FC2ブログ

草笛日記 どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

勝った勝った!

   

20190928_japanaireland20_ay.jpg

世界最高峰のアイルランドに勝ちましたね。
臥薪嘗胆、粉骨砕身、四文字熟語が浮かびます。

日本選手の個性的なこと!
髪型も、顔つきも、‥・それぞれが際立って、それぞれが荒々しい!。


一方、アイルランドの選手たちがみんな同じ髪型で大人しそうで。
日本と対照的になって、弱弱しく見えるのは何故?

あ、紳士的なんだよね。きっと。
それと、ジャージが緑色っていうのも原因?
緑とか青とかは、赤白縞々と比べて、いかにも平和的だものね。
少なくとも戦意を促さない。

そうそう、日本代表、オールジャパンが
ユニフォームを紺色にそろえるのもいかがなものかな。
そのせいか、ドーハの世界陸上で、日本選手の成績が上がらないみたい。

 



スポンサーサイト



和食のお店、こふく

  


神奈川県鎌倉市浄明寺1-3-1
杉本寺前バス停から歩いて五分の古民家。
しもた屋風の、昭和感一杯の家です。
私が育った家ですと言いたいぐらい。(^_-)-☆

150x150_square_305184_201909281934240b4.jpg


年に三四回、幹事をしてくださる方が居て、気楽に伺います。
今日も、食事後、すぐに、来年、1月の予約を入れました。。
メンバーは、10人前後、【紫陽花会】、町内会の・・・いえ、今や、老人会・・・仲間。

クルーズに続いての贅沢ランチ。
和食ながら、ちょっとイタリアンの風が入っていたりで美味しいです。
「肥っちゃう」と言ったら、「晩御飯食べないの!」って。
でも、今晩は、自慢のマーボ豆腐を作っています。


周辺には、杉本寺や、報国寺など、名刹古刹がならんでいますが、
何時も急いで一直線に帰宅するのが常で、いつかゆっくり回ります。

お料理の写真を撮るの忘れました。m(__)m
とにかく、このお店、お勧めです。


 

ゴミの処理

    




鎌倉だけではないだろうが、ごみ処理は大問題。
処理施設の充実、集積するか、個別に出すか・・・
各戸が分別するのは何処も同じだが分別の区分が違う?

鎌倉のペットボトルの処理は、ラベルと蓋は、はぎとり、プラゴミに出し、
容器そのものは、ペットボトルの日、水曜日に出す。

これ、何本あるかな?40本以上!
DSC_0083.jpg

ペットボトルの入っていた段ボール箱、大量の資料の入っていた段ボールは
月曜日の段ボールの日、月曜日に出す。
DSC_0087_2019092810185564d.jpg


そして、残ったたくさんの資料!パンフレット。これも月曜日の紙類の日に。

これらは、みんな昨日の横三ブロック会議で出たもの。
神奈川県老連が統括する横須賀三浦ブロック老連、(葉山、逗子、鎌倉、三浦)
各連合老人会の、神奈川県老連の、通称横三ブロックの合同会議。
各会長や、事務局や、役員、会員、総勢70人分です。
今年度は、【鎌倉みらいふる】が幹事市とのこと。


御成小学校の裏手にある、福祉センターでの催し。
朝8時には家を出て、会議が終了し、反省かたがた来期に向けての役員会が終了し、
これ等のごみを一切合切積み込んで、駐車場を出たのは6時半でした。
すでに真っ暗な駐車場での作業


朝10時から、昼食をはさんで、午後4時まで総合司会を務めて・・・
ゴミ処理を請け負って、得たものは(購入)、木製の足踏み器なんと15000円!

DSC_0084_201909280946001d4.jpg

老人会活動の日は、何やかやとセールスが入る。
この足踏み器は、福岡からわざわざ持ってきての売り込み。
福岡・・なつかしい、ミッション(福岡女学院)を知っているという営業マンにほだされて。



いやいや、言いたいことは、
みなさん、集会の場、特に公共施設でのごみの処理は厳しいのです。、
ペットボトルやお弁当の殻や不要なパンフや資料や‥・
全て、お家へ持って帰りましょうね。でした。

誰かが、処理をしてくれている・・・・。







ニューグランドホテル・・

 

横浜の住人には懐かしいホテル

クルージングランチを終えてから、大桟橋から山下公園の前に出て
横浜ニューグランドホテルに立ち寄ってコーヒータイム。

caption_201909261847183e0.jpg

数年前に改装してしまい、面影は?と少し心配していたが
大丈夫!玄関もロビーも昔の儘。1926年創立のクラシックホテル。

そう、玄関を入ると目の前に現れる・・あの階段も!
10803446.jpg

喫茶室まえを通り抜けると中庭。
10803443.jpg



東京の、帝国ホテルがすっかり様変わりしたのとは大違い
さすが、横浜!、
昔の異国情緒をたっぷり残したレトロ感が今も満載。
殆ど変化なし。ただ後ろに高層の客室がくっついたのかな?

