草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。
Posted by 草笛   2 comments   0 trackback

江ノ電に乗って・・・

   

鎌倉駅から江ノ電で藤沢へ。
11日の教養講座の後、ふっと思いついて、乗った藤沢までの江ノ電。
夏の観光客が多いとはいえ、ウイークデイの真昼間、丁度の混み具合。
藤沢までの35分、所在ないので、周囲の皆さんを観察。

最近の若い人は、服装にお金をかけないそうだ。
GパンとTシャツは・・・スタイルに自信の有る人たち。
概ね、中年女性はパンツとチュニック、それも地味色。
若い女性は流行りの幼稚なデザイン。
ロングスカートにヒラヒラした袖のブラウスといった組み合わせが多い。
それでも、鼻筋の通った眼の大きい女性が多く、それなりに可愛い。
お化粧が上手なのか・・・日本人の顔が向上したのかな。
それと、帽子を上手に被ることを覚えた様子。良く似合っているから。

途中、七里ガ浜から鎌倉高校前辺りにさしかかると、窓に広がる134号線越しの海。

DSC_0950.jpg

期末テストの最中なのか、乗り込んできた10人前後の男子高校生たち。
なんとまあ!そろって、それぞれが、
ハンサムで背が高くて爽やか・・
ヘアの手入れもよく、流行りのスタイルに刈り上げ、ニキビ面など一人も居ない。
婆だって、正直言って、見ているだけで、ウキウキする。
綺麗なことは良いことだ!ってね。

鎌倉高校生のほうが、湘南高校生より素敵に見えるのは。
強制的勉強が、時たま背丈の成長を妨げる一例かもしれない?。
ただし、、湘南高校生は、総じて、すでに大人びた貌や雰囲気を持っている。
さすがに、早熟!・・・と、これまた、独断と偏見にてご容赦を、

さて、20年前ごろには、
この江ノ電の廃線が取り沙汰され、近くの住民が維持を願って署名活動をしたとか。
今や、そんな話が信じられないほどの人気を得ている江ノ電・・・終着駅は藤沢駅。

猛暑をくぐり、デパ地下へ行っただけの小さな旅。

駅前の小田急デパートも、衰微の果て、テナント収容の雑居ビルになるとか。
そのために、二階以上は、改装中にて閉鎖状態。
一世を風靡した消費の殿堂、デパート産業の衰退。
消費者の動向は、デパートをとうり越してしまったとか。
観光客相手に変わるというけど…成功するかな?

世の栄枯盛衰を想いつつ、、
若人のはつらつとした姿と、台風の影響下、珍しく白波が立つ海をみて・・・
ちょっと一人きりで遊んだ午後。
独りもまた、幸福の形よね。














スポンサーサイト
Posted by 草笛   2 comments   0 trackback

デザイン・・・その2 【ピクトグラム】っていうらしい。



昨日アップした件について・・・
ピクトグラム
っていうんですって

ピクトグラムあるいはピクトグラフとは、一般に「絵文字」「絵単語」などと呼ばれ、
何らかの情報や注意を示すために表示される視覚記号の一つである。
地と図に明度差のある2色を用いて、
表したい概念を単純な図として表現する技法が用いられる。Wikipedia


他にもたくさんありますよね。
オリンピックの会場表示などにも早速用いられています。
デザインそのものの使用料は無料らしい?
ビニールに印刷され、シール状になって販売されていました。

並べてみます。なんだか楽しい。


これこれ、京急バスにあるのは。
それぞれが可愛いでしょ。
あれ?妊婦さんとママさんの足の置き方が・・揃っちゃっている。
違うなあ。京急さんのほうが、微妙に違っていてステキだと思うけど・・。

yjimage4AK39QXR.jpg


ホテルやレストランにあるのかな?

20170218133642.png


駅やデパートでいつもお世話になっています。(^_-)-☆

pict1.jpg


普段、あまりにもなじんでしまい、気にも留めませんでした。
様々な工夫が在って、一目瞭然を図り、二色で、万国共通のフォルム。

いろいろな知恵があるのですね。
みなさんご存じだったのでしょうが、今、改めて眺めつつ感心している婆です。








Posted by 草笛   2 comments   0 trackback

デザイン・・・

    


オリンピックのシンボルマークでの騒動。
盗用というジャッジを受けて・・・今の和風で幾何学的なデザインに決定。
好きか嫌いかと言えば好きだけど、インパクトが薄いようにも思える。

商業デザインというジャンルに入るのだろうか・・・
街のそこここに見かけるマークの類。

例えば、非常口やシルバー席の表示などなど。
あのデザイン、何気なく見ているけど、、凄いとおもいませんか?

DSC_0893.jpg


先日、大船までの所在なさに、あらためてしみじみと眺めたのがシルバー席表示マーク。
シルバー席利用の方々の身体的特徴を筋肉まで想像できるほどの描写!
見れば見るほど、笑っちゃうほどのデザイン化!

