FC2ブログ

草笛日記 どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

デザイン・・・その2 【ピクトグラム】っていうらしい。



昨日アップした件について・・・
ピクトグラム
っていうんですって

ピクトグラムあるいはピクトグラフとは、一般に「絵文字」「絵単語」などと呼ばれ、
何らかの情報や注意を示すために表示される視覚記号の一つである。
地と図に明度差のある2色を用いて、
表したい概念を単純な図として表現する技法が用いられる。Wikipedia


他にもたくさんありますよね。
オリンピックの会場表示などにも早速用いられています。
デザインそのものの使用料は無料らしい?
ビニールに印刷され、シール状になって販売されていました。

並べてみます。なんだか楽しい。


これこれ、京急バスにあるのは。
それぞれが可愛いでしょ。
あれ?妊婦さんとママさんの足の置き方が・・揃っちゃっている。
違うなあ。京急さんのほうが、微妙に違っていてステキだと思うけど・・。

yjimage4AK39QXR.jpg


ホテルやレストランにあるのかな?

20170218133642.png


駅やデパートでいつもお世話になっています。(^_-)-☆

pict1.jpg


普段、あまりにもなじんでしまい、気にも留めませんでした。
様々な工夫が在って、一目瞭然を図り、二色で、万国共通のフォルム。

いろいろな知恵があるのですね。
みなさんご存じだったのでしょうが、今、改めて眺めつつ感心している婆です。








スポンサーサイト



デザイン・・・

    


オリンピックのシンボルマークでの騒動。
盗用というジャッジを受けて・・・今の和風で幾何学的なデザインに決定。
好きか嫌いかと言えば好きだけど、インパクトが薄いようにも思える。

商業デザインというジャンルに入るのだろうか・・・
街のそこここに見かけるマークの類。

例えば、非常口やシルバー席の表示などなど。
あのデザイン、何気なく見ているけど、、凄いとおもいませんか?

DSC_0893.jpg


先日、大船までの所在なさに、あらためてしみじみと眺めたのがシルバー席表示マーク。
シルバー席利用の方々の身体的特徴を筋肉まで想像できるほどの描写!
見れば見るほど、笑っちゃうほどのデザイン化!

ちょっと威張ったお爺さん、若々しい妊婦、幼児を膝に乗せた優しいママ、
足を痛めて辛そうな青年。。。。もう、顔まで想像しちゃう・・(^_-)-☆

足の太さと、そろえ方、頭の大きさ、御尻のあたりの膨らみ、もちろん手の表情、
杖の太さ、ベビーベルトのたわみ、青年の包帯、松葉づえ・・・などなど
愉快で優しいデザインに、しみじみ、作者の愛情まで感じ取った次第。
バランスよく、美くしく、コンパクト。よって、一目瞭然!。

絵を描ける方って、いとも簡単に、デッサン出来るんですよね。
「やっぱり、DNAだわ~っ」て思うんです。
犬一匹描くんだって、私が描けば、人間みたいな顔になるのよね。( 一一)!。

こういうデザイナーこそ、作者名を明らかにして表彰したいなあ。
「お世話になります。」って。



さくらんぼ狩り・・

    
みらいふる鎌倉・・・老人クラブ連合・・・主催の【さくらんぼ狩り】です。
晴れ女の面目躍如!晴天。
我が老人クラブからは五人の出席。

鎌倉市内、各地から集合、観光バス三台連ねて・・・。
現地は、関越道から沼田ICを出て・・・・伊香保温泉近くのさくらんぼ農園。
「佐藤錦」を越える新種「紅秀峰」を主にさまざまな種が植わっている。
どの樹も、文字通り、鈴なりのさくらんぼ!

