FC2ブログ

草笛日記 どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

お休みします

  
パソコンが壊れたので、しばらく、入院させます。

私自身は、元気です  

皆様、しばらく、ブログを休みます。

1ヶ月過ぎる頃、また遊びに来てくださいませ。

8759_20190329173900240.jpg





スポンサーサイト



春の陽射し・・・



陽射しが美しい昼頃、夫は一人で散歩に出ます
一年前ならすぐ付いていったのですが・・・・
この頃は行く元気が有りません。
彼の速度が速いこともありますが・・・・気分が載らない。

・・・と言うわけで、相変わらずの狭庭に咲くムスカリ。
DSC_1277.jpg
去年、球根を捨てたあたり、庭のあちこちに。


昨日の稲村ケ崎からの富士山、江の島、七里ガ浜、
1553408157867.jpg
大町の自宅からパパとウオーキングに出たついでに孫が撮影したもの。
「バーバの好きな風景だよ」って。
この辺りまでは、ほんの数年前まで、独りででも、気が向いたら
だらだらと鎌倉山を越え七里ガ浜に出るコースを散歩していました。

二人に、「お昼ごはんは?」って訊いても、「いらないよ!」って。親子でダイエット中らしい。
ちょっと、体調が悪いので、ほっとしたのも正直なところ。。

十数年来、腰の痛み以外には、肥ると同時に風邪もひかず、絶好調でしたが、
ついに、あれか?これか?、来たかな~~~!




お墓参り・・・




見事なハクモクレンが満開でした
山﨑山清昌院・・・・円覚寺の末寺です。

DSC_1265_20190322181728353.jpg

我が家から、車で10っ分、鎌倉市内です。
鄙びた寺、墓所も30基ぐらいの小さなお寺です。
10時には着いたのですが、すでに、、三家族もいらしていました。

それぞれお掃除して、お参りして、気持ちよい晴天の中です。

夫の実家の墓所は上野の寛永寺にあります。
一間四方もある、立派な墓所です。
戦後、寛永寺さんが財政立て直しのため、高額で売り出したそうです。
士族でなければ・・なんて掟は吹っ飛んだのでしょう。
姑は、レジの中からあるだけのお金をひっつかんでお寺に走ったそうです。

墓石の横の墓碑も大きくて、立派です。裏表、20人は彫れそうです。
舅姑は「一族皆、入るのよ」と、我々三人の嫁たちに言い含めていました。

赤ちゃんだった義姉は戦後まもなく入り、数十年を経て、舅姑が入り、
10年前には、
家業を継いだ義弟のお嫁さん、義弟、とつぎつぎに入りました。
その下の弟・・私と同い年・・が一昨年、本郷の小さな別の墓所に。

そうなると、夫・・長男の夫・・は其処に入りづらくなったのでしょうか。
私の実家の墓所に、墓石を新たに立て直して、姓を私の実家と併記しました。
舅姑のお骨も少し、分けてもらいました。
「こうすれば、息子娘孫達、一か所だけ守れは済むだろう」ということ。

彼のバランスの良い現実主義にはいつも感心します。

そういうわけで、義弟二人、舅姑 近い血族を、みんな亡くした今は、
我が実家のお墓に参れば、一応、お彼岸の行事を済ませられます。
有難いことです。


お墓もマンション型や、樹木葬、等々、流行りです。
終活ノートに、お葬式は・・・で、お墓は・・・に、と書き込む人も多い。
私も真似しようとしたら、
息子が「死んだ後まで指図しないで良い。残った者たちがキチンするから」と。

なるほど、ごもっともと思って、削除しました。(^_-)-☆

木蓮は、特に白木蓮は優雅です。
でも、こんなに大きく立派な花にはなかなかお目にかかれません。
熟年の美女とでもいうべきでしょうか。

DSC_1268_201903221817293eb.jpg







鎌倉、老人会の収支決算書・・・

 


鎌倉市内にある各地域の老人クラブ長は、この月は憂鬱なはず。
とにかく、税務と同じで、年度末の報告をしなくてはならない。

用意するのは
30年度の収支決算書。前年度出した予算書と併記する。
30年度の活動の細かい実績の報告書。
31年度の活動予定と、予算書。
勿論、会員名簿。西暦での生年月日、住所、電話番号、性別・・
亡くなる方、施設に入所の方、マンションへ越す方などなど退会する。。
あらたに入会する方・・・と、出入りが激しい・・・
微に入り細にいたる報告。
出費の明細も活動の実態も・・・
税金からの支援が有るからだろうが、この厳密さには呆れる。
6枚もの書類を作らなくてはならない。
相手は老人ですよ!


