草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。
Posted by 草笛   0 comments   0 trackback

秋の気配?

  

昨日から四日間、みらいふる鎌倉主催の教養講座が続きます。
受付けにて、毎朝、きらら鎌倉ホールに出勤です。

隣は【おんめさま】とて有名な【大巧寺】さん。
春夏秋冬、お花を愉しませてくれます。。
しかも、裏道から通り抜ける人々も歓迎してくれます。。抜け道に。

「この暑さだからどうかな?」と半信半疑で帰りによってみました。
予想以上に花々が咲いていて・・・・疲れも吹き飛びました!

そこここに、イワフジです。
DSC_0953.jpg


ドロトラノオもたくさん。
DSC_0951.jpg


あ、もう桔梗が咲いてる!
DSC_0956.jpg


それなら・・・女郎花も!
DSC_0955.jpg


スマホで、歩きながらの撮影。立ち止まれば迷惑かと・・・。
姉さん被りで、長靴の婦人が、せっせとお手入れ中でした。
お顔を見れば、上品な美しい方。大黒さんかな?
そういえば、この方がお嫁にいらして?から、このお寺の庭は変身しました。
その前は、変哲の無い草の庭。庫裡を公文の教室にかしていらしたし・・・
今は、美しい花の庭へ・・・

特に嬉しいのは、どの花にも、どの樹にも、名札をつけていてくださること。
名前を得てこそ、草木は一層輝くようです。

振り返った白いお顔に、思わず、心を込めて
「いつも、楽しませてくださってありがとうございます」とお礼を言ってしまいました。

さて、また、今日も出勤です。(^_-)-☆





 



スポンサーサイト
Posted by 草笛   0 comments   0 trackback

先祖返り・・

   


この暑さのなか、怠け者が管理するなら、花鉢は・・ゼラニウムが一番。
この春、楽しませてくれた後、短めに剪定して・・・・返り花。
花房も小さく、色は・・あれ?朱赤一色!
白やピンクは全く姿を消したようです。鉢の中で淘汰された?

DSC_0945.jpg

でもまあ、これはこれで、見事です。

先祖返りっていうんでしょうね。
色々な種を交配して、大きな花房で、綺麗な色に育てて、店頭で、高価な値段で売る。
再現を期待しても、つまりは元の木阿弥。祖先に戻る。最も強いDNAに従って。。

昔、私らが子供の頃、道端に咲くゼラニウムは、みんな、こんな花だったものね。

成人するということは・・・親に似て来るという事なのかもしれない。
先祖返りするんですね、残念ながら・・・容姿も性格も生き方も・・・。
「あなたも、お母さんにそっくりになってきた!」って、よく言われます。
継母にきちんと躾けられたはずなのに。
元の木阿弥?

逆にいうなら、
ぼけ老人が、孫を息子と間違えるのも頷けますね。(#^.^#)


四月のゼラニウムの鉢です。
DSC_0027@@@_20180708182718350.jpg




Posted by 草笛   0 comments   0 trackback

凌霄花・・・妙本寺さんへ

    

7月2日、
午前中はお施餓鬼で、大船への途中にある山崎の谷戸の菩提寺へ。
お墓掃除中はもちろん、庫裡に入っても、何しろ暑い!
体調が悪いせいではなかろうか?

我慢できないほどの暑さで・・早々に帰宅。
午後からは、鎌倉駅前のきららホールへ珍しく夫に送ってもらう。。
友人が支援する上田淳子さん主宰のシャンソンの発表会へ。
ご一緒した、その友人ご夫妻に誘われて妙本寺さんへ。
「あなたが一番好きと言っていらしたから行きましょうよ」と暖かい言葉。

DSC_0938.jpg

森閑とした境内と、友人ご夫妻の優しさに体調の悪さも忘れて一時を過ごす。
暗い夏木立を抜けると山門へ。光に満ちた境内の奥に本堂。

DSC_0943.jpg




DSC_0937.jpg
上部は西日ゆえの逆光をうけて呆けていますが、こんもりと茂ったさまは圧巻です。

この辺りは、比企ヶ谷(谷戸)といい、比企一族の供養塔が境内に在ります。
北条氏の陰謀に全滅した比企一族が住まいしたのでしょう。
DSC_0942.jpg


はて、凌霄・・・のうぜん・・とは?
凌(りよう)は、はるかに凌ぐとか言いますよね。越えるというか・・?
霄(しょう)は、大空、天空をさすそうです。
確かに太い茎から蔓が伸びて、巻き付き、上に向かてどんどん伸びていきます、
この花の読み方ノウゼンは漢語らしいとまで解りかけました。



疲労気味を押して、夜のウオーキングも、仲間と歩きたくて・・・参加。
一日中、こんなに歩いたのに8000歩強にすぎない。
10000歩歩くって…大変なこと!。

今日3日は早朝からのサッカー中継で・・・・またまた体調が悪い。

心筋梗塞の前触れじゃあなかろうか?
いつ死んでも良いけど・・・・半身不随は嫌だなあ・・・・という朝でした。




 

Posted by 草笛   6 comments   0 trackback

紫陽花三昧・

   

鎌倉は、いよいよ観光客であふれています。
紫陽花の季節ですもの・・。

湘南地区は、温暖で豊富に水が在るせいか、樹木が良く育ちます。
藤沢は、造園業者や、植木屋さんが多いそうですよ。
わが町内にも・・・250弱の所帯数のうち、3軒も植木屋さんがいらっしゃいます。

湿気が多いから、紫陽花が良く育ち増え美しいのでしょうね。
町内を一巡りして、変わり種の紫陽花を見つけました。
大混雑の、明月院や長谷寺へ行かずとも済みそうです。
たぶん、美しい名前を持っているのでしょうが・・・私が勝手に付けました。

満天の星
DSC_0911.jpg


乙女の恥じらい
DSC_0913.jpg


パリ娘
DSC_0914.jpg

雪まろげ
DSC_0915.jpg

優劣付けがたい風情。
家々の庭先や、玄関わきや、塀沿いに咲いて、まるで紫陽花祭り!


以上、地震に見舞われる前に下書きしておりました。
今日の陽の光の強さで・・・紫陽花も枯れ花が目立つようになるかしら。

もうすぐ、夏ですね。



Posted by 草笛   2 comments   0 trackback

ペチュニア・・・・




早朝7時の我が家のペチュニアさん。
ムラサキ色と絞りを混植したけど・・なぜか原種に近いムラサキが後退気味。
やってみないと判らないのが自然界。たとえ、小さな植木鉢の中とはいえ・・。

我が家の東側の丘から、キラリと登ってくる朝陽が大好きです。
庭に射すころにはすでに青空高く、中天にあり、燦燦と降り注ぎます。

DSC_0871.jpg


一か月前のFBより頂いた記事。
川柳、作るのは苦手ですが、読むのは楽しい。

30729509_2065930680317022_1638813048508501283_n.jpg

性格も趣味も違い、価値観も・・・ストレスにならない程度に・・・違うのに、
お見合いで混植されて、枯れることも無く、50有余年。
これからも、ウン十年?
ちいさな勢力争いはあるかもしれないけど、賢く上手に棲み分けて、

【四番】を極意としましょうか・・。(^_-)-☆