さすがに喫茶室は公園沿いの出窓をいくつかつぶしていたが
仕方ないと思える範囲。

嬉しかったです。
時間に余裕が出来たら、また、一人で来て、ゆっくりお茶したい。
隣の横浜バーニーズにも行きたい。

最近、すっかり鎌倉福祉センターへの日参(老人会活動)ばかりで、
洒落た風景にも会えず、狭い範囲をウロチョロするだけになってる。


写真、スマホで数枚撮りましたが、いかんせん、未熟で。
そういうわけで、写真はネットから頂戴しました。
この通りに、美しい佇まいでしたよ。(^_-)-☆




 

横浜湾クルージンズにて

   

町内の老人会、珀櫻会の、希望者9人で、クルージング。
朝になって、キャンセルのキャンセルが。
「今日は体調がよいから」とのこと。
もう、連絡がつかないので・・・・我慢していただいた。

京浜東北線、関内から大桟橋まで‥・かなり歩く。15分以上かも。
足腰の弱い方々が半数だが・・90歳の紳士も元気に歩く。

さて、
あの、木製の大桟橋から出航して直ぐに、ベイブリッジを潜る。
DSC_0069_2019092507210031e.jpg

クルージングは、当然、ランチ付き。
中華料理だったが、さすがに手が込んでいて、美味しかった。

あれ、後ろ甲板に、カモメさん。
DSC_0074.jpg

二時間ほど経て、帰って来ました。
美しい横浜港の景色。整然としながら優雅な眺めが嬉しい。
天候は薄曇り。もっと光り輝くビル群を見たかったけど
暑いのはたまらないから…このぐらいでちょうどよかったかな。
DSC_0079.jpg

この辺りの何処かに、カジノが出来るとか出来無いとか?
あああ、騒がしいことだけど・・・・広大な空き地が確かにある。



 

次期、会長の選出

 

ここの町内の老人会、珀桜会で
、わたくしメ、二期四年相勤めましたので、任期満了。

「ついては、早速、今年中に次期会長さんを選出していただきたい。」
と、強く申し入れました。

昨日は、ニコニコカフェの日。
いつの間にかできていた有志の設営する町内会の集まり。
固定メンバーではなく、来たい人が来る集い。

DSC_0067_20190924090255059.jpg

老人会も在るのになんで?って不審におもいつつ・・・・今年で四年。
その、カフェで申し入れました。
何故なら、重鎮?(元町内会々長様が二名も)がみんなここに集まるからです。
実は、町内会の事も老人会の事も、いつのまにか、ここで決まってくるのです。
祭り上げられたまま、私は傀儡状態。(^_-)-☆

おもえば、腰椎狭窄症の悪化で、車いす状態の私を推挙した方が前会長。
(もうその方は亡くなりました)何も知らないまま、就任したのです。

もう良いでしょう!
四年間、根っから組織人ではない私が、老人会活動を守ってきましたので。
ただただ、世のため人のためと、恩師公文公さんの言葉を胸にして担ってきましたが、
もう勘弁してもらう。


もし次期会長が決まらなかったら、
珀桜会はみらいふる鎌倉連合会を脱退する?との意見まで出ました。。
「入っていてもなんの利益も無い」ということらしい。

なんだ、そうなのか。
それなら・・・・・・というわけ。
エネルギーの全てをすいとられてしまったこの四年間、何だったんだろう?




  

キャンセル恐怖症

   



そうだった。
仕事をしている時、一番いやなのは
一番こたえるのは
一番の精神的ダメージは
退会願いのお電話!お手紙!

