FC2ブログ

草笛日記 どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

【みらいふる鎌倉】での初仕事。

   
みらいふる鎌倉の仕事の場面で、お茶は欲しい。
午前午後と渡るときはお弁当も出るからお茶は必須。
さて、その折に、いつも気になっていたことの一つ。
女性役員のお茶出し・・・と、あるいは、ペットボトルお茶の用意・・・

ヒエラルキーも組織図もてんでワカランままに。
先日の総会から、私は総務部長へ就任。
長い間お勤め頂いた部長が引退をお申し出になったものの、
引き継ぐ人、やる人がいないから仕方がない。
みらいふる会長の熱心な要請・・女性を増やしたい・・もあったしね。
そのうえ、断り続ける間に、誤解が生じて人間関係が怪しく成る始末。
とうとう、引き受けた大役!。

やるからには、黙っておられません。
ついに、お茶くみ問題を解決しました。

従来、女性役員が給湯室で用意して配っていた・・・たぶん、長年の間。
(なんで女がいつも、 お茶の用意をするの❓)
あるいは、会計部長が量販店で2ダースほど買ってきて配る。
(どなたが,この重いボトルをたくさん持ってくるの❓)

私の質問に会計部長は
「私が車で、安いから、買ってくるのです」って。
「でも、そろそろ免許証返納しますので、車がねえ・・・」とのお返事。
即座に「やめましょうよ!」と私。
「自分のお茶は自分で、持って来ましょうよ」
「ロビーには、自販機もあるし、家からマイ・ポット持参でも・・」


鎌倉市役所の高齢者活き活き課の役員さんも
「いや、市役所も、ペットボトルの廃棄問題により、所内では禁止です」と援護射撃。

何気なく発した、この5月からのお茶のペット・ボトル配給廃止の提案が、
あらら、なんなく、通ってしまった。
たぶん、皆さん、それぞれのお考えもあっただろうし、反対も?
正直、お茶が無いと困ることも事実。

新任部長へ悪口が及ばないように・・・
お気を使わせたんだろうな。

スミマセン。でも有難いです。
腰が痛い躰では、お茶くみ姿勢の中腰が辛いし,2ダースも運べないのです。


2016年当時の藤棚です。最盛期でした。私も・・・・( 一一)
2016042709440000_201904291629183f5.jpg




スポンサーサイト



我が家では、やっぱりゼラニウムが一番?!

 

肌寒いとはいえ、久しぶりの陽の光が嬉しい朝・・。

DSC_1371.jpg

ヴィオラがもうおしまいかけている。
徒長して、花が小さくなって。切り詰めるとまた元気になるだろうか。
けっして、美しい盛りだけを愛でているつもりはないけど
最盛期を過ぎた花々は・・・・やはり、つまらないし、目障りでもある。

あれ?これって、( ̄∇ ̄;)ハッハッハン、女性への男性目線?
なるほどね、判るような気持ちするなあ・・・(^_-)-☆

DSC_1372.jpg

ゼラニウムは最盛期が長いというか・・いつまでも醜くならない。
葉はいつも青々しているし、くたびれた風情が無い。冬でさえも。
花も、チラチラといくつかは常に咲いている。
無精というか、水やりが不定期な私には、育てやすい。
それにしても、絢爛豪華!。もう一度見てくださいって。
あれ、忘れていた紫蘭が咲きだしている。

細々ながら藤も
DSC_1369.jpg
植木屋さんの手が入って、だいぶん回復。来年は復活?。


一気に初夏に向かう相変わらずの狭庭です。








銀座コリドー街へ・・・




昨夜、7時半から始まる青木fukiさんのショウを拝見に銀座へ。
昔からある有名なシャンソンバー、コリドー街の【蛙たち】。

行ったこと無いし、夜だし、ちょっと迷ったんだけど
「来てね」って、師の直々のお言葉を,無下には出来無い性格。
「【泣かないでアルゼンチーナ】をうたうから・・」と。

