草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。
Posted by 草笛   0 comments   0 trackback

女性講談師・・・




教養講座最終日は出席希望者が一番多かった講談。
女性講談師、一龍齋春水さんの講談【樋口一葉】
声優としてスタートして・・・・声の仕事の行きついた場所が講談だったとか。
現在65歳。昨日アップした、鎌倉高校出身のご縁で、お招きしたそうな。

講談師としては、まだ17年のキャリア。
公文の指導者なら、やっとか、まだまだか、
シャンソンの世界だとしても、まだまだ、セミプロレベル?

演じながら直ぐ上半身がモソモソ動く。
理由のある動きではなく・・・なんとなく動く?意味ない動き?としか見えない。
主語、登場人物名を言い間違える、言い直す・・・プロに在ってはならないミス!
発声が、声優っぽい。講談師のそれではない。甘い。上っ面っぽい。

厳しいかもしれないけど出演料5万円に値するだろうか?

pdf_1_1507100044-thumb-540x720-3468.png
名城大学のチラシ。経歴などよく書かれているので借用。

鎌倉のジジババは優しいから、彼女の落とし噺に笑ってつきあうけど、
漫談めいた入り口は不要。
いよいよ演題に入っても、樋口一葉と半井桃水との恋愛沙汰?
話そのものが面白くない。、
しかも、語り口が上手くもない。

途中の老人用五分間のトイレタイムに席を立った。

女性○○で、取り立てられることに慣れてはいけない。
男子に伍した実力を持たないと・・・だから女性は云々に繋がる。
ぜひとも奮起して、一層芸を磨かれんことを祈りたい。

ああ、やっと夏の【みらいふる鎌倉】のイベント終了!




スポンサーサイト
Posted by 草笛   2 comments   0 trackback

ナントカの考え休むに似たり?



仕事をしていた頃、指導法に悩んで工夫を思いつき  
創始者に「こんなん、どうでしょう?」って伺うと
「ナントカの考え休むに似たり・・でしてなア・・」とお答えになりました。
深く赤面しました。
創始者のお考えに沿って、スキルを磨くことしか無いのだと・・。
そうなんです、私の考えナンテ取るに足らないのです。

以後、仕事も私生活も、成功者の真似をすることにしました。
それは有名人でなくても、近くの、思慮深い方や信頼する方の真似です。

その一つは、誰にも彼にも、何事にも、感謝すること。

まずは、サッカーのベルギー戦、残念でしたが・・・・
ジャパン侍と監督さん、楽しませていただきました。
ありがとうね。

フェイスブックで暑いと愚痴れば、さっそく、若い方から激励コメントを頂く。
体調悪いとブログに弱音を吐けば、直ちにお電話を下さる。
感謝感謝です。

近所の銘菓、【クルミっ子】を買い出しに行って、お店の方に優しくされれば
もう一つ買う気分にもなりました。
おかげで、遠方の友人にちいさな暑中見舞いを送れます。
ありがとう!

宅急便センターのお姉さんは、荷物を小さくして梱包しなおしてくれます。
「幾分お安くなりますから」って。ありがとう!

皆さんの優しさがことのほか嬉しい日です。
せめて、今日一日は
口の悪いイジワル婆にはならずに済みます。

二つ目は・・・「緊急時、遭難時のために、
いつも飴かチョコレートを持つこと」

友人のご主人のお言葉です。

雨風が強ければ、交通がストップするやもしれません。
人身事故も多い東海道線です。
お茶は大概持ちますが甘味も必要ですよね。

クルミっ子はとても小さい菓子ですが、濃厚で美味しい。
きっと滋養が高く、緊急時の体と心に良いでしょうと思い立って
県道を挟んで、住宅地の反対側にある工場へ朝早く買いに出かけました。

DSC_0946_2018070411203677c.jpg

今日は端切れ、というか半端物(ビニール袋内)がたくさんありました。これで1000円。
夏休みに来る孫たちには良いおやつです。
隣の小さな包みが700円。
近所の婆たちは、この半端物を求めて朝早く並びます。
今朝はラッキーだったわけです。
お店の予定など考えるまでもない半端者にも、幸運は訪れるようです。

というわけで
三つめは、無能なれば、流れに乗って動くこと。

我が感性を信じるしかないのです。
およそ、子供の頃から思慮深さや、計画性とは正反対の気質、
脳みそを通さずに、瞬時に、口も手も足も動き出す常日頃。
熟考した挙句、ろくなことにならないこと、たくさん経験しました。

そういうわけで、よくもまあ、これまで無事に生きてきたと思うのですが
これもまた、周囲の方々の御蔭なのでしょうね。

感謝あるのみです。








 

Posted by 草笛   2 comments   0 trackback

みらいふる鎌倉・・・9時から6時まで。



どんどん深みに・・・。

「〇〇になってください」と言われれば、「ハイ」と答える。
ウダウダとサンザン断っておきながら、結局は引き受ける・・・は嫌い。
相手にも、周囲にも迷惑なこと。
だから、なんとかその仕事を出来るとおもえば、「はい」と引き受ける。


アガパンサス・・・八分咲き・・・西側の塀沿いに。
DSC_0901_201806140655534f4.jpg

みらいふる鎌倉・・老人クラブ鎌倉連合会・・では教養部に属していたが
総務部へ入るよう頼まれれば、残念だけど移るしかない。
事情は、総務部だった方がF地区の地区長になったので穴埋め。

さあ、大変。
役員でもないのに、午前の役員会から出席せよとの命。
決定権も発言権も無いママ、同席して、役員会の状況を把握せよと?