そうだったのよね。
ウン十年間、その嫌な気分に耐えて耐えて、
その頂点で、仕事を辞めたような気がする。
「生徒さん集めを事務局がしてくれたら・・・」と願いつづけて・・・
これがトラウマで、電話嫌いが始まり、キャンセル恐怖症に。


いま、個人的には、コンサートの御出欠
公的には、町内の老人会の旅行の御出欠
みらいふるオール鎌倉老人会のイベントの御出欠、

そのキャンセルが直前まで来る。
其の度に、凄く心が落ち込むという私の悪い癖。

落ち込む必要が無いのにね。
人数の訂正や返金の用意や・・・手続きの面倒もさりながら、
なにより
自分が全否定されたような情けない気分
になるのだ。

どちらにしても高齢の方々
ご自身の体調、おつれあい様やご家族の体調、趣味の会、法事、などなど
それぞれの御都合はあるだろうし、
一か月も前に立てたご予定が不可になることは当然の事。
集めた私のせいではない。
それでも、キャンセルは身に堪える。

だから・・・人集めは嫌
来年は、人集めをしないで済むコンサートにしか出ない!
集客の必要なイベントは一切しない。


女子ゴルファー渋野日向子さん
yjimage_20190923105729786.jpg

しゃがむ・・難しいポーズも品が良い。
201909220000139-w500_6.jpg

笑顔ばかりでなく、どんな姿もすっきりとして、上品で・・・ウエアも素敵

大逆転のニュースで、気分がすっきり、昨夜はよく眠れました。







大船のコンサート終わりました。



   
【泣かないでアルゼンチーナ】は止めて、愛の賛歌を歌います」と
さらりといってのけて、【愛の賛歌】を歌いました。。

【愛の賛歌】というと同時に、客席がざわめきました。
皆さん、大好きなんですね。きっと。(*´▽`*)
ウキウキするんだそうです。

歌詞はピアフの原詩に近いので甘くない。
例え死んでも愛し続けるという・・・・凄いセリフ。
ストカーに近いよね。

それと、カンツオーネ【青空に住もう】
映画音楽【恋を夢見て】を歌いました。
あれ、どちらもストーカーっぽい。(^_-)-☆
三曲とも短くて・・インパクトの強い歌詞です。
それでも、一瞬頭が白くなって、ドキドキハラハラ。


終わった終わった!
心の重荷、いつも滓のように沈んでいた気分が一掃されました。

【愛の賛歌】にしてよかった!
ちょっと間違えたけど、ドンマイドンマイです。

青木fuki先生は、
新しい歌、懐かしい歌、五曲も歌ってくださいました。
それぞれの歌の世界が明確で、声まで違って聴こえるのです。
【ジュ・テーム】 には、圧倒されました。
お客様も、シャンソンの魅力を堪能してくださった事でしょう。。

おこしくださった皆様に感謝です。
そういえば、去年も台風予想の中だったこと思い出します・・・

我が家の台風被害。今朝になってよくよくみましたら、
庭木が、なんとなく荒れて・・・草花はみじめな様相です。

DSC_0065.jpg


DSC_0064.jpg

 

災害支援の動き

  


千葉の被害が・・・報道されるたびに酷くなっていますね。
風害の結果、倒木や電柱の倒壊、飛んだ物体・・・等々で。
思いがけない場所で想いがけない被害。
電力ストップという二次被害に悩まされている千葉県民のみなさま。

被災者の皆様に心からお見舞い申し上げます。

YOSHIKIさんが1000万円、千葉へ寄付したとか。
氣志團も、売上金をすべて千葉へ。
有名無名の方々の支援金が確実に被害者の元に届きますように。

「うちの銀行も、支援金か物資を送ろうと思うんだよ。」と,先日息子が言います。
エリアを統括していますので、千葉も入っているのか、いないのかは知りません。
でも、遅ればせながら送ろうかと・・・・頼もしいです。
ちょっと遅きに失しているかもと思いますが良い事は思い立った時にする。
「遅れても、良いのじゃないの?」と答えました。

思い出しました。
55年前にもなるでしょうか、新潟の大地震被害。
1964年、6月、新潟を大震災が襲い、信濃川に掛かる昭和大橋が壊れて・・・・

000005.jpg

東京からの交通も遮断され、回復していない中、
父が、おおきなリュックを背負い、いろいろ物資を入れて新潟へ旅立ちました。

「乗り継いで行けば、何とかなるから」と言い残して。
ボランテイアなんて言葉が世間に流れていなかった頃のことです。
支社の社員と、お得意様のご家族のために・・・が目的だったと思います。
ちなみに、父は少年時代に関東大震災を経験していました。

そんな話を息子に・・・父の孫にあたります・・語りました。
息子は当時の父と同じ年頃でしょうか?