DSC_0927.jpg

「いろいろ、味の違いを味わってください」っていうけど、あんまりわからない。
どれも甘くてジューシーで美味しい!低い枝にびっしり!食べ放題です。

DSC_0928.jpg

上州はマイタケが名物とかで、物産センターでお墨付きのマイタケを700円で購入。
帰宅後、簡単に炒めたら、これも、コリコリと素晴らしく美味しかった。

DSC_0930.jpg


バス旅行・・夫をはじめ、バカにする向きもあるけど、
バスは、各会員宅のすぐ近くで発着。集まった四、五人ずつを拾って下さる・・
荷物も負担にならず、楽ちんこの上ない。
選りすぐりのスケジュールで、見処の要所要所を案内付きで訪問。
ガイドさんは若い男性で、頼もしくもあり、親切でもあり、ありがたい。
少し退屈なこともあるけど・・・・・上手に躱して
何事も、愉しめば楽しい。

以上、7900円なり。
過不足ない料金だと思う次第。

そして、何より、どなたも無事に帰れたこと、参加の皆さんに感謝。




白髪で素敵に・・・草笛光子

    

白髪で居ることの優位性については時々アップしている。
それを知ってか知らずか、
先日、娘が、買ってきてくれた本は【光子のクローゼット】

DSC_0923.jpg

この頃、CMで見る、綺麗な白髪に注目していた草笛光子さん。
真似するのは、とても出来ないけど、彼女の心意気には通じるばかり。

DSC_0925.jpg
ターコイズ・ブルーも、ヒョウ柄の上着も、白髪だからこそ上品!


オール・ウイッグやパーツ・ウイッグをいくつか仕入れて、折々に使用しているそうな。
そういえば、うんと華やかに大きく膨らませたい時、
私でさえも、二つ乗っけている・・・・。(^_-)-☆


紅い口紅が似合う事、イヤリングをすること、派手な色を着こなせること。
何より、素の自分になることがどんなに自由かということ。
やっぱり彼女も書いている。

70歳になったら・・・お薦めしたいなあ・・・・白髪でいること。
時間と費用と気苦労から解放されましょうよ。
いえ、もっと言えば、ウンと素敵になれるんだから・・・


美容院から叱られるかな?
 





家の周辺の管理とは?



  
昨日アップした写真、広々とした葛が繁茂した風景は我が家の前。
近くの農家が、土地を売る条件で手に入れた広い造成済みの空き地の土盛り。

DSC_0916.jpg

昨夜、ウオーキングの帰路、
みかねた仲間が手伝ってくれると言うので、家に戻り、鋏を取り出し、
薄暗い中、夜七時ごろ、葛の弦を伐り、バッサリと落とした。

隣家の範囲,二軒分までの長い土盛りブロック沿いなのだが。
60代のご夫婦には手伝いを頼めない。
路上の草抜きも、反対側はしない。いつものこと・・・。
誘い水をかけても、「関係ないから」とおっしゃる。
そうよね、他人の土地の管理をするのは不法侵入かも?
中には入れないから・・・垂れ下がっている分だけ伐る。

DSC_0921.jpg


路上に落ちている葛の残骸、小さくまとめるしかない・・・。
植栽の伐採は、伐ることより、まとめて始末するほうが何倍も大変!

今朝の暑さに、だんだん、腹が立って、主人を呼び出し
ほんの一瞬、まとめて紐をかける際に、ちょっと手伝ってもらったけど、
直ぐ、家に入り、それ以上なにかしようという意思が無い。
「パパがやらないなら、マンションに引っ越そう!」
って、一言を投げかけて・・・

丁寧に掃除する気持ちも失せ・・・今日は、ここまで!。
婆の仕事は、ゆっくり、のんびり、気が向いたら・・・に限る。

さりながら・・・ウオーキングをしていて、気付いたことは。
ご自宅の周りをしっかり綺麗にして、草一本生えていないお家が多い。
梅の実、プラムの実、様々な落ち花、落ち葉もあるだろうに、
側溝はおろか、近辺の路上までもお掃除している。


結構な力仕事だからこそ、
昔、父の世代では、外回りは男の仕事だったのよね。
下男下女のいるお屋敷は別として、早朝の道にはお爺さんや男の子がいたもの。

庭つきの一軒家に住むということはそういう覚悟が必要なんだよね。






 

安部首相の能力

   