手書きでも相当面倒なのに、すべてパソコンでせよとの市役所のお達し。
パソコンを駆使できる老人て、きわめて少ないはず。
若い会計係りや、身近に、PCの使い手を持っていないと・・お手上げの仕事。

私は?
これは、ブログとは別の操作。其のうえ眼はかすむし頭は呆けるし・・
去年、ななとか出来たはずが、すっかり忘れているんだから。
下書きを作るのでさえ四苦八苦。

もう、PCでの仕上げは、パソコンの先生にお願いするしかない。
やっとの思いで、今日、下書きを持参したが、
この件が、気持ちの負担になり、すごく頭の痛い一週間だった。

PCでの仕事が増えるから公文の先生辞めたのに。
税務所もPCでの申告書が面倒だから辞めたのに。
こんな仕事を楽にできるなら・・・・老人ではないでしょ!

この仕事だけででも、会長を辞めたい!

DSC_1264_20190319200233ccd.jpg


市役所は何を期待してんだろう。
松尾市長さん、各老人クラブ長の青息吐息、知っているかな?
まさか、老人イジメ?

ますます長寿者が増えると言ったって、
能力が下がってきてからが長いだけ!。
だからこそ、
老いた人同士、励ましあって、軽やかに楽に、老人会を運営したいのに。。。。


コンサート二件

  


一昨日は、【銀座タクト】に、友人がご参加するコンサートへ行く。
交詢社の隣り、昔からある由緒あるシャンソニエ。

DSC_1269.jpg

七人の出演者。レベルが高い方々だという触れ込み。
お一人三曲づつ、ランダムに歌うのだけど
同じような曲想、歌唱、が続いたり
衣装の統一感がなかったり、
各人の音量調節が無かったり
演出が少々手抜き?

友人K氏のみ、語りの多い曲を丁寧にお歌いになって嬉しかったけど。
次々と続く歌・・・アリアやカンツオーネに、すご~く疲れて・・・
せまい会場でマイクを使ってのオペラ曲は無理というもの。

大好きな銀ブラもせず、一目散に帰路へついた。
「銀座へ行く」という楽しみも無くなったのは老化のせいだろうけど。


今日は、大船のレストランビオラであった、プロのコンサートへ。
劇団四季出身の花木さち子さんと高木椋太さんのジョイント。

DSC_1268.jpg

リリカルな歌声の花木さんに期待していたのだけど
なぜか、妙にテクニックに走って・・・・私は不満でした。
高木さんの美声は堪能できました。
さだまさしの【風に立つライオン】が良かった・・・・

舞台が銀座だろうが、大船だろうが、目白だろうが、藤沢だろうが
素人のレベルはピンキリで、評価の外だとおもう。
ただ、素人だからこそ、誠実に歌う姿勢に惹かれる。
素人とプロの力の差はもちろん計り知れないけど、
語り掛けてくる姿勢や
歌の心を伝えようとする歌唱に差はない。

だから・・・素人とはいえ、
直に聴くステージには、魅力が有ると思う次第。


 

詐欺の電話

  

良くかかります。
三回目?うん?四回目かな?

一昨日の事、
こちら市役所保険課の○○です。
Nさんのおたくでよいでしょうか?

はい
先月、緑色の封筒に入った封書が届いたでしょう?
病院に支払った一年間のトータルの明細です。

はい、見ました。
良くお読みになりましたか?
なあに?もっと支払えって?
ガチャン!

これで、終わったようです。
もっと、詳しく聞きたかったけど・・・

ご近所にも数件あったようです。。
出席者のうち、今回だけでも、二割の確率。
非通知でもなく、03ばんだいだったとか。都内から?
優しく、ずっと、応対していると、
どうも、「還付金があるから、云々」らしいです。

老人会で、この話題をだしたところ、、
まあ、会長として、ちょっとご注意したかったんですが、
うちもうちもで大盛上がり。
なんとなく、みんな、嬉しそうに話して、きりが無い。
「そのうち、皆さんのお宅にも・・・」と切り上げました。

そういうわけで…来ましたよ、還付金詐欺!

DSC_1262.jpg

半年前には、息子にそっくりな声で
「お袋、今日、いる?」といういつもの問い。
ふざけて、「あんた誰?」って聞いたら ガチャン!

