草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。
Posted by 草笛   4 comments   0 trackback

【潮風の中で】♪カンツオーネ   



【潮風の中で】を久しぶりに歌いたくてyoutubeをさがしたところ
プロ歌手のyoutubeが一つだけ。
あまり好きな歌い方ではないがご紹介します。
日本ではけっこう流行ったと思うけど・・・


堀陽子さんのご指導は、
「思い込みのある歌い方は避けて、Nさんらしく歌うように」とのことが常でした。

もう少しさらっとした歌い方のyoutubeを探していたら・・
あれれ・・?2013年の私の・・・??
そうでした、大阪から応援にきてくださったH先生が撮ってyoutubeに?
5年間気づかないで居て・・・(*_*;ビックリ!!

続けて、二曲目に歌った【希望】も。
vFHCFI5xwzDYgn6sG5_K3GQzRVRz5o2riGOGC3K1ksaP.jpg

いや~~恥ずかしい!

若かったな!
細かったな!
陽子先生のフランス土産を頭に載せている!

初めて、
我が恥ずかしい歌声と姿を今更ながら観るという羽目になりました。
実に私らしく、女学生みたいに歌っています・・・・(#^.^#)

全く進歩していない。




スポンサーサイト
Posted by 草笛   2 comments   0 trackback

「人生は一度きり・・・」に感謝を。




昨夜は久しぶりに夜のお楽しみへ。。
お写真の名人、Aさんのご紹介で夜の藤沢のミュージック・スナックへ。
【ヴィーナス】で、上田順子さんのシャンソン・ライブでした。

スマホで撮影。上田淳子さん。
DSC_0878.jpg

エネルギッシュに次々と歌い上げてくださるシャンソンの名曲を愉しみました。
どうしても、堀陽子先生を、重ねながら・・・藤沢という場所がそうさせたのかも?

Aさんが長い間応援する上田さんはこちらでは有名なシャンソン歌手です。
引っ張りだこのステージやライブ活動はもちろん、ボランテイアにも熱心で
老人会や病院で、定期的に演奏活動をしています。
頭が下がります。
「歌を聴いてほっこりする皆さんの笑顔が好き」と。
そして
「人生はいちどきり。好きな事をいっぱいしましょうよ」とも。

ライブ終了後は歌いたい放題というか・・・カラオケも混じります。
私も、ワインの力を借りて・・・好きなこと・・・・唄ってみました。

Aさんが本格的カメラで・・・白黒写真みたいですが・・紺色のブラウスです。
IMG_9321_20180606113454b00.jpg

ピアニストは大島春夫さん。
初めてのお手合わせでしたが優しいお人柄そのままの伴奏で、
ぴったり、音が気にならずに、自然に歌えました。

とにもかくにも
友人達の励ましや時期を得たご紹介を得て
歌の場が広がっていきます。
心から感謝しています。

そう、一度きりの人生、しかも、終盤に来てきている。
立っていられる間は歌い続けようかしらと思った次第。





Posted by 草笛   0 comments   0 trackback

【ダニー・ボーイ】♪



逗子市民会館の小さなホールでの歌会。   
安倍友子先生のピアノ伴奏で、好きな歌を二曲歌わせていただく。
小さなホールだが、ステージもあるし、音響も良い。

クラシック在り、日本歌謡、抒情歌、シャンソン、タンゴ、カンツオーネ。
老紳士の参加も多く、見学(お聴きになるだけ)の方も二十人ぐらい?。
見学なら、珈琲とお菓子付きで500円ですって。

プチ・ロンドの友人、Iさんが【ダニーボーイ】をお歌いになった。
出番を待つ席で、美しいソプラノを聴きながら、
ふと、先日、独りで会見を行った日大の宮川青年を想った。
キリリとした一重瞼の、立派な青年。。。。

想うのは、あの場所へ送りだしたご両親!
【ダニーボーイ】を聴きながら、宮川選手のお母さんの心中。
如何ばかりだったでしょうと心を馳せていました。。
強い子を持って・・・それゆえの心配も多かったはず。
その子が、マスコミの前で謝罪し告白する!
代わりたいけど代われない苦しみ。

お母さん、ご子息は立派でしたよ

可愛い、でも手のかかる男の子。
元気な少年期を経て、日々背が高くなる青年期、そして、大人になる。
その変わり目変わり目に味わう母親の不安と祈り。
ダニーボーイの世界