初めて聴く話に、じっと、考え込んでいましたが・・どうしたことやら・・・





 

孫娘

 

敬老の日だからと、夕方、一家でやってまいりました。
大学生になった孫息子は、いよいよ無口になり、
茶色に染めた洒落た髪型で、流行りの小顔。今風の、モテそう・・な容姿。
写真を撮ろうとすると避けようとするので、今回は、遠慮しました。

孫娘は、根っからの天真爛漫。
こう?なんて、可愛いポーズをとってくれました。
私には似てないような気がする。
可愛い自慢の孫娘です。22才。就職して一年生。


DSC_0052.jpg
 
ちょっと軽い強迫神経症気味で、毎朝鎌倉駅からグリーン車で通っています。
人ごみに入ると、どうしても居られなくなるそうです。
高校二年生の時、一年間、オーストラリアに留学していますが
何事もなく、楽しく、過ごしていたのに…不思議です。
朗らかだし、ちょっとユーモラスな仕草や物言いをする楽しい子です。
「バアバに似ているって、いわれるよ」なんて嬉しそうです。

その明るさが、神経を傷めるのかもしれないと…案じています。
周囲に気づかいをし過ぎるのかも。
いつも良い子で居ようとするからかも。

グリーンで通わざるを得ない・・月4万の交通費とか。
贅沢な話ですが、息子も我が夫も「それで良い」と言いまして・・・
孫娘は、「その分贅沢しないよ」と健気なことを言っています。
通勤服以外はつとめて質素に、また、遊興にも関心がない様子。

唯一心配なのは
「ボーイ・フレンドは要らない!」と断言する事。

まあ、それはそれで良いかと、私も納得するしかありませんよね。

親子関係が悲劇を呼ぶ事件を聞く度に想うのです。
親子四人で、仲良く、明るく、それなりに暮らしている様子に
これ以上のありがたさは無いと、神様に感謝しております。




 

曲目の変更・・すみません

    


いよいよ、今週末、21日は青木fuki先生との発表会。
三曲歌う。

青空に住もう・・・カンツオーネ
恋を夢見て・・・映画音楽
泣かないでアルゼンチーナ・・・ミュージカル、エヴィータより。

のつもりでした。
変更します。【泣かないで・・】を【愛の賛歌】に。

どうしても、ピアノ伴奏とかみ合わない。
伴奏が聴こえると、リズム感が鈍って・・・混乱する。
たぶん、和訳の歌詞の配り具合が、私の感覚と違うのか、
単なるリズム音痴なのか!
唄えない・・・唄ってて、楽しくない・・・練習にも身が入らない・・・
要するに練習不足です!

かといって、自信のないママ、歌うのは嫌だ。
「どうあれ、歌ったほうが勝ちだよ!」と徳永先生は言うし、
プチロンド仲間は、「みんなが歌わない曲だからこれを聴きたい」って言う。
当日になれば、ピアニスト大島さんが、なんとか合わせてくださるだろう・・とは思う。
でもさあ・・・(-。-)y-不安。

青木fuki先生にご相談したら
「自信もって歌える曲になさい」とのこと。
「来年は、必ず、この歌を」とお約束して・・・変更にOKを頂きました。
初めての、だらしなさ。恥ずかしい・・・・少なからずの挫折感!

でもさあ、
考えように寄ったら、未熟で迫力に欠ける歌をお聴きになるより、
皆様ご存じの定番、【愛の賛歌】のほうが愉しいかな?なんてね。


音は悪いけど、訳詞が流れます。
これに近い歌詞で歌います。
越路吹雪さんの詩とはずいぶん違います。
愛の賛歌・・・アガぺーに昇華して、優し気に、そして情念も込めて・・・・・


あ、11月の【ともともコンサート】には、何としても、間に合わせます。
ほんの少しの微調整だと思うから。
ほら、また、私の楽観主義!

正直言って、銀座タクト出演をキャンセルした夏バテ以後も、
老人会の事務的仕事とのあれこれに忙殺され、
唄う心境になれないでいる日々が続いているのです。
三役会、定例会、月二日は出席が必修。もちろん総務部長、会の議長です。
10月10日芸術館にて 【みらいふる鎌倉連合会】、創立記念行事の設営と総合司会。
続いて、功労者表彰式の設営と総合司会。
横三ブロック研修会・・・横須賀、三浦、鎌倉・・合同の会の幹事役と司会。
無収入で、息つぐ暇も無いほどのこきつかわれかた。

こんな地味で面倒な仕事の合間に
ロマンチックな歌なんて…練習する気力が失せるのです。

と、いろいろ、愚痴ってみても、やると決めたのは私。
プログラム変更を平にご容赦。





  

1964年、東京オリムピック



朝っぱらから二時間も女子マラソンを見てしまった。
力が拮抗している10人の選手がオリンピック出場者選抜のために走る。

東京の街は、どこもかしこも美しい。
林立する高層ビル群や、広く整備された道路、
それらを取り巻く緑の木々、神社、お寺、皇居、東京駅・・・
どれもこれも綺麗で、沿道を観るだけで楽しかった.