彼は、長期政権を維持するほどの偉大な総理大臣なんだろうか?
確かに容姿は立派で、世界各国の要人に交じっても恥ずかしくはない。
でもね、不思議でならないんですよ。

自民党内に倒そうという、動きが全く出て来ない。
世論調査の高止まりの評価。
18歳から20歳代前半の有権者の意味のない高評価。
国会質問でのぬらりくらりな応対。
質問事項をそらし、まっとうに対峙しない。
ライバルの人気を無視して、閣僚から外し、われ関せず、恬淡としている様。
読み間違いやら活舌の悪さやら・、恥とも思わず・・・・平気の平左。
森友も加計も、丸めこもうと見え見え。
アメリカにべったりで、意見も意志も右顧左眄。

こういうのって、学歴が示すように、いわゆる頭脳明晰とは言わない。
敢えて言うなら【強い頭脳】っていうんだろうか。
EQとも違う。ただただ、シタタカ!

そう、鈍感力なんだろうね。
大政治家のDNAが確実に二倍になって遺されているということ!。
祖父岸信介さんは、重大な戦犯ながら首相として返り咲き長期政権を。
東大出で、ダンデイな父上晋太郎さんは、賢すぎて、総理にはなれなかった?。

家の前の空き地から葛が路上にはびこる、凄い生命力!
DSC_0916.jpg


先日、ヨガの先生から呼吸法についてお話が在った。
〇〇法で呼吸すると、精神が落ち着いて、カッとならないそうだ。
「もし、私か妻が・・云々」と言って以来、この呼吸法を始めたらしく、
相手、野党議員を小馬鹿にするほど、落ち着いてる。
だから麻生さんのような失言もしない?


実は、私メ・・・
以前より、ステージに出る前、深呼吸を二・三回しています。
少し、上がり症が治ります。
もう一つは、両手に力を入れて、ぐっと身体全体も緊張させて、一気に緩める。
これも、堀先生に習ったのです。
昨日、体形カバーで、背負ったスカーフに気を取られ、深呼吸を忘れていました。
案の定、間奏をミスして、早めに焦って歌いだし・・・失敗。
こういうのを、ルーテインとでもいうのでしょう


話がそれてしまったので、戻すと、
安倍晋三さんの長期政権維持の要因は何なのかという疑問。
誰か教えてくれませんか?

ああ、そう、やっぱり、素晴らしい施政能力!
それなら、万々歳。安心して過ごせるというものよ。(^_-)-☆



お詫びと訂正
過去記事「パッパニーニョ】にて、西野監督を慶応出身と間違えました。
早稲田大学の出身ですって。
監督繋がりで二宮さんが出たのですっかり大学が同じと思い込みました。
二宮さんは慶応・・全日本監督時代の繋がりかな?
友人から指摘されてビックリです。良くやるミスです。
すみません。





 







【それぞれのテーブル】♪Tables séparées




シャンソンって、あんまり人気無いのよね。
どうしてだろう?
うん、たぶん、暗くて、もにゃもにゃつぶやいていて・・・面白くない?
とくに素人は自己陶酔にはいっていて・・・聴いてるほうはおもろうない?。

人気の或るシャンソンは「回転木馬」とか「メケメケ」とか「セ・シ・ボン」とか?
明るくて高音で、リズミカルな歌。
そう、シャンソンだって、明るく高音で、歌い上げる歌がたくさんある。

もちろん「愛の賛歌」も、人気度高いけど
原語に近い和訳だと、グチャグチャと、陰々滅滅とした内容。

イタリア系のフランス人。美人歌手として有名なダリダ
ちなみに1933年生まれの彼女はすでに亡くなっていて、今年は生誕85周年とか。
一生が映画化されているそうだ。

20<br /><br />【それぞれのテーブル】・・・<br />この歌も、結構、人気があるけど、日本では暗くうらめしく歌う方が多い。<br /><br />15101417304629b.jpg

ダリダが、からっと、歌い流している。
こんな風に歌おう!。
歌詞は、
昔の恋人が新しい若い恋人を連れて、なつかしいキャフェに入ってきた。
私は見ないように・・気が付かない風にしているけど・・・たばこも手につかない。。

