FC2ブログ

草笛日記 どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

本屋さんへ…【復活の日】




不思議なんだけど、白内障の手術をして以来、本を読まない。
コロナ禍の騒ぎで、気持ちが落ち着かない?
自粛自粛の期間も・・・ぼ~っとしていたみたい。
眼の白内障手術と重なって、脱臼肩の痛みもあって、
日常生活を送るだけで緊張続きだったからね。

今朝、BS、NHK、アナザーストーリーで小松左京氏を扱っていた。
彼の作品は科学的専門性が、かなり高いということ。
アメリカの文献まで調べたうえでの作品だということ。
少年の日に、戦災に遭って、悲惨な厳しい情景を眼にしていたとのこと。

勿論【日本沈没】は発売後、すぐに、読んでいる。
大ベストセラーでしたものね。

その後、阪神淡路、東日本、広島、熊本と、水害に襲われるたびに、
この本を思い出して、「日本沈没になる」と、口にしていた・・・

そして、いよいよ、フィクションであったはずの新型コロナウイルスの登場。
春からの長くて怖いコロナ禍の中で、
人類そのものが滅びるのでは?という恐怖を想わないではいられなかった日々。。

すでに、小松左京氏は、1965年の著作【復活の日】で、
ウイルス兵器について書いていたというじゃないですか!。
彼の作品なら読みたい…慌てて、鎌倉駅前の【島森書店】まで出発。
「雨降るぞ!」って旦那の声を後ろに・・・

IMG_20200910_154316_2020091108264718c.jpg


まだ読み始めたところ。
眼鏡なしで文庫本が読めるなんて、
思いもしなかったからおどろいたのなんの。


最近、立っていると、腰がすぐ痛くなって座りたくなる。
隣にできた瀟洒な店に入ってコーヒーを頂く。
【MUJI】・・・・あの【無印良品】が経営しているんだって・・・

IMG_20200910_155533_20200911082649d3f.jpg
上の階はホテル【メトロポリタン】。二年前まで、ここは鎌倉警察署。

無印良品が並んだ隣に喫茶室。広くて気分の良い店内。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST2 (07F)

こういったスタイルを好みそうな上品な若い二人連れが多い。
私みたいな一人で寛ぐ主婦らしき姿もちらほら、さすがに婆は珍しいかな?
何だってかんだって、自動・・機械に弱いから店員さんを煩わせてお支払い。
なんて不便極まりないことでしょう!Suicaでお支払い!

店を出て右手を振り返れば段葛。
IMG_20200910_155857.jpg

さっきの雨で散り敷くさくら紅葉。その上を快活に歩く付属小の子供達。


駅前でバスを降りる頃、驟雨に襲われたけど、すぐ晴れて・・
涼しくなった風の中、4500歩のお買い物散歩。

想うに、視力回復の確認をするのが怖くて、読書を避けていたかも?。
後悔するのは嫌だから・・・先延ばしにしていたのかも。

なんだって高を括るくせに気弱なんだから・・。





スポンサーサイト



教育論について

   

この年齢になると、いろいろなものが見えてくる。

今日は、教育について・・・

教育ママともてはやされたのか、揶揄されたのか・・・その時代のママ
でした。

思うように育たない‥・学力、成績・・・長男を前に情けないと嘆きつつ
出会った友人、機会、に恵まれ、先祖や親の積善効果あってか・・・
歳を経る度に、むすこは良い方向へと成長して・・・結果は、願った大学へ、そして職場へと。
難しいであろう人的環境や、組織の要求を、上手くすり抜ける精神力も有りそう。
ついでに、周りから愛される資質も・・・
もちろん、医者や教授、学者、世に言うエリートでは無いが、
親から見れば、丸の内で働く望外の姿。

私自身、45年間、公文式教室を営みながら
様々な教育機関…幼児教育、塾、学校・・・の情報を見聞きして、
それらの基に教育されてきた子供達が、大人になった現在の姿を観れば、
これこそが真実だとおもえる本にであえました。

2018-9784838730131-1-2.jpg

子供自身の力・・・先祖から受け継いだDNA
暖かく見守る環境・・・家庭と学校
出会える人々に恵まれる運・・・友人、指導者

そう思うからこそ、
神社仏閣、教会、モスクとあらゆる祈りの機会を大切にしてきた。
だって、あとは、祈念するしかないでしょ。

親の教育次第だなんて・・思い上がりも甚だしい。
教育次第だとしたら、こんなに簡単なことはない
そうはいかないから、人生は不思議で面白い。


昨日、駅のエレベーターのなか、愛らしい男児を見れば、手を振り
清げなママさんには、「賢そうな良いぼうやね」と微笑みかける。
親子の姿を観れば、エールを送り、幸多かれと祈りたくなるこの頃・・・



絵本

  




仕事のお仲間に、絵本を愛して、毎日、ブログやFBで、
紹介してくださる方がいます。
そして、エンデイングは、【絵本力に感謝】。

K教育団体は、子供たちへの読書教育に力を入れているのですが、
この方の粘り強い活動にはいつも頭が下がります。

影響を受けた私の、お薦めはこの本!
DSC_1607.jpg

先日NHKで取り上げられていたの見て、昨日買ってきました。

そう、子供の頃、毎日毎日、嫌なことばかりでした!
そして、今でもよ!
「転んじゃえばいいのに!」って、言いたい日が有ります!
恨みがましくなるのです。

でもね、この本を見て、みんな同じ、私だけじゃないんだと、
嫌な、みじめな気持ちを促す人や事象の後ろに張り付いて、
喜んでいる天邪鬼さんに負けないようにしましょう!。

そして、誰かさんが、気づいて,何にも知らなくても、
「あら、元気?」って言って下されば・・・オーライ!

