうちに入れる審査方法の不公平。
今回も紅組が勝ちだった!はず。
馬鹿馬鹿しいと思わないのかね、演出家は。

‥・毎年、お節料理を作りながらも、それなりに楽しみにして観ていたが
去年ばかりは途中でお風呂に入ったりパソコンいじったり。

昨日今日の、箱根駅伝・・
どの学校の選手も、イケメン揃いに感心したことは確か。
トップランナーばかりでなく後ろの選手にも気配りしていたけど
これは勝負事なんだからさ、そんな気遣いは不要!
カメラワークが動きすぎて集中できない。
アナウンスが画面とずれていて、イライラする。
解説が、素人や学生にさせるから、その場しのぎで同じコメント。
全く、説明にも批評にもなっていない、日和見的でお世辞ばかり。

二日とも晴天に恵まれたこと、気温も丁度よかったこと
その効果からか、新記録が続出したことは良かったのかな?
ド派手なシューズに秘密があったのかな?

ドローンなのか、あの歩道橋からなのか・・懐かしい風景。
yjimage_202001031549569d3.jpg

・・・
というわけですが、以上、文句ではありません。
ただただ感想を少しばかり。
今の日本は、
こういう状態の社会なのだと承知することにしました。

ようするに観なきゃいいのよね。

 



あけましておめでとうございます

 

今年の年賀はがき。
pcの先生にお任せで作っていただいたのです。
80枚、印刷しました。
喪中はがきの多さに、住所録をピックアップするのも面倒となりました。
(で・・・・住所は手書きというお粗末・・・)
もう、こんな仕事も苦になりだしています。

あ、新年早々の愚痴です。
DSC_0237_20200101104845446.jpg

昨日、帰宅した娘からのお年賀です。
京都、鶴屋吉信の練り切り。お多福豆を模した福は内。。
文字通り,おおきな福が沢山来ますように。

DSC_0238.jpg

DSC_0239.jpg

まずは、ご仏壇へ・・・
DSC_0241_202001011114029fb.jpg


昨夜の紅白歌合戦のつまらなさも、今年はアップしません。
しなやかに受け入れなくちゃね。
これが今の時代にふさわしい演出ということなのでしょうから。

今年もよろしくお願いします。