という、なんとなく、未練たらしいイジイジ感満載。

さらりと歌えば、世間によくあるアクシデント。
「お元気?」「私も、元気よ!」「あら素敵な人見つけたのね」「じゃあね」って歌おう。

大人だもの。昔の、訳アリの異性に出会うこともあるでしょ。
そんな一瞬を、オシャレに表現してみよう。











喫茶店 【パッパ・ニーニョ】



サッカーの一勝は、ホントに嬉しかったですね。
サッカーファンにとっては、
西野新監督の力が不安視されていたから、余計に嬉しいはず。
狂喜乱舞は婆さんにとっては、あきれるしかないけど・・・(^_-)-☆

さて、その西野監督は早稲田のサッカー部出身。
全日本時代の監督が二宮寛さん。
彼は今、葉山の住宅街の入り口で喫茶店を開いています。

【パッパ・ニーニョ】

640x640_rect_71401131.jpg

オーナーの二宮氏は
いつも店内にいて、美味しい本格的なコーヒーを淹れてくれます。
そして、いつも誰かと喋っています。
アシスタントは奥様らしき老婦人と男性。
男性は、かつての教え子?サッカー選手?
どうしても、お客様は、かつての仲間やサッカー関係の方々が多いらしい。

珈琲がとても美味しいので、堀陽子先生と時々行きました。
陽子先生は華やかで目立つ方なので二宮オーナーも
ニコニコと、我々と楽しく会話を交わしました。
珈琲の淹れ方まで教えてくれました。

二宮元監督が先日、西野監督繋がりでテレビに出ていました・・
西野監督は学生時代から、硬軟併せ持つ魅力的な人物だったそうです。
人間力、IQならぬEQを多分にお持ちなのでしょうね。


公文教室を開いていた頃、
突然にご父兄や入会希望者や見学者が来たものです。
まずは、丁寧に迎え入れ、お客様には『少々お待ちください』と、告げました。
その上で、今、学習している生徒たちを第一に、対応しました。
(子供って、そういう時、「先生!先生!」って寄ってくるんですよね。(#^.^#))

まずは、生徒を大事にしていることをお見せしたのです。
手際よく対応した後に、ゆっくり落ち着いて
「お待たせしました。ご用は?」とお客様に最大の笑顔で接します。

教室運営も接客業?ムズカシイことも多々ありましたよ。
全国の教室、様々に、色々あります
指導者自身の学力もさることながら・・主宰者の個性はもちろん、
設置された場所にもより、集客力が違います。
生徒が多く集まるからと言って気を抜くことはできません。
常に緊張して・・・・どの生徒にもご父兄にもご近所にも気配り気配り。

即ち、主宰者のEQ!
これだけは、事務局本部も測りかねているでしょう。(^_-)-☆


さてさて、喜怒哀楽の激しい私はEQは低いと自覚しています。
その上、リタイアーしてから、とんと、気配りを忘れています。
いよいよ我儘になりつつあります。
もう許されたいと、実は、開き直っています。





新茶と凌霄花と・・夏が来る!

 

この季節になると、近しい方々から、新茶を頂く。
静岡のご親戚がお茶を造っているからとか、
老舗のお茶屋さんから毎年送ってくるからとか、
ご挨拶に、お礼に、いろいろなお言葉を添えていただく。
お中元ほどの重さは無く、嬉しいプレゼント。


でも、買うとなれば、お茶って、高価ですよね。
淹れ方云々はあるとしても、
茶葉をいっぱい使ってこそ、美味しいお茶を飲める。

もちろん、珈琲も、紅茶もしかり。贅沢品と言えますよね。
話は逸れますが、大量に出る珈琲の滓の利用法ってあるかしら?
消臭剤になることは知っていますが・・いつも、勿体ないと思う戦前っ子です。

さて、最近、ほとんど聴きませんが、
♪夏も近づく 八十八夜♪♪は・・・【茶摘み】という歌?
この曲を、リズミカルに編曲して、ビートを効かせて歌仲間が歌っていたっけ。

昔、有能な男子学生のアシスタントさんが、
「先生、実家の茶摘みを手伝ってきますので」とその週はお休みでした。。
毎年、この時期になると一家総出の茶摘みが始まる。
故郷、静岡に帰れば、有力な助っ人として頼りにされているとか。