それにしても、トーンも、言い方も、セリフも、息子にそっくり。
いえいえ、そう聴こえるのですって、バカ母には。(^_-)-☆
NHKのお薦めに従って、受話器の側には、【お金の話はしない】って張り紙。

DSC_1265.jpg

  




我が子への虐待について。

   


ずっと、我慢していましたが、誰も言わないから・・・
子供の教育に携わっていた者として、口を出さずにはおれません。

我が子を虐待?
加害者が父親である場合、ほとんどが継父。または同居の男。
または、心愛ちゃんの実父のように、婚前の妻の行跡への疑いを持つ男たち。
DNA検査に出すほどの知恵もお金も無い。

此処に、男性の持つ、動物的本能が見えるように思うわけ。

猫でさえ、野良社会では、自分の子孫だけを遺したいがゆえに
相手雌猫が育てている違う雄猫の子供たちをかみ殺すという・・・本能。

怖いよ。もちろん。でもそれが本能らしい。
野性の世界では常識、特にライオンがそうだと、聴いたことが有る。
猫もライオンもネコ科。

youtubeにみる異種の動物間の愛情や、
雌猫が、我が子でない乳飲み子(=^・・^=)をそだてるとか、
涙が出るほど、優しいトピックスの数々。
あれは、珍しいから・・・・トピックスになるんだよね。

きっと、現実はもっと厳しい。

さて、人間も?

かくまで、継父の暴虐が多いとなると・・・そう思わざるを得ない。

可愛いくないんだよね。きっと。
邪魔なんでしょう・・・きっと。

ならば、捨ててよ。
病院の入り口に置き去りにしてよね。

最近、こうのとりBOXの話題がないけど
育てたくないなら・・・保護施設や病院や、近所の家に置いてほしい。

公文教室に居ても、
さすがに親の虐待は無かったけど、学校でのいじめはあった。
いち早く察知するのも指導者、教室の責任ではないだろうかと
眼を瞠って、気を付けていた・・・。

まして、大人が、狭い誰の眼も無い場所で、子供をイジメ倒すとは!
もっともっと、教育団体全てが手をつないで考えて欲しい。
裕福な家庭にもたぶん、虐待はあるだろうし
恵まれた子弟だけを集めての営利・・・・心苦しく無いのだろうか。

公文の教室はきめ細かく町内にある。
噂も耳に入る。
公文指導者の母性は、あらゆる子供に対して、深く広い。
積極的な、子供を守る拠点にならないだろうか?

原因は数知れないとは思うが、まずは、
継父の本能的なやりきれない苦悩への理解と治療。
男にくっつくしか能のない未熟な母親たちの孤立からの解放。
格差による貧困からの、人生への希望の無さ・・・経済援助。
自分自身も虐待の被害者だったという環境の輪廻からの断絶活動。

これらを、社会全体で早急に解決してほしい。
子育て・・教育に携わる者として一致団結して、声を上げてよ。

DSC_1256_2019031011174387d.jpg


此処からは笑ってください。
公文指導者をリタイアーして後の冗談。
「市会議員になろうかな」。
「42年間のキャリアならご父兄の票だけでも十分だもの。」

この頃、冗談で済ませたこと、少し反省している。
本気で、教育と子供を支援したらよかったのかもと・・。(^_-)-☆








 


春が来た・・・

 

昨日は本当に良い日差し。一気に春が来た?
とはいえ、強い冷たい風が吹いて・・まだ肌寒かったですね。
今日は暖かく、如月の空色です。

しだれ梅の古木。竹垣と相性が良いみたい。
DSC_1257.jpg

京都のお土産を・・ほんの少しのちりめん山椒。
賞味期限はまだ先とはいえ、速く届けたくて、逗子の友人宅へ。

一月早々に、大船駅で転んで、肩を折ってしまった友人。81歳。
シャンソンのプチロンドに同時期に入った歌友です。
京急逗子駅の近くのお宅へ車で。
海岸通り、134号線は、混んでいる。晴天に誘われたのかな?