夫を誘っても断られるし、友人も誘いにくい。
独りで「えいやっ!」って感じで久しぶりの東京、夜の繁華街
新橋から高速道路沿いに有楽町へ向かう街。
昔昔、帝国ホテルへ向かって歩いたことが有る・・・。

yjimage_20190427103742d71.jpg

う~~ん、素敵な街になっているじゃないの。
若い人たちが大勢そぞろ歩き、それぞれ、洒落た店に消えていく。
巴里とも、NYとも,、銀座大通り、青山六本木、とも違う・・・・
大きすぎず狭すぎず、優しくて穏やかな街。
何処か、程の良い、スマートな東京人が作り上げたんだろうなと。

7136d08fcab5f01d57c58c276fd33648d22eb73e.jpg

【蛙たち】は直ぐ見つかったんだけど、なんと7時からのオープン!
6時前には到着してしまったので、暇つぶしに・・座りたくて・・落ち着いたレストランへ。
牡蠣料理がウリらしい?イタリアン。
生牡蠣三つ、焼き牡蠣一つ、パスタは雲丹、コーヒーで、計5000円の夕食!
だってさ、こんな洒落たお店で独り客では、そこそこ売り上げにも協力しないとね。

DSC_1367.jpg

そう、肝心の、青木fukiさんのショウ
華やかな歌だとは前から存じていたけど、
8曲、曲それぞれの趣のままに、しっとりと、あるいは、寂しげに、
また、激しいドラマティックな歌ならば、全身を使ってまで表現する。
そのどれもが、情熱と上品さをあわせもって素晴らしい!
勿論、歌詞もしっかり伝わりました。
まさに、youtubeを超えて、今こそ、旬!の歌手です。


堀陽子さんの言葉、歌は、短い一遍の物語
本当に心の底からそう思いました。
シャンソンへの偏見を一掃する素晴らしい歌。
美声を駆使して‥ヤッパリ、歌は声よ、と思わされました。

陽子さんも、昨夜のfukiさんには嫉妬するかも。(^_-)-☆
声も歌唱法も・・・静と動という対比が出来るかも。

8時を過ぎたので、第二部前に退席、残念、【泣かないで・・・】は聞き逃しました。
なんとか10時過ぎに帰宅。

連休前の金曜日の夜、若い勤め人に溢れかえった街。
白髪頭のお婆さんなんて一人とて歩いていません。
誰も気にもかけない。
さりとて、邪魔にもされず、相応のリスペクトを払ってくれて・・・

行って良かった!
次の機会があれば、どうしても夫連れで伺うつもり。



もしも、ピアノが弾けたなら・・・駅ピアノ

   

BSがオモシロイ。
朝はほとんど、NHKのBSを見る。


7時前後からスタートする
岩合さんの【世界の猫】
鉄道の旅、秘境の鉄道、国道トラックの旅、などなど・・・
勿論、火野正平さんの【自転車の旅】も面白い。
【世界の街歩き】を見れば、世界旅行気分になる。

最近、再放送だけど、また【駅ピアノ】が始まっている。
ヨーロッパの都市の、主要鉄道駅や、空港のロビーに置かれたピアノ。
誰でも弾いていいということで、さまざな人々が演奏を楽しむ。

昨日は、チェコの、プラハ駅での撮影。
DSC_1350.jpg

老いも若きも、上手も下手も、人種・・さすがに移民が多い・・も違うし、
クラシック、ジャズ、何でもありで、演奏スタイルも違う。
だからこそ、ピアノという楽器の多様性と可能性を感じる。

DSC_1362.jpg

弾き手それぞれの腕前はともかく、その人生が垣間見られるのが魅力。
楽曲そのものと一緒に、興味深く、朝早くの番組を楽しんでいる。

DSC_1355.jpg


恥ずかしながら、ピアノが買えない家庭の育ち。
もちろん、戦後の昭和25年頃の話。
お医者さんのお嬢さんがもっていたかなあ。所有している家は、クラスに二軒ぐらい?

中学から通った福岡女学院には小さなちいさなピアノ室が10室ぐらい並んでいた。。
音楽の時間には、みんな紙に書いた鍵盤に指を走らせて練習。
時々、小さなピアノ室で、本物を弾いて・・・バイエルぐらいはマスターした?