優勝した前田穂南選手・・・またまた美しいアスリート登場。
人気者になるでしょうね。

b_12702006.jpg

来年のオリムピック、さぞかし猛暑酷暑とおもうが、
行こうと張り切って、チケット取得のための努力を惜しまない人々もいるのに、
我が家は、息子一家も、娘も、知らん顔。
テレビで見ればよい・・・とか。
きっと、後悔すると、バアバは思うのだけどね。

東京オリムピック。当時、私は22才かな・・。

yjimage_20190915181219347.jpg

父母揃って開会式へと出かけて行った。
私も・・・とねだったけど、チケットはたぶん業者からの贈り物?
「お前が生きている間に、必ず東京オリンピックが又あるから・・」

仏壇に呟く。。
「お父さん、確かに来年・・。でも、もう出かける元気ないよ。」

55年前、10月、秋の空いっぱいに広がった五色の飛行機雲
gettyimages-960340678-2048x2048.jpg


留守番しながら、東京都保谷市(現西東京)東伏見で、
飼い犬ゴンタと一緒に見上げていたこと…覚えている。






空席の疑問が解けました。

  

満月が煌々と。。。とはいきませんが・・良い月でしたね。

69940516_2395854723838903_8858441456126263296_o.jpg
FBメンバー、山田考一さんから頂きました。昨夜、九時ごろの鎌倉近辺の空。


さてさて、京急バス鎌倉営業所に電話して、説明していただきました。
柔かく、物静かに訴えましたのよ。
「身障者の方が乗ってこられた場合に備えています。
バスのトランクに入れられないお荷物のために空けています」でした。

それでね、私が、大船からの紳士二人を座らせて、何も私に対しての
「謝意なり、誘導、説明が無かったから、私も気分が良くなかったのです」と
決して、文句では無く、【正直なバアバの気持ち】を言いました
直ぐ理解してくださって、決して敬老席では無いと言い、
「申し訳なかったですね、運転手に注意しておきます」とのこと。
「紳士、お二人を座らせる前に、大丈夫だから、前の席にお戻りください、と
一言いえば良かったですね。」とも

あ~~やっとすっきりしました。
決して高齢者席では無かったようですよ。
嬉しいことに、私が若く見えたからって、コメントもいただきました。
やはりそうでは無いようです。(^_-)-☆
客の半数は‥・高齢者。私が最高齢だったけど・・。

我ながら・・・しつこい?




【同じ月を見ている】♪

 


NHKの深夜番組、ラジオ深夜便。
さまざまな歌手が、毎夜一か月間、歌う♪深夜便の歌♪。。

昨夜・・正確には今朝、二時頃に、
リクエストに応えて・・・2012年頃の深夜便の歌。
【同じ月を見ている】が流れた。長い曲なので半分だったけど。

とっても良い歌です。


違う場所で、同じ月を見ている・・・
元気ですか?それなら良いのよ・・って、ロマンチック!

今日は十五夜か十四夜、月を見れたら良いですね。

実は、いつも星や月を取り上げて、教えて下さるFB友がいます。
私は、ウオーキングの空を見上げての、時々の月談義。 
「空が晴れて、十五夜の月を観れると良いね。。。」なんてコメント。
そして、この歌を教えてくださったのが一昨日。
そしたら、昨夜、この歌がながれました。

なんというグッドタイミングでしょう!





 

羽田空港へ・・

  


10日の事。
大分空港まで飛行機に乗りたい。
藤沢駅発の京急バスで羽田空港第二ターミナルまで・・・1230円。
六時半のバスに乗って、一時間少々で到着。
のんびり、10時10っ分発のANAを待つ。

一時間以上の空き時間だが、本を読んで過ごす。
ビールを飲んで過ごす。

飛行機は正味1時間のフライト。

予定より早く大分飛行場へ着く、11時半ごろ。

何処へ行っても、私は、その場所にいる案内人を探す。
「スミマセン、これは何番の入り口に行けば良いい?」って訊く。
どの人も、丁寧に優しく良く教えてくれる。
言われた通りに動けば済む。