夏が来た~!と実感するのは新茶の香りと
この花、ノウゼンカズラのオレンジ色を見つけたとき・・・。

DSC_0912.jpg
ご近所の、日当たりの良い門の上。一房、咲き初めていました。


鎌倉駅の側、妙本寺の凌霄花・・・見ごろはもう少し先かな?
この夏も必ず行きます。見事ですよ~!
観光客も無く、隠れた花の寺。いつも静かです。
是非是非お勧めします。

CIMG0092.jpg



 


 



紫陽花三昧・

   

鎌倉は、いよいよ観光客であふれています。
紫陽花の季節ですもの・・。

湘南地区は、温暖で豊富に水が在るせいか、樹木が良く育ちます。
藤沢は、造園業者や、植木屋さんが多いそうですよ。
わが町内にも・・・250弱の所帯数のうち、3軒も植木屋さんがいらっしゃいます。

湿気が多いから、紫陽花が良く育ち増え美しいのでしょうね。
町内を一巡りして、変わり種の紫陽花を見つけました。
大混雑の、明月院や長谷寺へ行かずとも済みそうです。
たぶん、美しい名前を持っているのでしょうが・・・私が勝手に付けました。

満天の星
DSC_0911.jpg


乙女の恥じらい
DSC_0913.jpg


パリ娘
DSC_0914.jpg

雪まろげ
DSC_0915.jpg

優劣付けがたい風情。
家々の庭先や、玄関わきや、塀沿いに咲いて、まるで紫陽花祭り!


以上、地震に見舞われる前に下書きしておりました。
今日の陽の光の強さで・・・紫陽花も枯れ花が目立つようになるかしら。

もうすぐ、夏ですね。



怖い・・・大阪北部の地震




どんなにか怖かったろうか。
阪神淡路大地震を経験しているからこそ、どんなにか怖かっただろうかと。

ニュースに出る地名は、たくさんの友人知人が住む街。
池田市に住んで豊中市にある女子高へ通い、京都で大学時代を過ごした。
当然、学生時代の友人が多く住む。
それに、42年間の仕事だった公文式は、大阪を最初の地点として広がった学習法。
創始者夫人がスタートした教室は豊中市だったのだから・・・。

今も友情の続く指導者仲間はもちろんとして、
研究大会や、指導法を学びに、教室見学に伺った土地の数々。
茨木も、吹田も、高槻も、懐かしい地名。


どうぞ、これ以上の余震など在りませんように。
この被害を最大として、以後、静まりますように。

今日は、出かける気もしない。
皆さんのご無事とご安寧を心から祈りたい。

お見舞い申し上げます。
DSC_0909.jpg

大きな鉢に混植したゼラニウム。
春下旬、花が終わってすっかり刈り込んだのがやっと返り咲きました。






【潮風の中で】♪カンツオーネ   



【潮風の中で】を久しぶりに歌いたくてyoutubeをさがしたところ
プロ歌手のyoutubeが一つだけ。
あまり好きな歌い方ではないがご紹介します。
日本ではけっこう流行ったと思うけど・・・


堀陽子さんのご指導は、
「思い込みのある歌い方は避けて、Nさんらしく歌うように」とのことが常でした。

もう少しさらっとした歌い方のyoutubeを探していたら・・
あれれ・・?2013年の私の・・・??
そうでした、大阪から応援にきてくださったH先生が撮ってyoutubeに?
5年間気づかないで居て・・・(*_*;ビックリ!!

続けて、二曲目に歌った【希望】も。
vFHCFI5xwzDYgn6sG5_K3GQzRVRz5o2riGOGC3K1ksaP.jpg

いや~~恥ずかしい!

若かったな!
細かったな!
陽子先生のフランス土産を頭に載せている!