「半分 青い」状態の聴力を補うに、発言者の表情と口元と資料を凝視して2時間!
私くらい熱心に耳を傾けていた方は他に居なかったかもね。( ̄∇ ̄;)ハハハ


腰が痛いので・・・耳が遠いので・・夫が居るので・・・
断る理由は口まで出かかったが、潔さを旨とするなら引き受けなくてはね。


午後からは定例会。各地区クラブ長が集まっての会。
前地区長さんは、女性、Tさん。今年度から【みらいふる鎌倉】の副会長。
駅前のルノアールで最後の仕上げ。帰宅は6時前。


痛い腰も、【半分 グレー】の頭もフル回転させたという1日。
会場設定も、その机や椅子を元に戻すのも、お弁当配りも、
総務部のお仕事なんですから。要するに雑用係?

高齢者集団の中、70代が働かなくちゃ始まらないのですよ!






Posted by 草笛   2 comments   0 trackback

落語会・・・珀桜寄席



お仕事のお話


第二火曜日は敬老会の定例会。
第五回目の落語会です。
町内の方にも声掛けして・・・50人弱のお客様。盛会です。
DSC_0826.jpg

「この町内の方の反応が素晴らしい。」との出演者のお二人。
豊田家金平さんと、つばめ屋小次郎さん。
大船の町のアマチュアの方ですが年々お上手に。
ご参加の皆さんは大笑いやらくすくす笑いやら!
笑いはキラー細胞を活性化させるとか。

メンバーの御一人がお花屋さんで、たくさんの花で会場を飾って下さる。
その中の一つ,新種の紫陽花のブルーが目に染みて、
終演後、我が家ように購入、寄せ植えの中に植え込みました。
DSC_0828.jpg


昨日、届いたのは、小田原の元仕事仲間からの夏ミカン。
例年、この時期、忘れずに頂く素敵な産地直送。甘くて新鮮で綺麗です。
DSC_0829.jpg

今朝は朝からママレード造り。三個でこの量。
ミカンは友人におすそ分けしたり食べたりで・・・半分に。
DSC_0830.jpg

母の日のプレゼントも、いくつか届きます。
元アシスタントさんからも在り、恐縮ですが、
最近は母親全ての日だそうですね。

宅配便の値上げのせいか、この頃、【ゆうパック】がふえてます。
でも・・・笑顔が少ないような気がする郵便局の配達さん。





Posted by 草笛   0 comments   0 trackback

頑張りました!!

  

今日の話題、ジャンルは【仕事】です。
公文の指導者を辞めて、無職になって、老人会会長になって、
そうだ、老人会関係は【お仕事】にしようときめたわけ。

昨日25日は鎌倉市老人クラブ連合会総会。
正確には【みらいふる鎌倉総会】
鎌倉駅前の【きらら鎌倉】
00000000000000203895_0000007412_6_20180427081252edf.jpg


議長を務めました。
【きらら鎌倉】のステージ中央の議長席!
yjimage_20180427080639551.jpg
建物入り口と会場。当日の写真ではありません。
写真はホームページから頂きました。

ステージ上は80歳前後の方たちばかりだから
発声も活舌も姿も・・・・なんとなく煤ける。
せめて、私はと、声大きくはっきりと議事進行に相勤めました。

会場からは質問もいくつか出て、
対応は役員お任せのはずが、そうもいかず、議事がストップする。
議長として、細かい資料から目を離さず、応答に耳を澄ませていたからこそ、
とっさに、独断で、仕切ったりして・・・出すぎたかな?反省。

それでも、割合、スムーズに進行しました。
思いのほか時間がかかり、30分遅れて終了。
(議長のせいではないよ~)

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ・・
終わったことは、済んだこと。

ひゃー疲れました。
注視の中、二時間の緊張と集中力維持。
思っていたより、きついお仕事でしたよ。

もう、年齢かな~~(^_-)-☆

久しぶりのお仕事にそれなりの達成感を覚えながらも、
お茶もせず、仲間と話もせず、独りで飛んで帰りました。

昔々、武道館で、
創始者、公文会長追悼式の弔辞を読んだ日と同じ。
あの日も、誰の感想も聞かず・・・一目散で鎌倉駅まで戻って、
銀座アスター鎌倉店で、一人、ビールと何かを食べたっけ・・。

あの頃は、何か食べる余裕があったんだ・・・。