驚きました!
すっかり健康体に戻って、
二月にお見舞いした折の、痛々しかったギブスも包帯もとれ、
お元気そのもの。
いくぶんお痩せになった分、すっきりして若々しくなって・・・・

三月の逗子の歌会にご出演
とのこと。
そう、歌からもらうエネルギー効果!。
練習すれば、呼吸、姿勢のリハビリになる。
人前に出る以上は、という身づくろいへの意欲が出る。
全てが、良い方へと誘ってくれる。

お互いに、歌を趣味にしていて、良かった!と。
老人会行事のため伺え無いのが、私の残念。


確か、明日の日曜日は、お婿さんの七回忌とか。
「え?ご主席なさるの?」
「もちろんよ」
「そうか・・・大事な日だものね。」

小一時間の談笑の後、ご法事の準備にお忙しそうなので、帰宅を告げるや
たくさんの夏ミカンやら、ジャムやらを頂いてしまう。
彼女のお宅には、なぜか、いつもたくさんの果物やお菓子があるの・・・

いつも、海老で鯛を釣る状態になってしまう。
そのうえ、意地の汚い私は、目の前のお茶菓子まで
「主人のおやつにさせてね」とバッグに入れていたありさま。お恥ずかしい事!
駅前の美味しいケーキをお嬢さんやお孫さんたちに用意しておいて良かった。

DSC_1255.jpg

案の定、帰路の道路も混んでいましたが友人の復帰が嬉しい一日でした。



 

老人会役員人事

  


みらいふる鎌倉(鎌倉老人クラブ連合会〉の役員会は超高齢者ばかり。
70代は・・ほんの少しだろうか。

役員会に総務として出席するが、耳の遠い私にはさっぱり通じない。
私も駄目だが、発言者のモゴモゴ声にも責任は在ろうというもの。

意見は、もっと、はっきり大きな声で、要領よくしゃべるべし!
いずれも、現役の頃は重職に?居た方々のはず。
あれで、良くも仕事ができたもんだと感心してしまう。失礼

我慢我慢の数時間の役員会。
発言権は無いし、議決権も無い。ただ居て、雑用をするのみ。
それなのに、来年度の総務部長職を要請される始末。

先月、夫の病気を理由にして、なんとか、お断りが出来ほっとしていた。

今朝、みらいふる会長からの突然の電話。
副会長になって欲しいとの、直々の要請。
副会長は、すでに、数名いるというのに。

参った。

一番嫌いなこと、グダグダ言って、断る・・・を続けた30っ分。
自分に嫌気がさすほど・・。だから、電話は嫌い!

我が狭庭の、しだれ梅。あちこち刈り取られて…やっと咲き出した。
DSC_1250.jpg

メンバーが超高齢化しているから、少しでも若手?に一新したいとの言葉。
余分な仕事が有りすぎるから、整理して、楽になるようにしたい。
何処のクラブも女性メンバーが多いのだから、役員も女性を多くしたい。
などなど、説得され・・・引き受ける羽目に。

町内会館前のクリスマスローズ
DSC_1253.jpg


それにしても、出来るだろうか?
この町内の老人会会長を、やっと、あと一年だけと、約束を取り付け、
四月の町内会総会の議長をお断りしたところなのに。
とにかく、この町内にも、若手へのバトンタッチの時期が来ているんだからね。

やっと、仕事を辞めてから、のびのびになっていたこと、
ガン検診をはじめ、眼や耳のケアや、旅行や、
再来年度からの自由を謳歌しようと、たのしみにしていたばかりなのに。

正直言って、人材不足。
だって、どんな賢く有能な人も・・・・・老いには勝てない!


この私自身が、いずれは、いえ、もう、あと一年が怖いというのに。
ええい、あとは野となれ山となれってか?
御期待にそえなくても、知らないよ!

町内会館の前庭、強い沈丁花の芳香。
DSC_1254.jpg








京都旅行・・・2




二日目は小雨模様の寒い日でした。
一日目の、汗ばむような陽気の中での写真は陽射しまで映ります。

三人では互いに撮るばかりで・・これは孫の自撮り?
1551675550718.jpg
寧々の道?

円山公園?
IMG_20190305_123106.jpg

疲れましたが、良い思い出になりました。
そう言えば、二年に一回は京都へ行っているのです。
夫とも、友人とも、それぞれ楽しいですが・・・

帰路の新幹線の中で
私と娘に、お礼の言葉を丁寧に告げる孫娘。
その上、それぞれに、素敵な便箋に可愛い感想の手紙まで。
道中、「ばあばは、なんて言われるのが嬉しいの?」と尋ねるのが不思議でしたが
文中に、しっかりと書き込んでありました。