初めて、
我が恥ずかしい歌声と姿を今更ながら観るという羽目になりました。
実に私らしく、女学生みたいに歌っています・・・・(#^.^#)

全く進歩していない。




梅雨寒




梅雨寒や 友離り(さかり)行く 老いの果て  


仕事仲間が、丁度、一年前のご引退後、最近、持病を悪化させ、
遠い地にお住いのお嬢様との同居のため、お引越しをされるという。


とおに80歳を超えていらっしゃるから当然の帰結ではあるが、
友人が遠方へ離れてしまう事が寂しい。

バスの窓から。老舗、井上蒲鉾店の前
DSC_0905_20180615154422de4.jpg


現役時代から、私よりずっと若々しく、密かに、羨ましく思っていた。
ふっくらとした、色白のお肌がつやつやして、常に笑顔でいらして。。
生徒さんが東大に合格するたび、嬉しそうにご報告なさって。。。
「素敵なメリーウイドウね。」と御噂していた方。

地域への貢献を第一に、最後の生徒さんの東大合格を機にご引退。
その後、ほっとなさったのか、一気にお疲れが出たご様子。
働きすぎとは言いません。
敢えて言えば、力の限り、お仕事を愉しんだと言えるでしょう。


見かけや精神の若さに関係なく身体は確実に時を刻む。
老いは残酷です。

世間は、「終生働け!加齢と戦え!最後まで自分で歩け!」と大合唱。
やだやだ、
縁側のお座布団で猫とお茶したい。
揺り椅子の上で、暖かいひざ掛けをして珈琲を飲みたい。
しかも、出来たら、綺麗な嫁や可愛い孫娘に囲まれて・・・

つくづく、ゆっくり、のんびり、お婆さんになりたいのよ。
私の望む、理想の、本当の老後生活!!



 


みらいふる鎌倉・・・9時から6時まで。



どんどん深みに・・・。

「〇〇になってください」と言われれば、「ハイ」と答える。
ウダウダとサンザン断っておきながら、結局は引き受ける・・・は嫌い。
相手にも、周囲にも迷惑なこと。
だから、なんとかその仕事を出来るとおもえば、「はい」と引き受ける。


アガパンサス・・・八分咲き・・・西側の塀沿いに。
DSC_0901_201806140655534f4.jpg

みらいふる鎌倉・・老人クラブ鎌倉連合会・・では教養部に属していたが
総務部へ入るよう頼まれれば、残念だけど移るしかない。
事情は、総務部だった方がF地区の地区長になったので穴埋め。

さあ、大変。
役員でもないのに、午前の役員会から出席せよとの命。
決定権も発言権も無いママ、同席して、役員会の状況を把握せよと?

「半分 青い」状態の聴力を補うに、発言者の表情と口元と資料を凝視して2時間!
私くらい熱心に耳を傾けていた方は他に居なかったかもね。( ̄∇ ̄;)ハハハ


腰が痛いので・・・耳が遠いので・・夫が居るので・・・
断る理由は口まで出かかったが、潔さを旨とするなら引き受けなくてはね。


午後からは定例会。各地区クラブ長が集まっての会。
前地区長さんは、女性、Tさん。今年度から【みらいふる鎌倉】の副会長。
駅前のルノアールで最後の仕上げ。帰宅は6時前。


痛い腰も、【半分 グレー】の頭もフル回転させたという1日。
会場設定も、その机や椅子を元に戻すのも、お弁当配りも、
総務部のお仕事なんですから。要するに雑用係?

高齢者集団の中、70代が働かなくちゃ始まらないのですよ!






花ならぬ人の命は・・・

   

勇気ある青年の、痛ましい死に、言う言葉もみつからない。

「電車やバスの中で、何か起きても、絶対に関与しないこと」
入社したての頃、先輩からの注意だったと息子が言いました。
勤務先は某大手市中銀行です・・・30年近い前のこと。
事なかれ主義!
いかにも大企業らしい指導だと、私自身は、心中、憤慨しつつも、
首をひねって悩む息子を前に、ただ無言で居たこと、思い出しました。

そうです。それが大人の知恵というか常識。
それでも、それが良いとは思えないのです。
命を張って、誰かを救おうとした・・・
国民栄誉賞に値する!。
まだまだ若い。奥さんも若いだろうに・・涙、涙、です。

返り咲きしたビオラ。
DSC_0877.jpg
満開したら、一度、思い切って切り込み・・・また咲き出しました。

花ならぬ人の命。
二度と、我が前に立つことのない息子。梅田青年。
健康で優しい青年に育て上げたお母さんの気持ちを想うと
いたたまれません。

それに反して、犯人の親も親族も、子育て下手で、何という無責任!
意に染まぬから可愛くない・・・そんな親が増えていますよね。





文字摺り草・・・捩じり花とも言います

 



