草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。
Posted by 草笛   0 comments   0 trackback

名刺を。。




ウイルスバスターの期限が切れる・・と、うるさく画面に出るので
ウイルスを何より怖れる私は、さっそく、パソコンの師、ミカンさん宅へ。
新しくして頂けて、もうこれで一安心!
「死ぬまで大丈夫?」なんて私の悪い冗談。


前々から名刺が欲しかったので、教えていただきました。
今までも若い友人が作ってくれたり、老人会から支給されたり。
無くなりましたので・・・作りたいのです。
なぜかと言うと、メールのアドレスを良く教えられないのです。
なかなかうまくいかないから・・お互いに高齢なので・・・書くに限る。
でも、書き写すのが結構面倒。というわけです。

かわいいイラスト見つけました。
俄然,、作成意欲が高まります。

のん太そっくりでしょ。
neko.jpg


名刺用の印刷紙もどんどん進化するみたいですよ。。。
DSC_0862.jpg
わざとピン呆けに?(#^.^#)。名刺は素敵に出来上がりました。

あれ?名刺に動物の写真って、失礼だったかしら?
すみません、高齢故にご容赦くださいって言い訳けしながらお渡ししましょう。
だってね、
65歳以上だと、猫をもらうにも、後継者の有無を問われますから、
一人前に扱ってくれないんですよ・・・
横で娘が「私が」と言っても、不安なのか、譲ってくれません。(-_-メ)

ペットの最後まで見守りましょう。。慎重なことこそ、大切なんですよね。








スポンサーサイト
Posted by 草笛   4 comments   0 trackback

センセイと呼ばれなくなったら・・



公文式教室の主宰をリタイアーして、丸二年。
1975年の5月に開設、2016年5月閉鎖。
40余年にわたる指導者暮らしより、よっぽど長く思えるこの二年間。
気遣いと自己抑制の日々。


地域への御恩返しと思って、

閉鎖直後に、求められるまま、敬老会会長をさせていただいている。

実情は、前任の紳士が急病で・・・わけのわからぬうちに推薦されて・・。
暇になっただろうからと?押し付けられたかも。?
メクラメッポウで、わけのわからぬうちに、何とかやってきた。
組織図も、町内役員の力のバランスも知らず・・・
目の前のメンバーの皆さんの喜んでいる顔や笑顔だけが頼り。
楽しいことのみ企画して、楽しんでいただいて、学んでいただいて・・二年間。

その間、
リタイアー直後、町内の方々から「センセイ」と呼ばれて面映ゆく、
「もう、センセイではないから・・」と言い続けて・・二年がたつわけ。
今や、お一人ぐらいかな、センセイという方は。
公文に関係ない若い方がお一人「先生」というのは、まあ、愛称のようなもの。

さて、そろそろ、御恩返しは終了とみてよいかな。
「センセイ」と呼ばれなくなったら、仕事で得た義理はもう無い。

喜寿になる来年からは
のびのび、我儘に、やりたいことだけやって過ごそう!

今朝、町内会からの支援金5万円を会計さんに届け、ついでに、町内一周。
門ごとに綺麗な花を咲かせて・・・皆さんの心がけが伺えて、楽しかった!

溢れるようなゼラニウム。ここまでの丹精、頭が下がります。
DSC_0850.jpg

珍しいブラシの木。温暖化が進んで、南国風の花が増えましたね。
DSC_0843_201805151232049f7.jpg

我が家が並んでいる区画の角のお宅。
塀の前が、ゴミの集積場と知った上でご購入した若いご家庭。
ゴミ籠の横に心尽くしの花鉢。我々も心してごみを置く。
DSC_0852_20180515124207b4a.jpg

いつも思うのは、
気持ちの良い、賢い方の集まる良い町に住んでいる!ってこと。


Posted by 草笛   2 comments   0 trackback

カミングアウト・・





ついに他所様にもバレてきました。
「失礼だけど、貴方、耳が。。。?」
そうなんです。良く聴こえない。
「え?」「え?」って、何度も訊くからバレちゃったらしい。

活舌がはっきりしない方や声に迫力の無い方の言葉はほとんど聴こえません。
内緒話は無理無理。大事な話も聞き漏らす。囁き声には上の空。

噂話も悪口もどうぞ、大声で言ってくださいね。(^_-)-☆

加齢によるものと高を括っておりましたが、ちょっと不便になりつつあります。
テレビの音を大きくしていて、夫さんに叱られだしました。
耳鼻科に行って訴えたら・・・様子見ということで、一年経過。
補聴器の購入も考えているけど役に立たないという人も多くてね。
まさか、脳内腫瘍?