自分の歌の説明をすることは忘れ、
思わず、「女親の男児への想いは斯くの如し」と余計なMCを。( 一一)

比較的英語が聴きやすかったので・・選びました。


昔々、新大阪の公文研究会のホールで
新入社員を前に現場の指導者の想いを語ったことが在ります。
「会社や組織への忠誠心よりも、社会正義を優先してほしい」
なんとまあ、生意気を申し上げたことでしょう!。




Posted by 草笛   2 comments   0 trackback

ロマンチスト&センチメンタリスト

    


性懲りもなく予定している【二人のコンサート】。
いつ?のお尋ねがいくつかありましたので、お知らせします。
晩秋の11月17日、土曜日、新橋シャミオールで

二人?はい、いつもの方と二人です。今年で四回目です!
お相手K氏は公文研究会で専務をお勤めだった方。
私が指導者になった理由の大事なキーマンさん。
指導者募集説明会に伺った時、公文式の指導と理念を語ってくださいました。
「ああ、この方が経営者なら大丈夫」と信じたのです。
1975年、32歳のある朝、
「内職詐欺じゃないのか?」と疑う夫を説得して出席したのですから。


早朝・・・ご近所の花々
DSC_0856.jpg
梅花ウツギ・・・清楚で香しい。

開設後数年たって、お親しく話す機会を得て・・・
なんたること、私と同年齢!。しかも五月生れ!と判明。
当時、隆盛を誇る東芝電機の研究所を辞職して
伯父様・・・創始者公文公氏・・・の開発した公文教材に惹かれ、
この職に就かれたとか。以後関東圏で、公文は急展開していきました。

昔ながらのムラサキツユクサ・・・去年の花邨より大きくなってます。
DSC_0859.jpg

指導者や社員の皆様と数人で、時々、カラオケにも興じました。
お互い、歌う楽しみは、すでに、この時からという因縁です。(^_-)-☆
その後、シャンソンにお誘いし、現在に至りました。
堀先生のご主人とも、もちろん、私の夫さんとも親しくゴルフ仲間です。

足元に、白いカタバミ。初めて見ました。
DSC_0845.jpg


そういう訳で、長い人生、おかげさまでの
二人のコンサート。
正確に言うと、小母さんぽい彼と小父さんポイ私との友情コンビ。

ちなみに、彼は、良い意味のロマンチストです。
【心の瞳】、【人生の贈り物】【帰り来ぬ青春】等々、
人生を語り、幸福を語り、人としての理想の姿を語ります。
淡々と、説得するように、自然体で、聴く人の心に浸みわたります。
歌の合間のMCが絶品です。

私は・・・・たぶん、センチメンタリスト。
自分の生き方、考え方と正反対の感傷的な歌しか歌えません。
バラード風の愛の歌、恋の歌。
【愛を歌わないで】 【黄昏のビギン】【アモール・モナムール・マイラブ】など。
自身に欠落している部分に惹かれるのでしょう。
全部で10曲づつ歌います。
一部で連続5曲。腰が持たない・・・ドレスの中でヒールの靴を脱ぐ羽目に?

昨秋からのダイエットに成功したK氏は
昔以上に若々しく恰好良くなられてますよ。(^_-)-☆

我が意に反してどんどん肥っていく私。
(理由は・・それは当日のMCに残して置きましょう・・・)

新橋駅から歩いて五分のスタジオ、二時間未満ですが
過去三回、みなさん「楽しかった!」って言ってくださいます。
お客様同士、仲良しになって・・・「また、來ましょうね」ってご挨拶とか。

だから、きっと「お歌はともかく、楽しいよね」が、本音だと思います・・・(^_-)-☆




Posted by 草笛   0 comments   0 trackback

五月!【Amor-Mon amour-My love】♪  




五月の開放的な季節にふさわしいカンツオーネ
甘い甘い、恋の歌。

こう正面切って歌い上げるとは!
イタリア語、フランス語、英語で「私の恋人」
サンレモの準優勝曲ですが覚えやすい曲想で大ヒット。

先日、逗子のステージで歌う方が居て、
あら、素敵!聴いたことある!
「あなたに合ってる・・・」って逗子のピアニストが仰るからyoutubeで索引。



声を聴かせる歌になりがちだけど岸洋子さんは落ち着いてしっとり。
つくづく早逝が惜しまれます。

路傍のガザニア・・・健気です。
DSC_0796_20180501104701081.jpg
この色が良いですね。大人色。