陸奥(みちのく)の しのぶもぢずり 誰(たれ)ゆゑに
     乱れそめにし われならなくに


河原左大臣、 嵯峨天皇の皇子の源融の作で古今集や百人一首に。
光源氏のモデルとも言われているそうな。


その文字摺り草を、なんと!我が庭に発見!。
この家を建てた直後、この草が庭一面に咲いて・・・ピンク色に染まるほど。
年々減って、ついには一本も観ることなく、十数年以上たちます。
北冷地に咲くという草、ついに温暖化による消滅かと思いきや、突然の再登場。

DSC_0892.jpg

三十センチ離れてもう一株。
捩じれているから、ねじり花とも言います。
DSC_0890.jpg
来年も再来年も・・・忘れないでねと。



促されて、久しぶりに駄句五つ。


もじずりに、意地もあらんと 老いの庭
陸奥(みちのく)に ねじれ咲くとう、文字摺草
文字摺り草 すっくと 文をしたためる  

雀の子、捩じり花にも 臆せずに
荒れ庭に、パン食む雀と捩じり花

 





 





日大六会キャンパスから寒川神社へ・・・

 

小田急、日大六会駅。
PCの先生、Oさんの御宅があります。

藤沢から新宿に向かう車窓に、すぐに見えるのが日大の大きな四角い校舎。
route03.jpg
日大ブログより頂きました。

ここは、生物資料学部、ようするに獣医学部のようです。
付属の高校や小学校までここにあります。
感じの良い学生さんや小学生が、屈託なく、緩みなく、歩いています。
その風景は、大人たちの思惑とは違い、凛としてキリリとした風情。
ただ、この学校の経営力がすごいとは、つくづく感じ取れました。

「ここは、立派な方がたくさんお住まいですよ」と駅構内での優しい老婦人の言葉。
そう言いながら、初めて降り立った私をエレベーターまで連れて行ってくれました。
いつもは、PCを積んでの車でしたので。

駅前から、Oさんの車でレストラン【天青】へ。うわあ。運転しないで済むって最高!
DSC_0895.jpg

鬱蒼とした入り口から庭園には、珍しい木々・・・。スモークツリー(カスミの木)
DSC_0889.jpg

美味しいごちそうに会話も弾みます。
DSC_0901.jpg
運転しない私だけ、お酒を愉しみました。スミマセン。
数年前、出会ってからこのお酒のファンになり、
鎌倉の老舗酒屋まで買いに行っていました。
同名のレストラン?と思って居ましたら、湘南最後の酒蔵、熊澤酒造の経営でした!
あの、イタリアン【もきち】も同系だそうです。びっくり。経営努力にヽ(^。^)ノ
そういえば、お店のマークは杉玉(酒林)・・・

帰りには、もちろん、寒川神社へ。

DSC_0896.jpg
後姿は友人三人。

お参りを済ませて、その裏にある【神嶽山神苑】へ。
神社も含めて、厳かな中に、豊かな風景は、法人の運営力を見せています。
お抹茶と和菓子の一服を済ませて・・またおしゃべり。(^_-)-☆

DSC_0900.jpg

時を忘れて、あっという間に4時。急ぎ帰宅しました。

梅雨の晴れ間の、それはそれは緑の美しい一日。
友人たちの優しい気持ちに触れて、腰痛も忘れた楽しい一日でした。





「人生は一度きり・・・」に感謝を。




昨夜は久しぶりに夜のお楽しみへ。。
お写真の名人、Aさんのご紹介で夜の藤沢のミュージック・スナックへ。
【ヴィーナス】で、上田順子さんのシャンソン・ライブでした。

スマホで撮影。上田淳子さん。
DSC_0878.jpg

エネルギッシュに次々と歌い上げてくださるシャンソンの名曲を愉しみました。
どうしても、堀陽子先生を、重ねながら・・・藤沢という場所がそうさせたのかも?