ちょっと威張ったお爺さん、若々しい妊婦、幼児を膝に乗せた優しいママ、
足を痛めて辛そうな青年。。。。もう、顔まで想像しちゃう・・(^_-)-☆

足の太さと、そろえ方、頭の大きさ、御尻のあたりの膨らみ、もちろん手の表情、
杖の太さ、ベビーベルトのたわみ、青年の包帯、松葉づえ・・・などなど
愉快で優しいデザインに、しみじみ、作者の愛情まで感じ取った次第。
バランスよく、美くしく、コンパクト。よって、一目瞭然!。

絵を描ける方って、いとも簡単に、デッサン出来るんですよね。
「やっぱり、DNAだわ~っ」て思うんです。
犬一匹描くんだって、私が描けば、人間みたいな顔になるのよね。( 一一)!。

こういうデザイナーこそ、作者名を明らかにして表彰したいなあ。
「お世話になります。」って。



Posted by 草笛   4 comments   0 trackback

風薫る・・・

   

「薫風や恨みなき身の夏ごろも」・・・蕪村


我が家から西に上ると笛田運動公園。
逆に言えば、我が家は公園の東側に広がる住宅地。
サッカー場も野球場もテニス場もあって・・・
取り囲むのは濃い緑。桜も点在し、四季折々に、なかなか美しい。
玄関からここまで、ゆっくり歩いて10分ぐらいかな?
でも上り坂の勾配はかなりきつい。

野球場のスコアー・ボードの後ろから撮る。
DSC_0819.jpg

見渡せば東に県道を挟んで常盤山
DSC_0816.jpg

西に、西鎌倉から藤沢方面・・・
北には大船方面、観音様まで、はっきり見える。

丘陵の一角だから、南へ進めば、鎌倉山とつながっている。
DSC_0817.jpg
前を行くのは夫さん。

実は、あるお家の敷地一杯に広がるシャガーを観ようと思い立ってのお散歩。
アップダウンを克服しつつ鎌倉山のお屋敷まで行ったのだけど
すでに花の季節は終わっていました。残り花が点々と残るのみ。

DSC_0818.jpg


遅れ咲くシャガの青さよ木下闇
咲き染むる紫陽花の陰り道の端


子供たちが小さかったころ、
犬を飼っていたころ、
毎日のように歩いた公園。
久しぶりに、急なアップダウン在っての6000歩余り!


今日になってもまだ足が少々痛いけど・・・
一週間に一度、此処を歩いたら、わざわざジムにお金払って行くことも無いかな?






Posted by 草笛   0 comments   0 trackback

段葛の桜



四月一日は母の誕生日。そして、エイプリルフール。
四月上旬に生まれた母は、敢えて、四月一日出生として。。
要するに早生まれと称して、一年早く女学校を卒業したそうな。
若いうちに結婚をさせようと言う、当時の知恵?。

母に桜の小枝を求めて、花屋へと行こうと思い立ち、
まずは、「行って来るね」お仏壇に手を合わせて、鎌倉駅前へ・・・
丁度、夫は東海大学病院へ胃カメラ検査で半日留守のはず。
その間に段葛の花見へと10時に出発。

10時半頃の段葛。
DSC_0738_20180401102616b0c.jpg

大好きな由比ヶ浜教会の大島桜は白い。
DSC_0740.jpg

牡丹園入り口の池の端
DSC_0742.jpg

混みだした小町通りを避けて、線路を渡り、御成通りへ。
小さな家の入口。こういう桜が美しいと思う。
DSC_0744_20180401102621a8a.jpg
花見は朝に限りますが、朝陽が斜光のため、逆光になる・・
そのうえ、ピントが怪しくて、美しさが伝わらず残念です。まあ、雰囲気だけ。


母は、18年前四月十五日に逝きました。78歳でした。
梶原山の八重桜の並木を友人と一緒に楽しみ、
帰る途中、スーパーで仏壇の花を贖った後、階段で転倒・・・・
股関節骨折・・・次の日に手術予定という経過の中、
術前の早朝、ベッドの中で、静かに息を引き取っていました。
病院ももちろん、私たちも吃驚。
病院は責任を嫌って検体に出したので・・・解剖されたそうです。
死因は【老衰の上に、骨折のショック】でした。
「十分お身体を使い切っていらした。」と、医者は言います。

【願わくば、花の下にて我死なん、そも如月の望月の頃】西行法師
如月ですから時期はずれますが・・・・桜の季節。
おしゃれで、趣味の豊かな、賢い女性でした。
羨ましいような死に様です。

ちなみに母は、継母です。5歳から育ててもらいました。
生母は、ちょっと奔放な・・・その気質を抑え込んで養育した継母。
継母が居て、真面目な?私が居る、有難い恩を常に思います。

ちょっと、シニカルなところも継母ゆずり・・・・・(^_-)-☆