FC2ブログ

草笛日記

Welcome to my blog

娘育て・・・



自分の人生、来し方、あんまり悔いはないが・・・・
もしかして、誤りがあるとしたら、娘育て。
人並みの学歴も付けたし、
時代の御蔭で、一流信託銀行へ総合職として就職に成功。
今も、丸の内の本社ビルで、セクハラも乗り越え無事でいる様子。
女性は転職が多いと聞くが・・・悩む日もあっただろうか?
愚痴一つこぼすことも無く、悩みを見せたこともない。
まだまだ、やっと男女均等法がスタートした頃、
「男性以上に働いてやっと同等に扱われるから」と
一回だけつぶやいていた。

生れたときから・・・文字通り、生れたときから
一度も心配をかけたことが無い。
健康で賢く、心配だらけの息子育ての、てんやわんやの陰で、
いつもスクスクと、いつの間にか育っていた娘。

ただ・・・50歳近くなるまで、いわゆる縁遠く、未婚のまま。

「今の時代、結婚が・・云々」と他人は言うけど、
母親としてはただただ心配し、不憫におもうわけ。

高校、大学と、モテ期が早かったので、
早婚を想うことが多く、密かに嫁入り支度をしていたことも
今となると、いけなかったかな?
そういえば、お雛様を片付けるのが遅かったかな?
いや、仕事仕事で、お雛様飾りをサボっていたっけ?
さりながら、基本的なこと、
三度三度の食事を準備し、教育には心を配り、夫には尽くす・・
当時の主婦として人並み以上に立ち働いてきた自信がある。

ただ・・・私自身が仕事の魅力に取り憑かれて、
家庭を運営する楽しみや母親らしい喜びを語って来なかった。
【主婦である以上に仕事が楽しい】と見せて来てしまった。

「どうして結婚しないの?」と問えば、
「だって両立出来無いもの」と答えたのが30歳になったころ。
自立の上で手に入れた物心の自由は・・・手放せなかったのだろう。

「良いのよ、70点主義で。妻業も母業も仕事も70点!」
「総合210点!」・・・なんて、気楽に言ったりしたっけ。

娘の好きな横浜山下通り・・・
G1029646.jpg

昨日、遅れてお盆の挨拶に来た。
美味しい食事も持参、こちらがご馳走になる。
仏壇に手を合わせて・・・老親の様子を苦笑いして眺め・・・
辛辣な嫌味も、この頃は言わなくなり、
無口なままで帰宅するのを、せめてと思い、車で送る。

スーパー紀伊国屋の駐車場から、遠く手を振りながら
なんとなく、娘が不憫と言うか、、申し訳ないと反省をする夕暮れ。















スポンサーサイト

お盆

    


【チコちゃんに叱られる】は好きな番組だが・・
ちょっと、マンネリ化しているかも。
ふざけすぎ。ゲストへの容赦ない言葉。などなど。
強烈なインパクトがあるからこそ、その匙加減がむずかしい?

【お盆はなんでお盆って言うの?】
【逆さづり・・・】ってこと。
【なんで?】
【盂蘭盆、ウラボン・・逆さ吊り・・が省略されたそうな】
中略
「ふ~~ん」と納得して、オモシロかったけど。

さて、我が家のお盆。
娘は「行けなくてスミマセン」とLineにあるだけ。
息子一家は、塾を休めない息子を家に残して関西旅行へ。
甲子園にも行ったそうだ・・・。

昨日、四人そろってやってきた。
まずは、太り気味の息子が
ウオーキングのためと大町の奥から徒歩で来た。
50分で来れたとか。
お昼時だったので、用意したいなりずしをペロリ。
こりゃあ肥るわ!

丁度よい折箱に入れれば手作りも格が上がる。
DSC_0971.jpg

午後二時ごろ、ブランチを済ませて、お嫁さん、孫娘、孫息子到着。
四時過ぎには、スパゲッティ、ミートソース茄子添えをだして・・・
「美味しい美味しい」と絶賛されて・・・
金足農校の逆転にキャーキャー言うのは私と孫娘だけ。
無口な一家をもてなすのは食べ物だけなんだよね~!

そろそろ、空腹を察して・・・
七時には、近所の蕎麦屋で、食べたいものを夕飯に。
天丼、天ぷらそば二人、かつ丼、天ぷらうどん・・・
夫さんはとろろそば。

179cmの、孫息子、まだ負けたくない172cmの息子、
嫁は162cm、孫娘は167cm。
大きな家族を従える?気分は上々。(^_-)-☆

いつものように
九時ごろには仏壇にそろって手を合わせて帰宅していきました。

返り咲き二度目。
DSC_0970.jpg

嫁の「勉強しない」と言う愚痴もいつの間にか無くなり、
孫息子は我が家に来ても別室で勉強、
孫娘は「どこも就職しない」とだらだらしていたのに
いつの間にか大手企業の内定をもらっているし、
息子の教育姿勢は、それなりに、平凡でも堅実だった様子。

ああ、もう、心配ごとは無くなったかな。
ご先祖様に感謝。感謝。
私の盆仕舞いはお礼のお線香。

これにて、お盆行事終了!