Aさんが長い間応援する上田さんはこちらでは有名なシャンソン歌手です。
引っ張りだこのステージやライブ活動はもちろん、ボランテイアにも熱心で
老人会や病院で、定期的に演奏活動をしています。
頭が下がります。
「歌を聴いてほっこりする皆さんの笑顔が好き」と。
そして
「人生はいちどきり。好きな事をいっぱいしましょうよ」とも。

ライブ終了後は歌いたい放題というか・・・カラオケも混じります。
私も、ワインの力を借りて・・・好きなこと・・・・唄ってみました。

Aさんが本格的カメラで・・・白黒写真みたいですが・・紺色のブラウスです。
IMG_9321_20180606113454b00.jpg

ピアニストは大島春夫さん。
初めてのお手合わせでしたが優しいお人柄そのままの伴奏で、
ぴったり、音が気にならずに、自然に歌えました。

とにもかくにも
友人達の励ましや時期を得たご紹介を得て
歌の場が広がっていきます。
心から感謝しています。

そう、一度きりの人生、しかも、終盤に来てきている。
立っていられる間は歌い続けようかしらと思った次第。





上が上なら・・・下は言うまでもなく

  

麻生大臣の財務省文書管理不始末への処分発表のむなしさ。
「どうしてこうしたのか理由が判れば助かる」
首相の言葉への甚大なる忖度以外のなにものでもないでしょうに。
呆れますね。
笑っちゃう。

「私は、違反タックルを命じてはいません。
サッカーでの、気合入れの言葉、潰せ、叩けにすぎない。」
20歳の青年をイジメ倒した監督にそっくりです。

共通する責任転嫁のありさまは、愚かしくて無責任で、リーダー失格!


隣家のガレージ入り口。白百合がたわわに咲いていました。
DSC_0876.jpg
この潔さ!


セクハラもパワハラも開き直る。
「ご期待に沿うよう仕事を一生懸命にやって責任を全うしたい」とか、
「責任は、組織を改善して、今後の立て直しを図ることにある」なんて、
そんな責任の取り方、今まで聞いたことが無い。
責任を取るなら辞めるしかないというのが常識!。
新しい組織や改善策は新しい人がやる仕事。

上から下まで、総理大臣から教育者に至るまで
一言で言えば【厚顔無恥】
この風潮、なんだか日本全土を覆っていませんか?

不思議に想うのは
そんな夫達や父親達に対して、奥さんや子供たちは何も言わないのかってこと。
我が家なんぞ、肥っていることさえ「みっともない」と、叱られるっていうのに・・・。


それにしても麻生大臣は老眼鏡をかけるべき。
深い縦皺のしかめっ面が余計に印象悪い。
服装も様相もいよいよギャングめいてきているというのに・・・。










ペチュニア・・・・




早朝7時の我が家のペチュニアさん。
ムラサキ色と絞りを混植したけど・・なぜか原種に近いムラサキが後退気味。
やってみないと判らないのが自然界。たとえ、小さな植木鉢の中とはいえ・・。

我が家の東側の丘から、キラリと登ってくる朝陽が大好きです。
庭に射すころにはすでに青空高く、中天にあり、燦燦と降り注ぎます。

DSC_0871.jpg


一か月前のFBより頂いた記事。
川柳、作るのは苦手ですが、読むのは楽しい。

30729509_2065930680317022_1638813048508501283_n.jpg

性格も趣味も違い、価値観も・・・ストレスにならない程度に・・・違うのに、
お見合いで混植されて、枯れることも無く、50有余年。
これからも、ウン十年?
ちいさな勢力争いはあるかもしれないけど、賢く上手に棲み分けて、

【四番】を極意としましょうか・・。(^_-)-☆













六月です!

   

六月一日、朝、7時、町内の花巡り。

大好きな美女柳。青い空、白い塀、朝日を受けた花影。
DSC_0867.jpg

蕚紫陽花・・・二種類

DSC_0869.jpg

DSC_0868.jpg


自転車に乗った近所の少年に出会いました。
爽やかなハンサム・ボーイ。
赤ちゃんだったのに・・もう、高校生?
「行ってらっしゃい!」
「は~い、行ってきま~す!」

今日も良い日になりそうネ。