その後、「ピアノ買って~!」と折々にねだりながらも、、
転校転校で、ついぞ買ってもらうことも、レッスンに通うことも無く
ピアノが弾けないまま・・・老いたということ。

【もしもピアノが弾けたなら♪】を聴く度に切ない。

TV画面で、自在に、でも、自由に手指を動かしている人々。
そうよね、ピアノだって、気楽に楽しく弾けばよいのよね。
皆それぞれが、懐かしい歌、お得意の曲、自作の曲、故郷の歌を奏でる。
インタビューに答えて
「音楽は(ピアノを弾くと)心を自由にしてくれる。」と異口同音に。

ピアノの無い家を探すほうが難しい今日の豊かな日本。
本当に、大人になっても弾いて楽しんでいるんだろうか?
習い覚えたピアノ演奏を、何パーセントの人々が、今も楽しんでいるだろうか…。

私に言わせれば、勿体ない事!








いちこちゃん(=^・・^=)は元気です。



   

相変わらず、二階の、娘の部屋だった広い空間を占拠していますが、
時々、降りてきます。
リビングにいる時間が長くなりました。
なでなでは大好きらしいけど・・・抱かせません。

DSC_1360 (003)

猫の本によると、だかれて不安定な空間に居るのが苦手というのが本能。
抱かれないからと言って、飼い主を嫌っているわけではないそうです。
その分、なでなでをしつこく要求します。
雌猫独特の魅力的な姿態をみせてくれます。

美味しい高級煮干しが大好物で、もっともっとと、欲しがります。
お刺身も、特にマグロ大好物。
一切れぺろり。
満足すると・・・・お二階へ。

まあ、そんな、状態ですが、それもまた良いかもと諦めつつ・・

クローバーの園芸種でしょうか。綺麗です。
DSC_1356.jpg

免許返上について




またもや、高齢者の運転ミスによる殺傷事件。 
運転していたのは、元通産相の偉い方だったそうな。
大怪我のため入院したとあって、逮捕されずにいる。
「上級国民は処罰を免れるのか?」と、ネットで騒然となっている由。
たしかに、昨日までは、ただ高齢者とだけあって、名前は伏せられていたし。

「上級国民」って言葉、初めて知った。
何という事だろう。いつのまにか人権にまで格差が生じたのか!
日本という国、いろいろ、嫌なところも間違えていることもあるが、
戦後、民主主義の下、自由平等が徹底され、世界中の多様なお国柄の中では
まあまあ、良いほうだったはず。
それなのに、実は、国民の存在そのものに、上級下級が出来上がっていたとは!、
これって身分制度?。

樹齢45年の躑躅。
DSC_1347.jpg

「免許証返上の時期は・・・来年の車検の前にしようか?」
夫も、遠方のゴルフ場には無縁になり、鎌倉カントリーがせいぜい。
なれば、タクシーで行けばよい。
私の買い物も、重かったら帰りはタクシーに乗ろう。
健康のためにも、バスを利用し歩こう・・

我ら、下級国民は、なんと、素直でつつましく、身の程を心得ていること!。

運転に自信が有るなんて言うのは年寄りの戯言。
老化にも個人差が有るとかは言い逃れ。
若いもんに負けないとか同じだとかは、根拠のない己惚れ。
他人から見れば、それこそが、老いた証拠。

老人会に携わり、知ったことは、老人の老化、劣化の速い事。
先月、ご立派だった方が急に衰えて・・・もうもうびっくり。
家族も見逃すに違いない。
確実に老いは忍び寄り、全ての感覚や機能、運動能力が衰えているのは事実。
老いに、上級も下級も無いはず。実に公平なもんだ。(^_-)-☆
転に限らず、全てにおいて劣化している。
それにさえ気づかないとは・・・・やんぬるかな!
自信のあるうちに、仕事も権力も地位も、若い人に譲り後継者を育てる
それが、本当の終活じゃないのかな?!


返納しようね・・・そんな覚悟が徐々に出来上がっている。
今回の事故が、余計にその意思を固めさせてくれたのだろう。







 

成功した人生とは・・

   

昨日は、梶原山の一等地にあるお家での誕生日、デイナーパーテイーにおよばれ。
50人弱の招待客に、ピアノと二胡の合奏がありました。

仕事で成功して、しかも、82歳の今も現役のレストランのオーナー。
バブル期に建てた、本格的な豪邸に住み、日々、仕事と趣味三昧。
そのうえ、長い余暇が有れば豪華客船で世界旅行。
健康に恵まれ、若々しく、どう見ても70代前半の容姿。
オシャレで、個性的な服装を愉しみ
誕生会に駆け付けてくれる友人をたくさんたくさん持っていて・・・
絵にかいたような成功者。
このかた一人・・独身・・での成功です!