老人は楽だよね。
頭を低くして、優しく問えば・・・何事もすいすいと進む。

一つだけ、気になったこと。
藤沢発の京急バスに乗り、一番前の席が空いていたので座ったところ
「そこは・・・の方用なので・・・出来たら後ろの席へ・・ご配慮を」て運転手が言う。
耳の悪い私と、活舌の悪い運転手の会話。
良く解らないながら、ハイと返事して、後ろと言っても二席ほど下がって座る。

さて、大船についたら、二人ほど、紳士が乗り込み
その席に、悠々と座って,
運転手に何も言われずに、ずっと、談笑しているじゃないですか。
え?なんで?私はダメで、あの二人は良いの?
さあ困った、その疑問が・・・・羽田に着くまで、頭から去らない。
降り際に、運転手に訊きたかったけど、国際線ターミナルへ急ぐバス、
まさか、ストップさせたまま、訊くわけにも行かなくて・・

羽田第二空港ビル内の「お困りの方専用」の窓口で
「あのねえ、怒ってはいないのよ、京急バスでね・・」と縷々説明して,訊く。
「なんで?私はダメだったの?」ってね。
「はあ、解りません、すみません」・・・だけがお答え。可愛いお嬢さんの困った顔。

そんなわけで、不愉快ではないけど、なんとも不思議な気分で大分まで。
今思いだすと、だんだん気分が悪くなる。。


阿蘇の野アザミ。大きな花邨でしたが・・周りはすでに枯れていましたので・・一輪だけ。
DSC_0059_20190912175629ed0.jpg



どなたか、前の席を空ける理由をご存知ですか?
大船からは紳士二人を問題なく座らせたのは何故でしょうか?







 

一泊旅行・・・



  
大分まで行ってきました。
空いた時間に、阿蘇山一周。
外輪山に囲まれた草原には馬も牛も居ました。
北海道とは違うのびやかな空気感です。

最近、また、噴火が・・・
DSC_0051.jpg

懐かしの草千里
DSC_0050.jpg

飛行場までの途中の別府で、噂の地獄蒸し。ニ十分温泉で蒸します。
DSC_0060.jpg



案の定です。
夫は11日の夕飯の用意無し。ソファに寝転んでいました。
いっちゃんは・・・玄関でにゃあにゃあにゃあと大声で文句?
いえいえ、またもや捨てられるかと、命の叫びのようでした。

可愛そうに餌を完食してお皿が空っぽ。
気付かぬ夫も癪に触るけど、いっちゃんも催促もせず
お二階で、じっとしていたようです。

まずは、餌を満たして、煮干しを添えて・・
それから、夫の夕飯の支度にとりかかりました。

可哀そうに・・・・だから二泊は無理なのです。



15号台風・・・




皆さま、ご心配頂きありがとうございました。

鎌倉に住んで初めてと言いたいぐらい大きな台風でした!
いつも予報を外れて、申しわけないけど他所に行く台風。
今回も…たぶん・・・南の海上へ・・なんて高をくくっていました。
なんのなんの、鎌倉直撃!

3時頃を頂点に、猛風が吹きました。
二階が寝室ですが、一回だけ、ぐらっと家が揺れた?・・・さすがに怖い。
東側の窓の下で寝ているのですが、雨戸をいつも閉めないでいる習慣。
昨夜も、そのままにしていたから、もうたまらない。
雨風の音が凄くて、寝て居られず、階下のソファの上に避難。

階下は、まるで静かで風音もしない。
案の定、いっちゃんが寄ってきて、一緒に・・・やっと一寝入り。


ムスコの家は鎌倉市大町。
今朝のFBで、大町の方が、倒木のお写真をアップ。

70764242_2370251769761799_2310457663810437120_n.jpg


俄然、心配になり、LINEをすると、ミモザが倒れたと苦笑交じりの返事。

1567984521967.jpg

我が家の被害は・・・前の空き地から飛んできた大量?の枯葉
掃こうにも、べったりと張り付いて一苦労!