落語会の日、皆さんの前で正直に告白して
「トンチンカンなお返事をしたらごめんなさい」
「失礼が有ったら、お許しください」と、お願いした次第。

今日は、シャンソンの歌仲間にカミングアウト。
「ピアノが聴こえなくなったら歌止めるね・・」と。

早朝、戻ってきた春の日差しの中、ゼラニウムの真っ盛り。
DSC_0831.jpg
冬を越すたびに、原種にもどっていくみたい・・・人間とおんなじ。


おおむね、男性の声は良く聞こえる。
女性でも低音で明快にしゃべる方の声は良く聞こえる。
言っちゃ悪いけど、
私の周辺は、相方も、仲間も、老化しているから、活舌悪く、声はボソボソ。
いよいよ意思疎通しがたいわけ。
かといって、発声の悪さを指摘出来ないでしょ?。

眼だって悪くなっているし・・・・あちこちガタついてる。
使って使って、そろそろお疲れでしょうよ。

観たくないものは観ないで良い。
聴きたくないものは聴かなくて良い。
神様のご配慮かもね。
『それで良いのだッ!』

それにしても、最近、どうも、
若者までが、活舌も発声も劣化していません?






Posted by 草笛   0 comments   0 trackback

子供の日

   


娘は1日に、恒例の夏服冬服の入れ替えに帰宅。
「お帰りなさい」と、いつも出迎えるがそれで良いものか?
段ボール箱いっぱいのクリーニングしたい洋服と一緒に
タクシーで乗りつける。

さすがに最近は「代金を置いてってよ」と言うことにした。
二万円以上かかるんだものね。

昨日、4日、夕刻、息子一家が来てくれた。
いつでも、まずは孫娘が「ばあば」と飛び込んでくる。
「花、綺麗だね」と、なかなかの気遣いも相変わらず。

DSC_0812.jpg

夕飯もおやつも、身体が大きい分、食べる食べる。気持ちよい。

DSC_0810.jpg

孫息子、相変わらずひょろりと今風の面立ち。
我が家系には有難いハンサムと思っていたが
いずれ、長ずれば我が家の貌になるだろう。( ^ω^)・・・
撮れ具合を確かめる孫娘の余裕は、今の女の子らしい。

それぞれ、大学受験に、就活にと、穏やかならぬ想いを秘めて居るのだろうに、
私たちの前では屈託なく、朗らかなので助かる。。





Posted by 草笛   2 comments   0 trackback

【浅野会】




高齢の、いえ、恒例の浅野会が先週末にありました。
腰越駅の近く、フレンチの【Suzu】です。

【浅野会】とは中学高校一貫校、浅野学園のママ友、
湘南に住む方たちだけで集まって居る会です。
すでに40年を経たのです。
国内、海外の転勤や仕事を抱えて、あるいは老親の介護、の諸事情の中
なんとか持続している会です。

参加者は11人、ついつい、しょっちゅうよく話す方と席を近くするのですが
今回は、意識的に、普段ご無沙汰している方の近くに座りました。
やはり、初めて知ることも多く
近年、ご主人を亡くした方との会話もあって有意義な時を持ちました。

「せっかく子供たちが同期なんだから、息子たちの近況を」という提案もあり
各自「我が子」「我が息子」の近況を報告。
丁度50歳を迎えた子供たちは、まさしく働き盛り、
大学教授にしても、会社員にしても、各自、要職に在って頼もしい。
「ノーベル賞候補?」もいらして、盛り上がりました。
父上の引退後、もちろん、社長さんになっている実業家も。
さすがに、芸能界にはご縁がなさそうです。残念。
もう、すでにお孫さんの活躍の話題もチラホラ。

息子娘の話は、今日まで、あえて避けてきました。
其処がこの会の美点でもありました。
でも・・・みんな元気で、それぞれの場所で活躍と知ればほっと安心したのも事実。

29404801_1414858615292774_1226850191_o.jpg

私ともう一人が一番若い。年齢的にはね。最長老が・・・84歳かな?
誰がそうなのか・・・解らないでしょ?
皆さん、若々しくて美しく、嬉しかったです。

ただ、これからは息子たちのリタイアーや、再就職、
老後を迎えての心配までしなくてはならなくなります。
もう、責任は無いのですが・・いつまでも親心です。