以上、旅行のあれこれ。




京都旅行へ



娘の徹底したリサーチと、万全の予約という企画で、申し分ない旅程でした。
孫娘は、間に入って、遅れがちな私の足腰を気遣いハラハラしながらも
愉しんだ様子です。

今回は東山地区界隈を巡りました。
八坂神社から丸山公園で芋ぼうの昼食。
1551675531738.jpg


二年坂、三年坂、八坂の塔を見て清水寺へ。
修復工事中で・・・・大混雑を抜けた挙句のこのありさま。がっかりしました。
DSC_1230.jpg

高台寺、寧々の道、葛切りをたのしみ、土塀の続く小道を高台寺へ。
同志社女子大まで移動して、懐かしい風景に感慨深く、思いを遂げました。
DSC_1231.jpg
洗ったのでしょうか、色鮮やかになっていますが、当時のママです!
この大講堂の右後ろに在った東常盤寮に起居していました。
卒業生でも、この奥へは進入禁止。今風です。
「娘が生まれたら、この大学に行かせる!」なんて
可愛いことを、孫娘が言います。

四条通りの奥まった古民家風のおばんざい屋さんで夕食。

二日目は、伏見稲荷へ。
三条から、京阪での往復。夫の好きなお稲荷さんと鯖寿司をお土産に。
1551654221378.jpg

三十三間堂を巡り、ホテル・ファイアツトで、コーヒータイム。
今度はここに泊りたいものです。

元気を出して、祇園を通り、花見小路の古民家のイタリアンで豪華な昼食。
いよいよ小雨が本式になり、冷気を感じながら・・また、タクシーで、南禅寺境内へ。
観光客が少なく・・・なんとなく霊気さえ覚える山門と境内。絶景かな!
奥の水道橋も・・・絵にかいたような風情。
DSC_1249.jpg

そこからは、てくてくと、永観堂、哲学の道・・・
東山の別荘街の日本家屋をゆらゆら見させてもらいました。
夕刻の新幹線で帰路に就きました。

賢明な娘と、明るくて優しい孫娘に恵まれたこと、感謝しなくちゃ。
「、これは、弟に、これはママに、パパへはね・・」とお土産の算段は孫娘。
鎌倉駅には、息子が迎えに来ていて自宅まで車で送ってくれました。

懐かしく、壮大な、京都という街。
この地で、学ばせてもらったことも、私の幸福の一つでしょうか。

それにしても、いつも思います。
一つ一つの建造物、その敷地の広大さには今更ながら、圧倒されます。
武士文化の鎌倉との大いなる違いです。。(^_-)-☆




三月一日の夕刻・・・

   
三月というのに、庭は、まだ冬景色。
一日中寒かったです。


イチ子、いやいや、撫でられています。
DSC_1223.jpg


気ままに暮らしているせいか、肥りました。
というより、餌でしか、彼女と繋がれないので、ついつい大盛になります。
DSC_1221.jpg
隙を狙って、抱き上げると、震えています。まだまだ・・・野良精神。


では、京都へ出発。まず鎌倉駅で三人、集合です。
コートに悩みます。
寒いの?雨降る?



その後のいちこちゃん





保護猫、いちこちゃんは、相変わらずです
家の中の野良猫状態です。
好きなように、生きていて、餌とお水と排泄は私に、任せております。
彼女にとっては、非常に、幸福な状態?

この一週間前から、、
決まって、夕刻になると、二階から降りてきて吠えます。
なでなでもさせます。
ただ・・・抱こうとすると逃げます。
煮干しも私の手から食べます。
二度目の脱走をする前の状態に戻りました。
何処まで、用心深く、ずるがしこいのか・・・

二階の住処が何処か判らず、いつも不安にさせられています。
それでも、夕刻になると、現れて、ミヤーオと吠えて、リビングに居座ります。
私が寝室に入るまで、リビングで居座っています。
・・・と言うことは、彼女も寂しいのでしょうか?

はてさて、いつまで、この状態か?
正直、神経が参ってしまいますが…
いつの日か、可愛くなることを夢見ています。

写真を撮りたいけど・・・檻の中に入れずに
家中を自由に闊歩させていますので、撮れません。

二度目の脱走直前の貌!もう家猫になったと信じますよね。
DSC_1175_20190301154904ee9.jpg

そんなこんな、不安いっぱいですが、
明日から、いちこちゃんは、夫にまかせて、京都に行ってきます。
娘と孫娘と・・・・女三代のぶらり旅。

1546340581905.jpg
娘は京都マニアで・・毎年行っている様子。孫娘は京都を知りません。
私にとっては・・・センチメンタル・ジャーニー。
今回も・・・御所と同志社女子大の栄光館は外せません。(^_-)-☆