本当に羨ましい・・・。

またまたゼラニウム。水やりを怠る私にぴったり。
DSC_1343.jpg


8時過ぎ、夫の待つ家路へと、他人様より早く退席しながら
「世間にはこんなにも恵まれた女性も居るんだなあ」と、
つくづくと我が人生を想い振り返り落ち込み・・・
もしかしたら、凄く無駄な人生だったかとふりかえりつつ眠りました。
(この場合、自分の能力の低さは、棚の上にあげます。(^_-)-☆)

夫さん、息子よ、娘よ、許されたし。

友がみな われよりえらく 見ゆる日よ 花を買ひ来て 妻としたしむ
石川啄木




【Don`t cry for me Argentina】♪



ミュージカルの楽曲が合う・・・と言われて・・・・・
キャッツのメモリーばかり、馬鹿の一つ覚えで歌ってきた。

さすがに、何か新しものをと思っていた矢先
青木fuki先生から
「マドンナが歌った、泣かないでアルゼンティーナは?」
とのお薦めの在ったのは、昨年の晩秋。

楽譜を頂いてから半年近くたってしまっている。
加齢に伴い、時のたつのは実に速い。
月一回のレッスンなので、ついつい怠けて練習もせず・・・
忙しくて・・と言い訳ばかり。




お話しすることは、たった一つ
今の私の心が求めるのは
あなた方の愛、 ただそれだけ

こんな所で着飾っているけれど、信じてください 私は あなたの娘

覚えているわ、あの日々を
辱めに満ちて、打ち捨てられたみじめな暮らし
悲しみの中、手を携え
私達は立ち上がったわ、自由を求めて

Don`t cry for me Argentina
・・・・


と、続いて、バルコニーの上から民衆に革命時の思い出を語るエビータ。
不遇な育ちながら、女優となり、
ついにペロン大統領夫人になったエバ・ペロンの、圧巻のメッセージ。


そろそろ9月の発表会の前に仕上げないとね。
ミュージカル仕立ては、語りをおもいきりルバートにして、
ア・テンポとの対比を際立たせなくてはいけない。
そのうえ、
英語からの訳詞の言葉がうまく音符にのらない。
苦戦中というか、気が載らないまま、練習もしないでいた。

それでも、やっと老人会のあれこれが軌道に乗り出したから
気を入れましょう!

老人会「みらいふる」・・・・
今日、おそるおそるの引継ぎ会に出て、みなさんと本音で打ち解け
出来ること出来ないこと、ご指導いただけること、扶けていただけること、
いずれは総務部長として独り立ちする道筋を模索すること
などなど、まとまってきたし・・・。

温かく成れば、腰の痛みも緩和されてきたし
責任のある立場になれば、ボケもストップするかもね。
世のため人のためならず、自分のためと思いましょう。
 






思う事・・・・東大入学式祝辞より

 


東京大学の入学式の祝辞、上野千鶴子さん。
話題になっていますね。

《世の中には、がんばっても報われないひと、がんばろうにもがんばれないひと、
がんばりすぎて心と体をこわしたひと……たちがいます。
がんばる前から、「しょせんおまえなんか」「どうせわたしなんて」と
がんばる意欲をくじかれるひとたちもいます。
あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。
恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、
そういうひとびとを助けるために使ってください。
そして強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてください・・・


貧困も、病さえも、自己責任だという勝者の論理。
世界的に言われていることの一つに、日本社会は他者に冷たいと。
まだまだはびこる男尊女卑についても、事例を挙げて訴えていました。

上野さんの祝辞,考えさせられた方々は多いですよね。

子供たちの勉強にかんけいするしごとを長年してきた経験上
専業主婦・・・子供の世話に十分時間を掛けられる母親・・の子供が
成績優秀であるという事実に気づいていましたから・・・。