【カプリコン・1】を観て・・



一日外出すると・・あとの二日はグダグダ過ごす。 
緩急をつけて暮らしているつもり。
午後から、BSで見つけた映画を愉しんだ。

【カプリコン・1】
d0151584_3502840.jpg

初の有人火星探査船カプリコン1に打ち上げ直前トラブルが発生、
3人の飛行士は国家的プロジェクトを失敗に終らせないため・・・
全て虚構の火星到着を中継して世界に発信した後、
地球帰還の途上、大気圏突入時に故障して、犠牲になる・・・。
犠牲にするために、スタジオを出れば殺される運命。
後半は、それを悟った三人の脱出劇になる。

火星に興味を持ったからこその視聴。
フェイスブックの友人の夜空の写真に誘導されての興味。

お馴染みのスターたちの往年の姿も。
サムウオーターストーン
fc2blog_20180815161932269.jpg

OJ・シンプソン 
6sGVXMpxwzACP66_k_Yy0U9sIwPva3ttrV67IoX0ToblHZNxtA6AVTCdq5Eo4x_qDcqkFKRY9_xEiRK2QVjwhHCWVf.jpg

1977年アメリカ,イギリス映画。
「宇宙からの中継がもし嘘だったら?」。
陰謀論で取り上げられる題材をそのまま映画にしたもの。

在りそうな話として、かなりきちんと作られ、今観ても
引き込まれました。
かつて、月面到着が虚構だと噂されたことも?

ちなみにカプリコンとは、山羊座のことらしい。



 

ついてる?

 

ついて無いなあ・
・・と思うことはめったに無い。。

それでも、さすがに参った。

昨日の小田急線の大遅延。
蛯名で、人身事故があり、一時間遅れているという!
小田急、藤沢駅構内で駅員に相談。
「各駅停車【相模大野】まで。そこから各駅停車【新宿】行きに」
なにしろ、都心を離れた地に棲んでいるから、駅名に不慣れ。
「次は?次は?」と緊張しつつ目的の【豪徳寺】着。
二時間近くを電車の中。
幸い、早めに家を出たので、なんとかぎりぎり間に合う。

一方、出がけに気づいた大問題の修復のため、
長い車中は、老人会の役員とLineのやり取り。
地区老人会々長の集会に使いたいとお願いしていた町内会館。
ダブル・ブッキングになっている!

未解決の不安の中、コンサートの伴奏者との音合わせ。
レッスン中は気が付かなかった豪雨と雷鳴。
外に置いた靴が、雨でびっしょり。
ステージでも履けるお気に入りの銀色の靴が・・・
あああ、駄目になった?!

それでも、雨上がりの涼しくなった帰路。
ぐっちょりを我慢すれば、靴も何とか履けたし、
電車の遅延は回復して、【登戸】からは【快速急行】で。

今朝になって、不安だった会館使用の件が解決。
役員さんのご努力で、ダブルブッキングの原因も判明、
無事、地区会長会を予定通り開けることに・・・(^O^)/

「ありがたい。感謝感謝。」
私のミスでは無かったのだけど、
それぞれの確認作業が不足だったという事らしい。


ついていない!

と思うことは止めよう、なんとか、全て修復したのだから。

・・というのも、考えてみれば、
一時間、余裕をもって、家を出たこと。
いつもなら見ない掲示板を見たこと。
「虫の知らせ」?「たまたま」?が幸いしている。

私の人生、いつもそうだなあ・・
大失敗と思いつつも、なんとか、修復して・・・
偶然と虫の知らせと、周囲の人たちの御蔭様。
だから、ついているのかも。

それにしても靴は・・・わざわざ選んだ挙句の残念。
DSC_0982.jpg
大丈夫みたい。(^_-)-☆


  
 

慶応義塾高校野球部・・・酷暑の甲子園に散る。



塾歌が出来たのは昭和15年。応援歌はそれ以前、昭和2年。
それをもってしても、世間が応援歌しか知らない説明がつく。
「ケイオー!ケイオー!陸の王者ケイオー!」しか知らなんだ。


慶應義塾塾歌
(富田正文作詞、信時潔作曲/昭15)

1.見よ 風に鳴るわが旗を
  新潮(にいじお)寄するあかつきの
  嵐の中にはためきて
  文化の護りたからかに
  貫き樹てし誇あり
    樹てんかなこの旗を
    強く雄々しく樹てんかな
    ああ わが義塾
    慶應 慶應 慶應


若き血
 (堀内敬三作詞・作曲/昭2)
  若き血に燃ゆる者
  光輝みてる我等
  希望の明星
  仰ぎて此処に
  勝利に進む我が力
  常に新し
  見よ精鋭の集う処
  烈日の意気高らかに
  遮る雲なきを
  慶應 
  陸の王者 慶應



まあまあ・・・選手の皆さん、ハンサム!イケメン!カックイイ!
ユニホームも、髪型も、表情も。
ずらりと横一線に並ぶと、なんと、全員、鼻筋がきりりと通っている!
すぐにもジャニーズに入れそう。(^_-)-☆
2018032800247.jpg

監督さんまで…この方、慶応幼稚舎の先生ですって。
201803290000151-w500_0.jpg

巷の評判ではこの選手が一番とか。ショートの宮尾君。
Dj09XMzUYAAsTFL.jpg

とにかく、この数年の日本人の容姿は画期的に美形化してますよね。
親戚、友人、近所、三代目を観れば証明されてます。
人間、観た眼が7割だとか。
かくあれかしと願ってきた日本人の想いが実ったというわけ。

昭和のジジ達の悪人面を見飽きたので・・・
爽やかな少年たちを観るのは楽しかったです。

全国、リトルりーグの少年たち、慶応目指して、文武両道を!