DSC_0045.jpg


晴れ上がった暑い午後、所用で車で出たのだが、
藤沢駅周辺、大船駅周辺、たくさんの車が出て大混雑。
台風一過、秋の空と、喜んだのは昔々のことらしい。





日本経済新聞を読んで・・

    


土曜日の版しか読まない日経新聞。
俳句と短歌が載っているのと、書評に興味あるから読む。

虫好きも星好きも居る夏休み  日経俳壇より

おんぶしていないオンブバッタ。
DSC_0043.jpg

机の引き出しにカマキリの卵を貯めこんだり・・。
捕まえたヤモリやトカゲに細い紐をつけて肩にのせたり・・
蜘蛛は絶対殺すなと家中に厳命したり・・、
ミツバチを追いかけて・・・巣を見つけ、蛹を持って帰ったり・・
大の虫好きだった息子のおかげで私も虫に慣れたっけ。

一方、殆ど星の見えない夜空の下で暮らしていたから
星への関心は、我が子達に育たなかったみたい。残念。

吉田都さんが現役引退と文芸欄に。
バレ-ダンサー…英国ロイヤルバレー団のプリンシパル。
彼女の踊り、テレビで見ただけだけど、とても魅力的。
そのうちに、ぜひ、本物をと願っていたのに、
後輩の指導に残るそうだが、舞台人は現役であってこそ。残念。



日本人らしいい平坦な顔立と、背丈の低さもあり、
欧米人に混じって容姿に恵まれているとは言えないのに、
なぜか体全体で、主人公を表現し、想いを観客に伝える・・・。
だからこそ、20年以上、プリンシパルの地位を保ったのだろう。
あの、いわゆる退屈なクラシックバレエの範疇を超えて、
TV画面で観ても感動的だった!


紙面の下、仏像販売の広告欄に、
奈良国宝館の阿修羅像が大きく出ている。
yjimage_20190907153638e13.jpg

阿修羅像、上野でも並んで拝見したが、奈良の国立博物館でも拝見。
美しい仏像・・・また、晩秋の奈良へ行きたいなあ・・。


新聞を読むだけで、想いが四方八方へと飛んでいく。





グランド・ゴルフ大会

   




みらいふる鎌倉と、横浜市栄区老人会連合との合同の大会です。
グランドゴルフのルールも知りませんが
我が住宅地の上、笛田公園での開催とあれば、えっちらおっちら上って応援に。

この暑さで、例年より三割も参加者が減ったとのこと、当然ですよね。
70才を過ぎてまで働きに出る方も多くなり、老人スポーツの参加者も増えません。

DSC_0023.jpg

其処ここに咲き乱れる百日紅。
DSC_0040.jpg

白花も、爽やかです。
DSC_0037.jpg

百日紅は、藤沢市の市花らしいですよ。

グランドの整備から、会場作り、お弁当の心配、表彰準備、
全て、80歳近い役員のお仕事。みらいふる鎌倉スポーツ部の活動です。

老々介護の極み。遊ばせるのも老々となること。
私は考え込まざるを得ません。



 

謝り続ける・・・・という選択。

    



韓国との軋轢が、ついに深刻化して・・・嫌な空気になってきました。

歴史観の違いもあるでしょう。
さりながら、韓国を占領して、日本に都合の良いように支配したことは事実。
これは、かつてアメリカも日本を占領し欧米化を図りました。
何処もそうなのでしょうね。


ここで生じた支配者、被支配者、加害者、被害者という分類が為され
理不尽に被害を受けたほうは、何としても忘れ難い。
支配したほうは、「もう謝ったからね‥賠償もしたじゃないですか」。という態度。

韓国の国旗をはじめて、まじまじと見ました。
そういう方、多いのでは?
yjimage_20190904113302945.jpg

客観的に見て・・・私は、被害者の感情を理解できる。
虐げられた日々の恨みは骨の髄まで。
父母世代の、命がけの抗日運動の記憶は忘れられないはず。

それでなくても、昔から、あの半島の民族の感性は、【恨み】が強いとさえ聞いています。
(日本の演歌の殆どに流れる恋情や怨恨と根本は同じかもしれません。)
韓国の歌の流れをくむ日本の演歌、メロデイーがよく似ていますよね。
アリラン♪を聴くと、なんとなく郷愁が・・・・。

まして隣国,敗戦国だったはずの日本が、いつの間にか隆盛を誇れば良い気分はしないです。
兄弟だって、貧富の差が顕著になれば・・・たいがいはギクシャクします。
だから・・・富める者が一方的に手を差しのべるのも当然…と思うのでしょう。

謝り続けるしかないと、私は思っているのです。
ドイツは、今に至るも、ポーランドやオランダなど、
ヒトラーの一方的侵略の犠牲となった国々に、国政担当者として、謝り続けています。
大統領が訪問して、慰霊碑に献花し,犠牲者の子孫に謝罪しているようです。
日本の戦争責任者が、曖昧だったことも災いしているかもしれません。