私、やっているみたい。
元気なく下を向いたり、いろいろ振り回して、プンプンしながら下校する少年少女たちに
「お帰りなさい!早いね」って声を必ずかけます。
迷惑そう?
いえいえ、彼女彼らは、かならず、頷いたり、ハイって答えたり。

すれ違うジジババさんに、「お暑いですね。」って。
忙しそうなママさんに、「お疲れ様、頑張ってね」って。

そんなことで、彼女彼らの哀しみが薄くなったら良いなあ・・・。

大好きな絵本、【大家さんと僕】を出したカラテカの矢部太郎くん、
吉本騒動とは無関係に、元気になってほしいですね。





 

【しろばんば】を読む

  

「読みたい本が無いなあ~」なんて不遜な思いでこの半年。
先日、Fbで、お若い・・といっても60代?の投稿に【しろばんば】への称賛を拝見。

井上靖の自伝的名作、高校生時代によんだはず。
生意気盛りの感想は・・・井上靖って複雑な育ちなんだ・・・・ということ。
自分の成育歴に重なる部分もあって、
子供を巡る周りの大人たちの行為や言葉、想いなどなどに、共感も覚えたはず。

世間は十連休中にて、さすがに、出かける場所も用事もなく、
ショッピングのついでに、【しろばんば】を購入。
三日かかって読破。結構厚い本なのよ。

DSC_1382 (003)

内容は・・・
私と一世代?二世代?の差があるから世相も風景もかなり古い。
それでも,人情に変わりはなく
複雑な家族関係のなかで、大人たちの思惑や錯綜する想い、
自分への愛情の推量、などなど、今の時代に変わらぬ心情心理。
6歳から・・・思春期までの、知らん顔しながら、見つめ、覚えていたことの数々のみ。
しかも、主人公を巡る人々の死が、老いも若きも血縁の有無もなく流れていること。

読んでよかったです。
なぜか、楽しかったです。
なるほどFb仲間が賞賛するはずです。



理由は?
貧しく苦労の多い山村に在って、
そこに暮らす子供たちの無邪気さ、大人たちの慮り、主人公への愛情、
そして、鎌倉に近い、慣れ親しんだ伊豆、天城峠周辺の風景、
どれもこれも、なぜか私には懐かしいから。
持論、「子供って賢くて観察力あって、油断できない」を証明してくれたから。

何より、全編に流れている、登場人物への、作者の共感と温かいまなざしが
高潔で上品であることに感動したから。

私.・・・、生母を3歳で亡くし、祖父祖母、伯父伯母に預けられ
6歳にして得た継母を巡る様々な大人の関係?思惑?心情?に触れ
生母の熱い哀しみや、継母の苦悩さえも、
じっと見つめ、しかも知らん顔して、稚気、幼気を演じて居た・・・、
なかなかにして、生意気な、気の利いた、娘だったこと、
良かったのか?悪かったのか?

文才が有ったら、小説に書けたのにね。(^_-)-☆「





 








老人の品格って・・・

 

久しぶり、一日中を読書して過ごすなんて。
このところ、視力の衰えのゆえか、
精神的な劣化によるのか、根性無しになったのか、
遠ざかっていた読書。

今朝、ふっと思い立って、一日中、この本と付き合う。
ニ三か月前、本屋に入った折に購入して、積んであった本。
著者 内館牧子さんは、
相撲審議委員会の元メンバーとしてのみ知ってはいたが、
題名に惹かれて、ほんの気紛れもあって、手にした本。
表紙のイラストは、まさしく近年の元気なジジババの姿。
これってさあ・・たぶん・・・と皮肉れた興味も。

DSC_1176.jpg

面白かった~!

評論とか随筆とか、老後の生き方への説教とかではない。
筋立てに、ドンデンが有ったりして、愉快痛快、これぞ小説!
78才の婆の、親として、妻として、どうあるべきか・・
老後の在り方についての痛烈な作者の持論が満載。
あれれ、私自身の持論とも重なっている!
全ページ、まさしく、「そう、そう」、という感じ。

偽装を続ければ、それが真実の姿に成る!。
人は観た眼が7割!
外観を装えば、意欲が増す!

避けられない老化や衰退にまかせず、
【痛いなあ】と言われる、無理な若作りをするのではなく、
かといって、なすがままの、怠惰なナチュラル・・でも無く、
いつも、緊張して、気配りして、品格ある老人に。

少しでも、綺麗なお婆さん、素敵なお爺さんが増えたら良いなあ。
そうじゃないと、街中が茶色や灰色になって・・・、
日本の活気が失せる。