でも、あれから、10年経って女性の環境は良くなったでしょうか?
男以上の能力を発揮せざるを得ない環境ではなく、
単なる能力差では無く、異なる能力を認め合う社会になっているでしょうか?。


私が参加している、鎌倉みらいふる老人クラブ連合会において、
クラブ員は絶対的に女性が多いのに、統括する本部役員さんはほとんど男性。
各地域のクラブ長さんもほとんど男性。
31年度部長就任候補に挙げられ、
戸惑う間もなく、「大変ですよ。出来ますか?」の質問。
こんなこと、男性に訊くでしょうか?
情けないことに、この言葉に打ちひしがれて
「出来ませんから辞退します」って答えた私。
女性の役職に、周囲からの妙な反感を怖れた私。

それでも、高齢化の前に、動ける人、成り手が居ないのです。
再々の要望に、義侠心から、引き受けました。
公文公さんの言葉.「世のため人のため」精神で、この一年を、
周囲の助けと指導を受けながら、なんとか頑張るしかないよね。


道路の隅に精一杯さくマーガレット
IMG_20190404_173953.jpg

大きな大きな教育団体、公文研究会さんも、
指導者は99%女性なのに役員は男性で占められています。
そろそろ女性が社長さんになっても良い時代です!

植木屋さんの手入れで、久しぶりに咲く藪椿
DSC_1315.jpg


器で無いとか、能力の高さ云々の問題では無く、
年功序列の枠組みからもさえ,排除されているのでしょう。
そもそも、、女性自身が、その意気をもっていないのでしょう。

やんぬるかな!
後、十年待ちましょうか。



 

治りました!!!



あ~~~長かったです。

20日間のブログのお休み。

それでも、
みかんさんの御蔭で、三件ほど、アップしていただきました。


言いたいこと、たくさんあって、ブログ・ロス状態に。
その分、老人会やら町内会で、あらぬ意見など開陳してしまい、
迷惑?もかけたようです。(^_-)-☆


修理費は、TOSHIBAに送って頂いて、なんだかんだで7万円弱。
同じものを買えば、15万円になるところでしたよ。
助かりました。

暇な間、お庭を徹底的にちいさな草まで綺麗にしてもらったり、
テレビを愉しんだり、本を読んだり、部屋中片づけたり・・・
なによりかにより、老人会のお仕事がタイヘンでした。

スマホでブログをアップする術を知らないけど、
FBで、皆さんの動向はうかがえました・・・
あ、歌?何故か、練習する気に成れず、困ったものです。


シクラメンが、最盛期を過ぎても、律儀に頑張って咲き続けてくれます。
DSC_1336.jpg



タイガーウッズの復活!嬉しかったです。
なによりかにより、カッコいいだけでも存在価値が有る!
赤と黒の勝負服で。
DSC_1335.jpg

須らく、洋服ってえ奴は、顔が小さくなきゃ似合わない。
見よ、彼は十頭身ですよ。足の長さと線の美しさはダントツ!
DSC_1334.jpg




タイガー・ウッズとイースターエッグ

  

カッコいいタイガー・ウッズが戻っています。

10等身のスタイルに、グレイシュな紫色の濃淡の上下。素敵です😆🎵🎵

9178.jpg 9179.jpg

老人会では、四月のイベントはイースターエッグを作りました。

副会長、Tさんの作品です。

9180.jpg


私も作りましたが、とてもとても、お見せできません❗






今年の桜

  

今年の桜は、見ごたえありますね。

鎌倉山の桜は、文字通り姥桜ですが、精一杯咲いて、

40年前を彷彿とさせてくれました。

この地に東京から転居して、思いがけない風景に、

あらためて感謝したものです。

藤沢の柏尾川沿いの桜並木は、

今が盛りの樹齢、観光地化することが無いよう、願いたいものです。

決して提灯などつけないように。



藤沢の桜

9088.jpg  9089.jpg

鎌倉山の桜

9091.jpg  9092.jpg

※ちょっとパソコンをお借りして書いています





新元号に思う

  
庭上の一寒梅 笑うて風雪を 侵して咲かむ。

新島襄の漢詩です

同志社のチャペルの前、碑になってます。

新元号、令和の出処を聞いて、思い出しました。

母校の校歌になっています。

8854a.jpg

※ちょっとパソコンをお借りして書いています