今日の日本、世界を相手に妙にプライドを見せつける必要もありません。
今や、世界中が、敗戦国日本を一流国として対応しているのですから・・・・。
だから、何処の国も、口を出して仲裁する気が起きないのです。
どっちもどっちと思うのでしょうか。


いまだ民主主義が、三権分立が、確立できていない…くるくる大統領が替わる韓国。
核兵器を保ち、一党独裁、一族支配が続く・・・・北朝鮮。
かくも、朝鮮半島を、機械的に二分したその責任は、アメリカ、中国、ソビエト。
その前に、かの地を攻め立てた歴史、意味なく支配しようとした日本の責任も。


勿論あれから70有余年、いつまで?って気分はあります。
でもでも、相手の心理を理解して、
兎に角、意味のない先手必勝とばかりに報復合戦を打たないで
あの悪夢を二度と繰り返さないように仲良くしてほしいものです。


女性の感性と母性は、かならずや平和を願うはず。、
女性議員は超党派で、沽券に固まる男性為政者たちに対して、堂々と声を上げて欲しい。
【実るほど頭を垂れる稲穂かな】と。
【負けるが勝ちなのよ】と。







いちこちゃん(=^・・^=)





早朝、4時でも5時でも、二階から降りる私の足音で眼が覚めるらしく 
真っ暗なリビングで、待っています。
ソファに座り込む私の横に登ろうと満を持して待っています。

DSC_0019.jpg


仲間と思っているのか、よく舐めてくれます。

DSC_0015_20190902210317c1e.jpg

これが彼女の、この家の猫で居ようという決意の毎朝のルーティーン?
暫くすると、ついと居なくなって、朝ごはん食べて、お二階へ。
時どき、様子見に降りてきますが、触らせません。絶対に!

朝の三十分だけが、私とのスキンシップ・タイム。
この間に、爪も切らせてくれます・・・。

夕餉時になると、キッチンにいる私に美味しい物おねだりでにゃ~~!
お刺身が一番、二番は頭を取った煮干し、小魚。三番目は…しぶしぶ鰹節フレーク。
御馳走が終わると、猫餌にむかいます。けっこう食べる!

三十分のスキンシップタイムだけで、飼い主は我慢しています。
おもえば、昨年の9月から・・・我が家にいるというわけ、この猫ちゃん。








ラーメンを・・・

  

昨日、整形外科の帰り、いわゆる町中華へ入りました。
夫は、横浜へお出かけ。たまにはお店のラーメンなど食べたいな。
一人で入るのはちょっと勇気が要りましたが、スーパーの隣りなので。

食券機の前でウロウロ。券の字が読めないから眼鏡を出したり、
五千円札では受け付けないから100円玉をつまみ出して数えたり、
何よりかにより、食べたいラーメンがどれなのか見当もつかない。
選択肢が有りすぎ!
豚骨?塩味?醤油味?激辛?中辛?トッピング?大盛?

やっと店長がやってきて、お好みは?って訊いてくれたので、
「普通のさっぱりしたラーメン」っていったら「あ、横浜ラーメンですね」って。
500円!一番安いのよ!

一人でテーブルを占拠しちゃ悪いので、背の高いカウンターに着席。
お水は?あああ、セルフなんだ。高い椅子から降りてと・・・コップにお水。
やっと上りなおし、さて眼鏡をしまったり、もたもたしてたら、箸を落とす有様。
お恥ずかしいことです。

DSC_0011.jpg


近所の大型チェイン店丸源風な変な甘みも無く、
すっきりして美味しかったです。
そう、私のイメージにある、【志那そば】あるいは【中華そば】に近い。
子供時代、横浜っ子ですから、ラーメンを食べるのは、日常的な嬉しい外食でした。

私の思うラーメンとは、
志那竹、焼き豚、ホウレンソウと揃って・・・醤油味のおそばです。
これがなかなかお目にかかれない。
鎌倉駅の銀座アスター、【チャーシュ―麺】や【五目ソバ】1200円よりずっと美味しい。

夕方帰宅した夫に、「明日のお昼はラーメン食べようね」と告げましたが
今朝になって、
さて、二日続けるほどの事も無いよねと・・・・・自答しております。


余談
何故か、近所のお蕎麦屋さん、ケーキ屋さん、八百屋さん、お花屋さん、、、、
女将さんたちが美人なの。それぞれ飛び切りの美形で愛嬌も良い。
この中華店のおくさんも器量よし。でも不愛想。
彼女たちの半生に、興味津々なのであります。(^_-)-☆